【体験談】30代女性のプチ起業とは? リアルを語る!

一般女子

一般の方からの投稿です。

30代女性がプチ起業前に考えておきたいことは?

「いつか起業したいな・・・」
「友達が自宅でネイルサロンを始めて何だかいきいきしている」

そう考えながら「でも自分はいいや」と諦めていませんか?

実は私も、始めは起業とは程遠い人間でした。

きっと憧れているだけで、いざとなると怖くなりそうだし。
年も取ったし、自分には得意なものもないし大変そう。
やっぱりうらやましい。出来るなら自分もやってみたい。

色んな思いがあると思います。

そこで今回、30代女性がプチ起業するときに考えておきたいことをまとめました。
単なるマニュアルではなく、私の実体験も書かせて頂いたのでイメージしやすいと思います。

あなたも一緒に、より楽しい毎日を過ごしてみませんか?

まずは30代ならではの問題や、見落としがちなポイントについて整理していきます。

プチ起業には「正解がない」のが会社員と違うところ。
そんな中で行動や目標を見失ってしまう方が本当に多いものです。

せっかく始めるなら他の人の成功例・失敗談を活かして活躍したいですよね?
3つのキーワードをもとに考えてみましょう。

終わりの見えた行動が出来ている?

まずは色んな行動や今後のライフプランに締め切り(期日)があるかどうかです。

特に30代女性が向き合わなければならない点は以下の3つ。

・パートナー
・結婚・出産
・仕事

まずはパートナーについて。
自分の人生にパートナーは必要なのか。結婚するのかしないのか。
今では結婚といっても別居婚や事実婚など、様々な結婚の形がありますよね。

子どもについても女性の体の構造上、リミットはあります。
最近、私の周りでも妊活を頑張っている友人やおめでたい話を聞くことも多く、30代女性にとっては大切なライフプランのひとつになると言えます。

また仕事についても一度、これまでを振り返って考えてみる必要があります。

これまで続けてきた仕事を続けるのか。
会社員のまま続けるのか、フリーに転身するのか。

早く結婚して子育てが落ち着いた方なら、
この先、自分が社会に出て働くのか
収入を得るという役割は夫に任せるのか。

このようなさまざまな人生計画に自分なりのリミットを考えておく必要があります。

「とりあえず頑張る」を続けていませんか?

プチ起業をするなら、意識を少し変えていく必要もあります。

それは「とりあえず頑張る」という思考から卒業すること。

20代のように自分に与えられた仕事を一生懸命やります!というのは、30代になればそろそろ終わりにしていかなくてはいけません。

賢い30代の考え方は「自分はどうなりたいか」を考えて動くこと。
それに合わせて、目標や日々の行動を考えていくのが大切です。

具体的な例を見てみましょう。

「お金のことばかり考えて生活をしたくない!」
この場合のなりたい姿は「お金のことを考えずに暮らしている自分」ですよね。

また「家族との時間を大切にしたい!」という方は、
プチ起業を始めて家族との会話が減った、一緒に出かける時間がない。
そうなってしまうと、せっかくの起業に向けた頑張りもムダになってしまいます。

この場合は、週3日はプチ起業に充てて残りは家族と過ごすなどメリハリのあるスケジュールを目指しても良いかもしれません。

あなたをサポートしてくれる仲間はいますか?

最後は自分のモチベーション維持に欠かせない「仲間」についてです。

プチ起業を始めた当初に一番感じていたことは、頼れる人が圧倒的に少ないということ。

古い友人は会社員勤めや子育て真っ最中。
会社員時代の友人は会社員を継続中。
自分の起業や悩みを打ち明けられる人がいませんでした。

もちろん起業というのは一人の時間も多いです。
自分で決めなくてはいけないことばかりですし、誰かに答えを求めても仕方のないこと。

しかし人間やっぱり一人では生きていけないものですね。
「誰かにきちんと見ていてもらいたい」
そんな感情が芽生えたこともありました。

そんなときに大切なのが一緒に頑張れる、相談できる仲間。

異業種でも、会えない距離に住んでいても構いません。
いまでは誰とでも気軽につながれる時代です。

自分のモチベーションアップにも仲間の存在は重要です。

【体験談】私のプチ起業を語ります!

この3つの問題と考え方を踏まえて、私のプチ起業体験談を公開します。

現在、私はプチ起業ではなくフリーランスとして複数の仕事をしています。
でも始めは小さくwebライターの仕事をスタートしたのがきっかけでした。

皆さんのプチ起業の参考になれば嬉しいです。

半年で結果が出なければ会社員に戻る!

私が一番意識していたのはこれです。
「半年以内に会社員かフリーランスになるかはっきりさせよう!」

これまでの会社員時代を振り返ってみても、私は猪突猛進タイプ。

目の前に来た課題をひらすらこなす!
困ったら困ったときに考える!
自分ならきっとなんとかなる!

そんな何とかなるさと考える傾向にありました。

しかし、30代に突入。あれ?ちょっとこのままじゃやばいかな。
私は突然、自分の人生と向き合わなければと思うようになりました。

フリーランスになりたい。
なれるかどうかわからないけど。

30代での挑戦は不安もあって、会社にも戻れるように小さく始めました。
収入を得ていくうちに「頑張れば本業にできるかも?」という気持ちになります。

そこで自分にリミットを設け、半年で会社員時代の収入を稼げたらフリーランスと決めました。

結果は見事、半年ちょうどで運良く目標達成。

でももし、期日を決めていなかったらダラダラとお小遣い稼ぎになっていたと思います。

自分の欲望を素直に書き出してみる

実は先ほど例に挙げていたのは私の例でした。

「お金のことばかり考えて生活をしたくない!」
「家族との時間を大切にしたい!」

会社員時代は朝早くから夜遅くまで仕事。
仕事が大好きだった私は、それでも楽しく働いていたしキャリアも順調でした。

しかし、やっぱり30代に近づくと「このままでいいの?」

誰でもこんな疑問が生まれるんですね。

そこで「まずはやるやらない関係なく、どうしたいか書き出してみよう!」
そう考えて書いていたものの一部をご紹介します。

・月収50万以上
・年に4回は海外旅行に行っている
・好きなときに好きな仕事をしたい
・周りにいる人を大切にしたい
・世界の子どもの役に立ちたい

まだまだあり、100こ近くはあったかもしれません。
書き始めると止まらなく、自分の欲望の多さに驚きました。

そう考えたとき、今よりお金を稼いで時間に自由を持つには会社員では難しいと感じました。

そのとき私に「フリーランスになろう」という目標ができたんです。

とにかく社会に顔を出す! 周りは思ったよりも優しかった

しかし「よし、なろう!」でフリーになれたら苦労しませんよね。

思い立ったは良いものの、計画性はゼロ。
でもなんとなく「すでに同じ目標を持って行動している人はいるんじゃないかな?」と感じていました。

そこでフリーランスになるためのセミナーや講座、スキル習得のために情報収集をしました。

結局1ヶ月間集中して、ある講座に参加しフリーランスになることを決意。
しかし、そこで一人の寂しさに気づきます。

「あれ?自由になりたかったはずなのに、寂しい。」

自分でも意外な気づきでした。

ただ寂しいと言っていても誰かが助けてくれるわけではありません。

そこから地元のフリーランスが集まる場に参加してみたり、一緒に学んだ仲間に連絡を取り、仕事の話をするようになりました。

また成長した仲間同士で仕事をするのも楽しいものです。
自分のサービスを知り、大切な友人に紹介してくれたときには本当に感動しました。

まとめ:考えながら行動!まずは一歩踏み出そう!

いかがでしたか?
私の経験を次はあなたのプチ起業の参考にしてもらえたら、私もとっても嬉しいです。

また記事内にはかけませんでしたが、自分が自立したことで夫との関係や夫に対する考え方も大きく変わりましたよ。

大きな変化は「何かしてもらう存在」ではなく、一緒に家族を作っていく「本当の意味でのパートナー」になれたこと。

プチ起業は皆さんの人生にも何か変化を起こしてくれるかもしれません。

The following two tabs change content below.
一般参加者

一般参加者

過去の講座参加者の方を中心に、一般の方からいただいた寄稿を掲載していきます。それぞれの人の人生観、考え方など、いろいろあって、面白いでしょう? あなたはどう思いますか?
好きな仕事で輝こう! あなたの「わくわくプチ起業」の始め方【セミナー@東京】