女性が長く続けられる仕事とは?30代前半を過ぎて専門職に就いていない人は負け組?

一般女子

女性が長く続けられるお仕事とは、どのようなお仕事でしょうか?
恐らくは「専門職」ですと、長く続けられるでしょう。

ですが、このサイトを見てくださっているあなたが、もし、30代後半以上の年齢だったとしたら、そして、今まで特に専門職と言えるような仕事をしたことがなく、一般事務や派遣のお仕事しかしたことがないとしたら、、今さら専門職になろうとしたところで、また、今さらスキルを身につけようとしたところで、そう簡単にはいきません。

ということは、女性が仕事を長く続けていきたいと思ったら、その判断は30代前半までにする必要があり、それまでに行動に移していた人だけが勝ち組ということになるのでしょうか?

正直言いまして・・・そうだと思います。
自分で学ぶことは自由ですが、それを使って仕事をしようと思ったら、まず、企業に受け入れてもらわなければなりませんし、仮に即戦力として受け入れてもらったとしても、若くしてすでに経験豊富な先輩たちと仕事をしていかなければならないのです。

未経験歓迎という求人もあるかもしれませんが、待遇面では期待できません。

ということは、就職、転職の時点で、「一般事務」になってしまうと、そこで負けが決まってしまうということです。
専門性がない上に、給与面から考えても長く続けられる仕事ではない、あなたいつまでいるの・・・のような空気、、それが現実ではないでしょうか?

20代~30代前半のうちに専門性が高い職に就いておかないと・・・

女性には出産や育児などで、一時的に仕事を続けることが難しくなる場合があります。
社会的な問題として、このような期間を経てしまうと、復帰のチャンスが減ってしまうという現実があります。
支援は徐々に広がってきてはいますが、まだまだと言ったところです。

従って、20代のそうなる前、或いは、復帰直後に専門性の高い仕事についておかなければ、スキルを身につけるチャンスすらないということです。
スキルを得ておけば復帰しやすくなりますし、子育て後であっても、30代前半であればまだ間に合うでしょう。

しかし、この記事を書いていて、嫌な気持ちになってしまいました。。
中小企業での現実を書いているわけですが、こんな世の中なんですよね。

何歳であっても挑戦できるはずですし、何歳であろうともやる気があれば仕事があって欲しいですし、ましてや出産や育児は素晴らしいことであり、男性も同じように負担するべきことであり、それでも現実は年齢の壁というものが確かに存在していて、転職や産休明けでは、会社にいる社員とのバランスやさまざまな力学が働いて、どこでも働かせてもらえるわけではない。

経営者側も、一度採用したりお給料を上げてしまえば、業績が悪化しても簡単には調整できないわけですから、慎重にならざるを得ません。

一般事務しか経験がないとすると、ずっと働き続ける仕事に就くことはとても難しい。
これが現実であり、判断と行動が遅れた人は、自分で何とかするしかないのです。

だからと言って、資格に走る女性も多いけれど・・・

長く続けられる仕事に就きたいと思っている人は、資格を取ろうとする傾向があります。
何も無いよりはマシと思うのでしょうね。

ですが、30代後半を過ぎて、実務経験がないのに資格だけあっても、それが何に使えるのでしょうか?
資格を取って、どこかに就職できたとしても・・・、周回遅れ以上に出遅れていることには変わりがありません。

では、そういう人はどうすればいいのか?
年齢に関係なく再スタートでき、長く続けられる仕事に就くためには、何をすればいいのでしょうか?

それが、プチ起業から始める起業なのです。

プチ起業ならいつでも挽回できる!時間も自由に使える!

起業=専門職、と考える人がいますが、それは、大きな間違いです。
一般事務でも、「事務代行」という立派なビジネスを展開できます。

それがある意味、あなたの専門になるのです。

むしろ、雑用をやりたくない一人社長さんなんて山ほどいます。
普通の事務の経験が、細かい仕事をしてきた経験が活かせるのです。

また、趣味を生かすことも自由です。
それ以外にも、妊活だったり、占いだったり、子育てアドバイスだったり、感性を活かせるお仕事もできます。

講師業なら、年齢が上がっても問題なく長く続けらるでしょう。
妊娠をしていても、子供が小さいうちでも、在宅で仕事をすることも可能です。
ビジネスのチャンスはどんどん広がっています。

在宅の仕事は負担が小さく、長く続けられます。
ネットショップなどは、女性一人でも無理なく、長く続けらる仕事の代表格です。

家庭環境や時間に関係なく、あなたのやりたいことを仕事にできる。
そんな人生を選択する女性は、今後ますます増えていくでしょう。
敷居は意外と低いものです。

「私は無理」と簡単にあきらめないで、ちょっと学んでみると面白いですよ!

The following two tabs change content below.
新井ー
「会社で働きながら6ヵ月で起業する」一緒に考える起業支援キャリアカウンセラー。サラリーマン時代、23歳で会社員のまま起業。2007年、起業支援をスタート。全国で1000回を超えるセミナー・講演、10000件以上の起業相談に応じてきた実績がある。
好きな仕事で輝こう! あなたの「わくわくプチ起業」の始め方【セミナー@東京】