女性こそがむいているプチ起業は『教室運営』です!

今日はクライアント様の体験談のご紹介です。
 

女性起業セミナー
  

『起業』というと何だか大それたイメージがあります。
 

キャリアウーマン的な女性を思い浮かべがちです

会社をいちから立ち上げるには人脈だったり資本金だったり、何より成功させるためのアイディアなどが必要で、「自分にはそんなこと出来ないなぁ」と簡単に起業に踏み切れる方は少ないと思います。
しかも起業して成功している人のイメージと言えば、いかにもバリバリ仕事ができてやる気のありそうな男性やキャリアウーマン的な女性を思い浮かべがちです。

実際、私もそんなイメージがあり、「自分のペースで仕事ができたら良いのに」と思いつつも、行動にはずっと移せずにいました。
ただ私は、普段家事や育児に勤しんでいて、会社勤めからはしばらく離れている、そんな女性こそ『起業』にむいていると思うのです。

なかなか起業に踏み切れなかった私も、近年話題になっている『プチ起業』『副業から始める』という言葉を聞き、「考えているイメージよりもフランクな気持ちで、自分のできることを活かして、その上で少しずつお金になれば良いんだ」と思い、プチ起業するに至りました。
 

プライベートと家庭と仕事をすべて充実させることができました

私は現在、カラーコディネーターと美容系の資格を活かした教室を開いています。
起業してみて感じたことは、自分のペースで仕事ができるということのメリットとデメリットです。

それまで専業主婦をしていた人がフルタイムの職場で働き出すとなると、生活リズムもガラッと変わり、精神的にも肉体的にも大変かと思います。
しかし私の場合は、プチ起業でそれまでの生活スタイルとそれ程変わることなく、プライベートと家庭と仕事をすべて充実させることができました。

ただ、ひとりでのお仕事なので、自分のモチベーションが下がったり体調を壊してしまうとお仕事できない、というデメリットもありました。
最初は悩んだり苦労することもしばしばありましたが、今では仕事も楽しく、何よりお仕事を通して色んな人と関われるのがとても嬉しく感じます。
 

私がやっているのは自分の好きなことで、言わば趣味の延長です

主人の転勤を機に働いていた会社を退職後、しばらく専業主婦だったのですが、自分の好きなことを仕事にできる、その仕事で仲間ができる、誰かが喜んでくれるといった良いことばかりで、本当に起業は正解だったと思います。
起業にも色んなスタイルがると思いますが、私がやっているのは自分の好きなことで、言わば趣味の延長です。

でも自分の好きなこと、自分が楽しいと思うことが一番続けられることだと思うし、それを仕事にできるというのは本当に幸せなことです。
私が楽しそうに働く姿を見て、主人もこれまで以上に家事や育児に協力的になってくれました。

少ない人数や自分ひとりだけで、好きな場所で、自分の時間で、自分の好きなことを仕事にできる、そんな『プチ起業』は忙しい現代の女性にこそおすすめしたいです。
 

The following two tabs change content below.
新名彬子

新名彬子

サポートスタッフ自立18
自立18でサポートスタッフを担当。「何にも縛られない自由な人生を!」をモットーに、どんなことでも体験したい32歳。自身の体験談や想い、お客様の声をコラムでお届けさせていただいています。