40代女性の起業・経済的自立はどうなる?

40代女性の皆さまの生活設計はシビアです。

自立18セミナー
 

将来を考えるのなら、小さく始める経済的自立の準備は必須。
今すぐ準備に取り掛かりましょう。
 

女性の経済的自立の現状

カーネーションの花束を受け取った女の子
 

世の中が好景気であろうとなかろうと、女性、特に派遣社員の雇用不安や、賃金格差は広がる一方です。

会社でモヤモヤ。。
プライベートも何だか面白いことがなくてモヤモヤ。。

40代女性が家庭や仕事において自立し、自分らしく生きられる毎日を手に入れるために、今、求められることとは、一体どのようなものなのでしょうか?

あなたが40代(アラフォー)女性であれば、「経済的自立」は人生の重要なテーマでもあります。

「楽しい仕事をしたい!」
「イキイキとした毎日を過ごしたい!」
「恋愛も結婚も出産もしたい!」

こんなささやかな願いを叶えるためには、女性自身が本当の目標に気づき、それに向かって歩いていかなければなりません。
 

どうやって生きていくのかを自分で考える時代

女性の高学歴化が進み、同時に少子高齢化が進んでいます。

「長生き=リスク」と考える人が増え、「独身=リスク」と考える多くの女性が、震災後直後に結婚相談所に駆け込んだことは記憶に新しい話です。
良い、悪いではなく、安定を求めるが故に、「自立」を避ける40代女性が増えているのも事実です。

ですがその一方で、「自分で生きていける収入があったら」と考える人も増えています。

私の母もそうでした。
経済的に自立していないために、夫に人生を委ねて我慢している。

そんな人生は嫌だと考えている人が、少なからずいることもまた事実です。
 

なぜ日本では40代女性の経済的自立が難しいのでしょうか?
理由は様々です。

社会通念、環境が変わらないことはもちろん、その人自身がそれを望んでいないことも多い。
よって、それを望む人がその環境を手にすることができない、それが実体です。

独身であろうが既婚であろうが、日本女子の平均寿命は世界一で、ほぼ90歳まで生きるのです。
90歳まで何やるのか、どうやって生きていくのかを一人ひとりが考える必要もでてきています。
 

40代女性の経済的自立

自立18セミナー
 

独立・起業を通じた経済的自立を考える場合、まず2つの選択肢からひとつを選ぶ必要があります。
まずは「生活基盤」として独立を考えるという選択肢、もうひとつは「生活費の足し」のために独立(または副業)を考えるという選択肢です。

率直に書けば、パートナーの存在や、生活基盤の有無も大きな判断材料になります。

これまでのキャリアを活かした独立も十分に考えられます。
早急に生活基盤を確立したいのなら、「好きなこと」「やりたいこと」を考える前に、確実に成功に近い選択肢を選び、得意なことで起業するのも一つの方法です。

一方で40代女性として生活基盤があり、時間をかけることができる人であれば、「人に雇われず、自分の本当に好きなことを仕事にして生活する」ことを目標とし、環境が良いうちに、早めに取り組みをスタートするべきでしょう。

40代女性の独立・起業と言っても、いきなり会社を立ち上げるとか、辞めるとか、そんな必要はありません。
まずは40代らしい自分の人生を見つめ直し、やりたいことを探っていきます。

一緒に考えてみませんか?
 

The following two tabs change content below.
新井一@自立18主宰

新井一@自立18主宰

「180日で起業できる」メソッドを伝授する起業支援の専門家。サラリーマン時代、23歳で会社員のまま起業。2007年、起業支援をスタート。全国で1000回を超えるセミナー・講演、10000件以上の起業相談に応じてきた実績がある。