やりたいことがわからない、いつか起業をしてみたいなら

体験談

今日は、いただきました体験談をご紹介します。

先日、新井さんの女性のための自立、プチ起業を始めるセミナーを受けました。
こういうセミナーを受けるのは初めてのことでとても緊張しました。

私は30代の派遣社員です。
ちょっとボーっとしていて、特に得意なこともありません。
仕事を淡々とやって、たまにお友達と飲みに行ったりするくらいの、普通の暮らしをしています。

でも、最近、このままでいいのかな?
って思うようになって、そうしたらだんたん不安が大きくなって、その時に新井さんのセミナーを知りました。

私は決して優秀じゃない。
できることなら楽をしたい。

でも、心の奥で、もっとキラキラ輝きたいとか、もっと人に必要とされる仕事ができたらって思ったり、お金だってもうちょっとほしいし、贅沢を言えるのならば、誰かの特別な人にもなりたい。

でも、どうしたらよいのか、何をしたら何が変えられるのか、そんなこともわからずモヤモヤとしていたんです。
甘い環境を求めているのか、自分が何をしたいのか、それすらもわかっていませんでした。

新井さんのセミナーに出て、その後、個別面談もしてもらいました。
率直に言って、今、「何かが変わるかもしれない」と思うことができています。

やっぱり、プロの力はすごい。
この感想文を送らせていただいたのも、そんな気持ちが抑えられないからです。

私は新井さんに会って、自分が憧れる自分の未来の姿を見つけることができました。
新井さんは「どこに行きたいのかわかったのだから、もう行けるね」とさらっとおっしゃいます。

確かに、そんな気がするんです。
今まではどこに行きたいのかもわからなかったから。

これまで自分が必要としているものすらわからず、繰り返した後悔は数知れず。
お金をもらえればいいやと、ただただ働いて、一時はアルバイトもしてみたし、でも、何にも変わりませんでした。

アルバイト先でも皆同じようなもので、特に何かを考えている人はいなくて、それで安心していた自分がいました。

私は、今の瞬間に満足するものを求めているのではなくて、ずっと残るもの、自分を残せることがしたいし、もちろん、それを人に知ってもらいたいという欲があります。
今回、そこに気付けたことはとても大きな収穫でした。

そう考えると、新井さんのセミナーにたどり着くまでの道のりは、とても長かったです。
スキルアップ、衝動買い、気ままな旅行、その全てが私を満たすことができなかったのは、それは私が心から望んでいたものではなかったからだと思います。

私は、与えられるものではダメなんだ。
自分で夢中になれる仕事を、プチ起業のように小さなことから始めてみて、社会人として認められたいんだ。

ほかの人から見たら「何それ?」という話かもしれないけれど、私のモヤモヤの正体はそこにあった。
新井さんのセミナーでそれがわかりました。

セミナー後、私の直感が「今やろう、やりたい」と言った気がしました。
ですので、新井さんにプチ起業の始め方を習うことにしました。

新井さんの動画やブログを見てずっと何か縁があるような気がしていたし、実際にお会いしてみて間違いないと思えました。

ただ、新井さんはきっと、私が新井さんに「自分を変えてくれるかもしれない」なんて淡い期待を抱いていることに気付いていると思います。
そして、新井さんはきっと「それは自分でやるんだよ」と言うかもしれませんね。

今の私は、そう言ってもらえることがとてもありがたいです。
「自立」という言葉は自分で立つという字の通り、自分で動くことなんだと思います。

私の今日の行動はちっぽけな一歩かもしれないけれど、それが一時の小さなもののまま終わるかどうかは、私次第なのだと思います。

自分にはきっとできる。
そう信じれるようになれたのは、新井さんのおかげです。

本当に感謝しています。

「自分を変えるなんて大きく考えなくていい、やりたいことをやろう」と言われたこと、しっかりと胸に刻んで、今日からやってみます!

The following two tabs change content below.
新井ー
「会社で働きながら6ヵ月で起業する」一緒に考える起業支援キャリアカウンセラー。サラリーマン時代、23歳で会社員のまま起業。2007年、起業支援をスタート。全国で1000回を超えるセミナー・講演、10000件以上の起業相談に応じてきた実績がある。
好きな仕事で輝こう! あなたの「わくわくプチ起業」の始め方【セミナー@東京】