起業と独立の違い~事業の立ち上げと仕事の請負

今日はセミナーにご参加いただいた女性の声をご紹介します。
 

自立18
 

起業とは新たに事業を手がけること”だと思いますが、いわゆる独立とは違うと考えています。
独立というのは、誰かから仕事をもらっていてもあり得る形態で、事業を手掛けるという意味とはイコールではないと考えています。
 

チャレンジする前向きな気持ちが大事だと気づきました

そういう意味では、プチ起業という言葉の意味は、小さくても自分の事業を手掛けるという意味で、例えば、自宅でライターの仕事をもらって作業をするということは、プチ起業とは言えないのではないかと思うのです。

女性が新たに事業を立ち上げようと考える場合に、その動機としては『自己実現を図るため』ですとか、あるいは『自分の裁量で働きたい』『年齢に関係に関係なく働きたい』などの様々な動機があると思います。

起業を考える女性には、正社員や派遣社員、あるいは主婦など様々な立場の女性がおられると思います。
女性の場合は結婚や出産などで一度仕事を辞めてしまうと、年齢制限などの問題から再就職が難しいという場合が多いです。
そのため、やむを得ず自ら新たな事業を立ち上げようとする女性も多いです。
 

チャレンジする前向きな気持ちが大事だと気づきました

十分な能力を持っているにも関わらず、既存の会社では満足に能力を発揮できないというのならば、自ら事業を立ち上げるのが一番です。
しかし、消去法で起業をする場合には、少し準備をする必要はあると思います。

今後、女性に限らず、中高年になってから会社にいられなくなる人が大量生産される時代になると思います。
その時には、消去法で起業をせざるを得なくなる人がたくさんいると思うのです。
そのような場合にも準備がとても大切です。

一口に新たな事業を立ち上げると言っても、その規模や形態、業種などは様々です。
株式会社を立ち上げる人もいれば、小規模な小売店舗を立ち上げる人もいます。

スキルのある人ならば、事業の立ち上げはせずにフリーランスのライターやデザイナーとして下請けで働く人もいますし、パソコンなどの情報通信機器を利用して、自宅や小さなオフィスでいわゆるSOHOと呼ばれる事業を起こす人もいます。
 

チャレンジする前向きな気持ちが大事だと気づきました

私はインターネットを使ってごく小規模なネットショップを経営しています。
初めて事業を立ち上げたいと考えた時に迷ったのは、具体的にどのような行動を起こせばよいのかわからないということでした。

経験から言えることは、事業を立ち上げるためには幾つもの過程を経なければなりません。
まず、独立したいのか、起業をしたいのかを決める必要があります。

そして、株式会社を作るのか個人でやるのかなど、自分にあったスタイルを考えます。
ほとんどの場合、個人で問題ないかとは思います。

次に具体的な事業のアイデアを考えて基本的な計画を立てます。
ここで立案された計画をもとに事業のリスクを考えます。
そして実際に資金調達など事業を立ち上げるための準備をして事業を開始します。

新たな事業を立ち上げるということは、大きな責任と能力が求められます。
やりがいは大きいですが不安も大きいと思います。

私は事業を起こす前に幾つかの女性向け起業セミナーに参加してみました。
先に事業を起こされた先輩たちの具体的な助言を参考にすることができるのでとても勉強になりました。
 

The following two tabs change content below.
新名彬子

新名彬子

サポートスタッフ自立18
自立18でサポートスタッフを担当。「何にも縛られない自由な人生を!」をモットーに、どんなことでも体験したい32歳。自身の体験談や想い、お客様の声をコラムでお届けさせていただいています。