仕事に生きる女性と聞いてどんな女性をイメージしますか?

男性に依存しない、「仕事に生きる女性」と聞いてどんな女性をイメージしますか?
 


 

きっかけは自分の内職~仕事に生きる女性

仕事に生きる女性と聞いて、よくドラマにでてきそうな独身で彼氏がいないような、キャリアウーマンを思い描きますか?
家庭を持たず、私生活を仕事と職場に捧げている女性を思い浮かべますか?

私は、今までの自分ならそうイメージしたに違いありません。

もっと言えば、会社と家の往復で家に寝に帰る女性、旦那様も子供も仕事の次という女性を「仕事に生きているな」と思っていました。
しかし、最近は「プチ起業」という言葉を聞いてからその概念はがらりと変わりました。

きっかけは自分の内職。
本業をメインに仕事をしているわけですが、休みの日や仕事が終わって自由な時間があるときにふと始めた仕事がきっかけで、今はそれが生きがいとなっています。
 

仕事と向き合う~仕事に生きる女性

私は、メインの仕事とつねに向き合ってきました。
大げさな表現ですと、「苦楽を共にしてきた」とでもいえるでしょうか? 失敗も成功も常に向き合って仕事をしてきました。

失敗の原因を模索し、成功の要因を探し、更なる向上はできないかと考えて生きてきました。

しかし、社会とは常に向き合いながらも、私生活の自分と向き合ったことはありませんでした。
私生活の自分は、何かに縛られる訳もなく、自由に過ごしていました。

なぜ、仕事と向き合うのに、私生活の自分と向き合わないのか、向き合えないのか。
自分なりに考えた結果、「必要とされている」事がなかったからだと思いました。

仕事をこなす、という事は、誰かに必要とされているから、その相手、誰かのために自分の仕事が使われるからきっとこなせてきたんだと思います。
しかし、私生活の自分は、誰からも何も求められることがありません。

役割がないのです。

自分が自分に求めることは何か。
そんな事に気づくまで私は時間がかかったのではないかと思います。

 

仕事に生きる女性の自分らしさとは

よく「自分らしさ」と耳にする場面が多くあります。
仕事をする上でも自分らしさもっていますか? 正直、私は最近まで胸を張って言えませんでした。

仕事に生きるという自分の中の定義が間違っていたんじゃないかと。
会社に通勤して仕事を終えて帰る。

これが理想の「仕事に生きる」なのでしょうか?
プチ起業という言葉を知ってから、起業している人のコラムを読んで、「自分のために仕事」しているんだと思いました。

自分と向き合って仕事をすることで、自分らしさと自分に必要性をひしひしと感じるこができるのだと。
今までの自分は何だったんだろうと、自分のスキルを自分で隠して気づかずに生きてきてしまったと、後悔と危機感しかありませんでした。
 

プチ起業と仕事に生きる女性

時間も場所も人も特定しないプチ起業。

プチ起業こそ、仕事に生きる「女性」の特有の職業なのではないかと思います。
自分の得意としたスキルを活かして、好きな時間に好きなだけ仕事ができる。

それが、仕事に生きる女性の象徴ではないかと思います。

頑張った分だけ、自分に目に見える形で返ってくる、それがプチ起業の楽しさです。

例えば、家事をしながら、介護をしながら、子育てしながら・・様々なライフスタイルに合わせて仕事を行い、収入を得る喜びはとてもおおきく、生きがいになるのではないでしょうか?
 

まとめ~仕事に生きる女性

植えた種が育って、必ずいつか綺麗に咲く花のように、あなたも自分を自分で育てながら生きてみませんか? きっとあなただけのために花は咲きます。
形はそれぞれでも、仕事に生きる、生きがいをもてる事は間違いないと思います。

「毎日が同じ」「昔のわたしは・・」なんて思ったら隠れたあなたが存在します。

ずっと自分という殻に閉じこもっていた自分を外にだしてみませんか?
新たな自分を見つけにいきませんか?

不思議なもので、そこでの出会いからまた何かが生まれてきます。
もう、スタートラインに立っています。

そこから一歩、踏み出すのは、あなたの小さな勇気と強気持ちだけです。
自分が思い描く自分になれるのは、あなたの行動です。

さあ、始めましょう。
 

The following two tabs change content below.
新名彬子

新名彬子

サポートスタッフ自立18
自立18でサポートスタッフを担当。「何にも縛られない自由な人生を!」をモットーに、どんなことでも体験したい32歳。自身の体験談や想い、お客様の声をコラムでお届けさせていただいています。