趣味がプチ起業につながりました~パン教室

今日はクライアント様のコラムのご紹介です。
 

プチ起業
 

女性は結婚後の仕事について悩む人が多いと思います。
そのまま結婚前の仕事を続ける人もいると思いますが、引越しや妊娠などで以前の仕事が続けらないという人も多いです。
私もその一人で結婚後、主人の勤務先近くに引っ越したことにより自分の以前の職場までは遠くなり退職しました。
 

習うより教えたくなりました

その後、引越先ですぐに仕事が決まるというわけでもなく、友達も知り合いもいない場所で、で主人と二人の生活が始まりました。
そんな時に自分を支えてくれたのが、パン教室やフラワーアレンジメントの習い事でした。

習い事自体も楽しく、「趣味で来ている人」もいれば「手に職にしたい」「本来の仕事と掛け持ちでプチ起業したい」という目的を持ってきている人もいました。
女性にとって手に職と言うのはとても大切なことだと思います。

私も最初のうちは趣味として初めて、ただ楽しければいいと思いながら習い事に通っていました。
しかし、そのうちただの習い事だったはずのパン教室が、初級から中級・上級へとあがっていくにつれ、趣味としてではなく人に教える事が出来ればもっと楽しいだろうなと思う様になりました。

私にはまだ子供はおりませんが、習い事で親子で来ている人を見ると親子で習い事も面白いだろうなと思ったりもしました。
そして、そのような空間を自分で作る事が出来たらもっと楽しいだろうなと思う様になりました。

パンと一緒に習っていたフラワーアレンジメントも、テーブルコーディネートとして教えることが出来れば、もっと充実した習い事になると考えるようになりました。
 

失敗するこわさより行動しました!

プチ起業と言ってもそれなりの資金も必要ですし、経営の勉強もしなければならないと思います。
それに教えるからには日々進化していく技術も追って身に付けていかねばなりません。

ただ、パンが好きだけでは通用しないと思いました。
その後、大手のパン教室から個人で教えているパン教室で勉強する機会を得て、更に勉強を積んでいます。

そして、そういう習い事の現場に行くと思いますがやはり同じような志を持った仲間も多くいます。
周りと知識を共有しつつ、パン教室開業という起業を目的とした同士として切磋琢磨していけることが今の自分にとってとても有意義な時間となっていると思います。

あとは資金面ですが、他に仕事もしているのでそれで資金は貯めて目標金額に達するまで努力していきたいと思っています。

プチ起業に限りませんが、失敗することも可能性として多いにあると思います。
そこもきちんと頭の中に置きながら行動にうつしていきたいと思っています。

失敗してはと思って何も行動しないでいては何も変わらないと思います。
今はまだ勉強中と資金調達の為に頑張る期間ではありますが、長期的な目標をしっかり立て努力したいと考えています。
 

The following two tabs change content below.
新名彬子

新名彬子

サポートスタッフ自立18
自立18でサポートスタッフを担当。「何にも縛られない自由な人生を!」をモットーに、どんなことでも体験したい32歳。自身の体験談や想い、お客様の声をコラムでお届けさせていただいています。