ブライダル業界に転職して天職に出会う! やりがいのある仕事で社会的に自立する

一般女子

一般の方からの投稿です。

仕事を通してさらに成長したくなる!

ウェディングの仕事でホスピタリティー溢れる仕事がしたい!

経済的に自立すると社会的にもっとお金では買えないようななにか、やりがいのような仕事がしたくなりました。

そこでブライダル業界への転職を考えはじめました。

きっかけはフラワーコーディネーターなどの婚礼会場での仕事経験からでしたが、いろんな人に喜んでもらえる仕事はとてもやりがいがありました。

ウェディングの仕事はいろんな職種がありますが、これまで経験してきた職種から近いものから入っていくと失敗がないように思います。

たとえば飲食店の仕事経験があるならレストランウェディングの仕事があったり、営業職での経験があるならウェディングプランナーになれます。

見た感じは入りにくい世界のように感じてしまうブライダル業界ですが、実際にはいろんな業界からの転職者がたくさんいます。

フラワーアレンジメントなどの趣味からはじまって婚礼会場の装飾の仕事をめざして転職してくる人もとても多いです。

私の場合もフラワーコーディネーターの仕事からの転職でしたが、ウェディングの現場の仕事を経験すると他の職種とは違う感動する場面の多さにいつも刺激を受けてしまいます。

経済的に自立したらホスピタリティーを感じられる仕事に興味がでてきて、自然にブライダル業界への転職をしてしまうことは意外と多くあるようです。

アパレル販売職がどうしても長かったので婚礼衣裳を扱う仕事をめざしました。

ウェディングドレスや和装などの、婚礼衣裳を扱うのも前職からの自然な流れのような気がします。

普通のアパレル商材とはもちろん扱いが違ってきますが、たった1日のための特別な衣装を扱う仕事はちょっと他ではできないような感動シーンもあります。

意外とウェディングドレスなどの婚礼衣裳を扱う仕事の求人募集は未経験でもたくさんありますが、アパレル関係からだと特に歓迎されます。

私達は長く続けてきた仕事からの転職を考える時、おなじ職種でなければ迷ってしまうことが多いです。

収入アップを目指すのか、キャリアアップを目指すのか、すごく迷うところですがこれまでのキャリアを棚卸ししてみると今、現在の自分が望んでいる方向性が見えてきたりします。

たったひとつの職種に縛られずに自由な発想でもっと転職の枠組をひろげてみてはいかがですか。

やりたいことが見つかったり、なりたい自分を目指したり、いろんな方向性が見えてきます。

それはもしかしたら「天職」になるかもしれませんね!

運命の天職に出会う瞬間(とき)!

運命の天職を見つけるきっかけは、いろんなところにチャンスがあったりします。

たまたまアパレル販売職をしているときに、毎月有給と休日が10日以上あったのでその半分を副業にあてたいと思ったのがはじまりでした。

最初は軽い気持ちではじめましたが、どんどんブライダル業界にのめりこんでいきました。

ウェディングの仕事に特化した単発アルバイトのサイトで週に1日からO.Kのウェディング衣裳を扱う仕事の募集を見つけました。

完全な裏方ですが未経験には理想的な職場でした。

ブライダル業界の中では大手の婚礼衣裳関係の会社でしたが無理のないシフトではじめることができました。

しばらくは単発のアルバイトからはじまってかなり慣れてから前職を離れ、ブライダル業界に転職することができました。

転職を考えているけどすぐに今の会社を辞められないとか、転職を失敗したらどうしようとか転職にはいろんな問題がついてまわります。

簡単に収入源である今の職場を手放さなくても理想的な転職方法はあるようです。

新しく転職して入ってみたけどなんか違うとか、そういう悩みがなくなれば転職することも怖くありませんね!

華やか! ウェディング衣裳を扱う仕事

実は、ブライダル業界に入ってはじめてウェディングドレスを持ってみたのですが、ウェディングドレスってこんなに重いの!? というのが感想でした。

ウェディングドレスの種類は大きくわけて白いウェディングドレスといろんな色のカラードレスがあります。

白いウェディングドレスは総称して「ウェディング」と呼ばれていますが最近ではカラードレスを選ばないでウェディングだけでお式をあげる方も多いのがニーズです。

カラフルでロマンチックなカラードレスはそれでも人気が高くレンタルでも50万ぐらいするものもあります。

ウェディングドレスが重いのでけっこうハードな重労働だったりしますが特別な衣装に囲まれた職場はとても楽しい仕事です。

和装なら白無垢や打ち掛けや留め袖を多く扱いますがこのような婚礼衣裳もふだんなかなか扱えないものなので仕事を通しての貴重な体験になります。

こんな仕事もあるんだ~と思うのは、じっさいにその職場に入ってみないとわからないことばかりです。

副業の収入を得ながら新たなキャリアを積む方法は一銭もかけないで異業界への転職に成功するチャンスですが誰でもできることです。

自立とは失敗するリスクを避けて行動するアイデアも大切だと思います。

夢物語のような天職に出会える転職もないわけではありません。

最小の努力でしかも最短で、夢をかなえたり天職をみつけたりする方法で、もっとラクにキャリアを積んでみませんか?

ブライダル業界の裏側

ブライダル業界にもブライダルの仕事につくためのスクールがあります。

わざわざ多額のお金を払ってブライダルの仕事につく人も少なくありません。

婚礼会場と提携しているスクールがほとんどですが、そのスクールを卒業したら絶対にブライダルの仕事に就職できるかというとそういうわけではありません。

学ぶことは悪いことではありませんが資格を取って転職で成功するということと、お金と時間を使って投資するというリスクはブライダル業界でもあります。

多くの資格とおなじですがブライダル業界のスクールで学んだことも実践で使えるかどうかはわからないのです。

間口が小さく感じる狭き門のようなブライダル業界ですが未経験でも異業界からの転職でもお金も時間もかける必要はありません。

時間を使うならどこに使うかで雲泥の差ほど変わってきますが少しの勇気と行動だけが必要なだけです。

これから自分はどうしたいのか、どうありたいのかをノートに書き出していくのもいいかもしれませんね。

アロマセラピストになりたくてスクールに通いたいというのもよく聞きます。

スクールに通えば、資格を取れば何かしらの安心感があるのかもしれません。

多額のお金をかけることでいつかはなりたい自分になれる近道のように感じるのかもしれませんがそうなれない人も現実には多くいます。

ブライダル業界もアロマセラピストも高収入の仕事というよりはホスピタリティーを感じることのできる人から感謝されることで満足感の高い仕事です。

ホスピタリティー精神が高い仕事をもし選ぶならまずは自立していることが重要に感じられます。

人に聞かれてどうやってこの仕事についたかを説明するとき、資格や内容についての勉強をしたことは答えられてもスクールなどの費用を親に出してもらったり資格取得のために生活ができないほどスッカラカンになってしまったことなどは話すことができるのでしょうか?

転職や就職を失敗してしまうこともその類いに入ると思います。

シビアなことかもしれませんが、なりたい自分になりたかったり、社会的に自立するためには無理のない範囲でうまく行動に移すことではないかと感じます。

The following two tabs change content below.
一般参加者

一般参加者

過去の講座参加者の方を中心に、一般の方からいただいた寄稿を掲載していきます。それぞれの人の人生観、考え方など、いろいろあって、面白いでしょう? あなたはどう思いますか?
好きな仕事で輝こう! あなたの「わくわくプチ起業」の始め方【セミナー@東京】