実家暮らしは女性の自立を妨げるのでしょうか?

自立していない、実家暮らしの女性のイメージと言うと、例えば、会社勤めをしていて、何も言わなくても毎日、母親がちゃんと朝食と夕食の用意してくれて(お弁当まで持たせてくれたりして)、掃除や洗濯もしてくれていて、自分ではほとんど家事をしない上に、家にお金も入れていない(もしくはかなりの少額しか入れていない)という感じでしょうか。

もしくは、無職で家事手伝い(いわゆる花嫁修業中)、というイメージもあります。
 


 

もちろん、実家暮らしだからといって、必ずしも自立していないという訳ではないはずで、さまざまな理由があっての実家暮らしという場合もあると思います。

先ほどの、会社勤めをしているケースでも、家事を外注した場合にかかるくらいの対価と家賃相当分をきちんと親に払っているのであれば、それは問題ないと思います。
十分、自立していると言えるのではないでしょうか。

他にも、家族の介護がある、病気の兄弟がいる、離婚で一時的に親元に帰っている、夢や目標があって、そのために今は実家にお世話になっているなど、やむを得ない事情や明確な目的があって、実家暮らしを選択している場合もあると思います。

その場合は自立していると言えないのか、そんなことはないでしょう。
実家暮らしが女性の自立を妨げるかどうか、というのは、それが自分の主体的な選択かどうかということが大きいのではないでしょうか。

また、自立というと、お金のことと家事のことばかりに話がいきがちですが、実は、親や兄弟と折り合いが悪かったり、親にいろいろと干渉されるのが嫌で親元から離れたい、というような精神的な自立を求めて、実家を出ることも多いのではないかと思います。

そして、実家にいた時は、親とケンカばっかりだったけれど、離れて暮らしてみて親のありがたみが分かって、かえって仲が良くなった、話をするようになったというのは、よく聞く話でもあります。

なので、家族仲がよい場合は、実家を出るタイミングがなかなかないのかも知れません。

小さいときから自分のことをよく知っている家族には、どうしても甘えが出てしまいがちなので、精神的自立という意味では、実家を出ることは手っ取り早い解決法かも知れません。
 

女性の一人暮らしに対する世間の目

それから、女性の一人暮らしに対する世間の目というのもあります。
最近では、もうあまりない話なのかも知れませんが、一昔前だと、就職の時に女性の一人暮らしは不利だと言うような話も聞いたものです。

女性の一人暮らしは危険や誘惑が多いからなのか、女性差別なのか、はたまた住宅手当を出したくないからなのか、真実のほどは分かりませんが。

このように、自立と一言でいっても、経済的な自立と生活面での自立、そして精神面での自立があって、実家暮らしだから自立していない、一人暮らしだから自立しているなど、一概には言えないと思います。

ただ、一度も実家から出たことがないという人は、一度は実家を出る経験をしてみても良いと思うのです。
 

一人で暮らしで得られる経験とは?

なぜなら、一人暮らしをしたことがある人は、必然的に経験することになると思いますが、例えば、住むところを探すために不動産屋さんに行く、引越の手配をする時に相見積りをとって価格交渉をする、役所で手続きをする、電話やガスの開栓手続きをするなど、一人暮らしを始める時に生じるさまざまな手続きがあります。

日々の生活では、金銭的なやりくりから、家事全般。
今日は何を食べるのか、自炊するのか外食するのか、洗濯物を干して出かけたら天気を気にしないといけないけれど、お風呂は好きなタイミングで入れます。

自由だけれど、全て自分で決めなければなりません。
隣の騒音、電球交換、暮らしのトラブルなどもひとつずつ自分で解決していかなければなりません。

病気になった時や仕事で落ち込んだ時など、自分自身が弱っている時、とても心細い時もあります。
そんな誰かに頼りたい時に、実家にいるととても楽です。

けれど、そんな状況になった時に一人暮らしだと、彼氏や友人もしくは離れて暮らす家族に助けを求めるのか、一人で乗り越えるのか、それも自分で考えて選ばないといけないのです。
 

まとめ

このように、一人暮らしをしていると、否応なしに日々いろいろなことの段取りをして、決断していかなければならないのです。
そのために、マネジメント能力が身に付くと思います。

他にも、お金の使い方について考える機会にもなるし、一人の時間を過ごしてみることで、人間関係について見直すきっかけにもなります。
このように、一人暮らしには、プラスになることがたくさんあると思います。

もちろん、これらのことは実家暮らしであっても経験することは可能ですし、一人暮らしをしたからといって、必ずしも身に付いているかというと、そうではないのかも知れません。

繰り返しになりますが、結局のところ、実家暮らしであれ、一人暮らしであれ、結婚して新しい家族と暮らすのであれ、自分で主体的に選択して、決めた道であるのなら、決して自立の妨げにはならないと思います。
 

The following two tabs change content below.
新井一@自立18主宰

新井一@自立18主宰

「180日で起業できる」メソッドを伝授する起業支援の専門家。サラリーマン時代、23歳で会社員のまま起業。2007年、起業支援をスタート。全国で1000回を超えるセミナー・講演、10000件以上の起業相談に応じてきた実績がある。