主婦起業! 成功するのはこんな人

一般女子

一般の方からの投稿です。

失敗するのはこんな人

主婦が起業し成功するためには

「何をすればいいかな? 」

「私に合った仕事ってなんだろう?? 」

起業したい女性の多くは、起業前に「何をするか」を考えます。

実際私も、起業前は皆さんと同じ状況でした。
そしてセミナー参加や、起業女性の「行動」を中心に情報を収集したことも。

でも実は起業するしないに関わらず、成功する人としない人では
「意識の違い」があることがわかります。

成功する人にはいくつかの共通点がありました。

これから起業したいと思われている方は、
この記事で自分を振り返ってみてくださいね。

いきなり失敗する人を挙げるのも何だか恐縮なのですが・・・。

私が実際に出会った主婦で起業された方の中でも
残念ながら失敗し、諦めてしまった人がいます。

そんな失敗した人の考え方から学べることは多いのも確か。

読んでみると「私、よくこんなこと考えてるかも! 」と気づくきっかけになりますよ。

厳しい目で自分を一度チェックしてみましょう。

曖昧な目標設定・見えない不安

失敗主婦の基本の口癖はコレ。
「あれ? 昨日の売上ってどれくらいだったっけ? 」
「今月微妙だったけど、まあなんとかなるよねー」
「でも何か不安。どうしよう、どうしよう・・・。」

あなたは、こんな口癖ありませんか?

全てが「なんとなく」で考えが進んでいる。
でも一見ポジティブにも見える。

なんとなくうまくいっているときは、まだ良いですが
うまくいかなくなったときがもう大変。

自分でも何が悪かったのかもわからない。
そもそも悪いのか、何に怯えているのかもわからない。
そして、どうすれば立ち直れるんだろう・・・と不安に包まれます。

このように、自分の事業にも関わらず
「見えない点が多すぎる」人は失敗しやすいです。

自分が今、どんな状態なのか。
成功するには何が必要か。
考える時間が足りなかったり、そもそも考えようとしていなかったり。

また不安が曖昧で、何となく悩んでいる気がして行動できない。
起業して楽しく成功するはずだったのに、いつも表情が冴えない人もいました。

失敗は誰かのせい

続く基本の口癖はコレ。
「どうしてこうなっちゃうの? 」
「私は頑張りたいのに旦那が協力してくれないから・・・」
「育児は私がやらないと誰もやってくれない」

仕事で失敗してしまったとき、誰かのせいにしていませんか?

自分が忙しく余裕がないとき、自分だけが頑張っている。
そう感じていませんか?

これは私が起業当初、とても感じていたポイントです。

自分が好きで始めたはずなのに、協力してくれない! と勝手に苛立つ。
きっと応援してくれる人なんていないんだと勘違いする。
私も当時はきちんと考えずに、起業自体もやめてしまおうかな。
そんな風に悩んだ時期もありました。

でもよく考えてみると本当に恥ずかしいです。

自分の失敗と向き合うのを恐れて誰かのせいにしたかった。
自分がきちんと状況を説明していないだけだった。
自分のことばかり考えて、周りが見えていなかった。

誰かのせいにしてしまっているときは、辛いときなのかもしれません。

今となっては笑えますが、その状態で続けていたら・・・
そう考えると、早く自分に気づくことができて良かったと思います。

誰かの正解が私の正解

「あの人いいな。あのお店もいいな。」
「よくわかんないし、セミナーいこっと」
「頑張っていれば誰かが助けてくれるでしょ」

起業してすぐに陥りやすい思考がコレです。

まだ自分の事業が軌道に乗らず、人が羨ましく見える。
同じことをすれば自分もすぐ成功できるんじゃないか。
そんな思いで自分で考えることを諦めてしまうケースです。

高額なセミナーに参加し、行っただけで満足してしまったり
自己啓発本を読み漁り、わかった気になるけど現状は変わらない。

それで少し危機感が出るならマシですが・・・
「きっと大丈夫」と、ここで謎のポジティブシンキング。

もちろん起業して、周りの助けに感謝することはあります。
今考えると本当に奇跡的な出会いも。

ただ、それは誰もが体験できることではないかもしれませんよね。

成功するのはこんな人

少し耳が痛かった失敗主婦の事例でした。
次は成功主婦に学びましょう。

失敗例に当てはまってしまった人は、少しずつ改善を。
そして成功主婦の考え方を見て、自分に取り入れていきましょう。

また、「これは自分でできてるかも! 」という良い発見もあるはず。
最後まで読んで頂き、起業の成功につなげてくださいね。

明確な目標設定・不安に向き合う

成功主婦の基本の口癖はコレ。
「今月は売上○万。目標まで△万足りなかったな。」
「今月足りなかった分は、次こうしてみよう。」
「自分は今、ここがわかっていないな。調べてみよう。」

先程の失敗主婦と比べても、違いは歴然。
これだけ見ても、次の成功につながる気がしませんか?

成功主婦の考え方はこうです。

最初に目標があり、結果はどうだったか。
ちょっと足りない、少しうまくいった。
そんな曖昧な判断でなく、数値でどれだけ違いがあるのか。

成功する主婦は数値管理もしっかりできています。

また、失敗主婦と同じように何となく出てきた不安も
「自分は今、何に不安を感じているんだろう? 」と
不安とも逃げずに向き合い、解決方法を考えていますよね。

失敗は何のせい?

成功主婦の真似したい口癖が続きます。

「うまくいかなかったのは何がいけなかったかな? 」
「旦那に協力してもらうには自分に何ができるんだろう? 」
「育児も本当に大変。正直に伝えてみよう」

成功主婦は、自分でできることは自分で改善。
育児ができない、仕事がうまくいかないのを子どものせいにしない。
勝手に「誰も助けてくれない」と悲劇のヒロインにならない。

全ては「自分が成功するためにどうするか? 」という基準で
自分の失敗や他の人との関係性を見ています。

そうすることで、失敗を誰かのせいにせず改善できる。
人が悪いのではなく何が悪かったのかと考えられる。

それが成功主婦の「気持ちよく成功するカギ」になっています。

私もこれが出来るようになってから、仕事がぐんと捗りました。
自分が楽しく仕事をするために、誰かを頼ったっていい。
その分、自分の喜びや感謝を周りにも伝えよう。

そんな良い循環ができたことで、周りを巻き込んで
楽しく事業を進めることが出来るようになってきました。

私の正解は自分で決める

「あの店の良さは、うちの店にこう活かせるな」
「今足りないWebの知識をセミナーで補おう」
「自分はどんな人と協力して起業していこうかな」

失敗女子の「何でも自分よりよく見える」という思考とは反対に、
自分の成功に何をどうつなげるかを考えていますよね。

今、成功している人やお店から自分を考えるのではなく、
自分の正解がまず基準にあり、そこから行動を考えます。

また「いつか」「きっと」「誰かが」という考えで
成功するときを待ったりはしません。

成功のためには、行動も人間関係も自分で決める。
自分の成功をしっかり見据え、今何が必要かを考えられます。

まとめ

いかがでしたか?

「私、失敗主婦かもしれない」
「いつも成功している人みたいに考えられないよ! 」

そんな気持ちになった方もいるかもしれません。

成功した人の中には、初めから自分の目標に忠実に頑張って来た方もいるでしょう。
でも、多くの成功者は何度も失敗しています。

今は「こんな風に考えるのは難しい」と思うことも
ひとつずつ向き合い、誰もが考え方を変えていくことができます。

起業したいと思い、自分を見つめながら
成長していく女性が増えますように。

私もこのコラムを通して、皆さんを応援しています。

The following two tabs change content below.
一般参加者

一般参加者

過去の講座参加者の方を中心に、一般の方からいただいた寄稿を掲載していきます。それぞれの人の人生観、考え方など、いろいろあって、面白いでしょう? あなたはどう思いますか?
好きな仕事で輝こう! あなたの「わくわくプチ起業」の始め方【セミナー@東京】