女性が起業アイデアを考える時は、より成功率の高いネタを優先してみよう!

一般女子

女性の人気の仕事に、ブライダル関係の仕事があります。
プチ起業でも、ブライダル司会のお仕事で、多くの女性が活躍しています。

会場づくりの作業でも、フラワーアレンジメントのスキルを持った女性が活躍していたり、メイクさんも多くの場合、女性が担当しています。
表は華やかで、裏は細かい仕事が多い、そんなお仕事ですから、女性の華やかさやきめ細かい気配りが、強みとして活かせるのでしょう。

女性らしさを表現できる仕事を選択しよう!その方が有利

ビジネスを始めれば、男女は関係ありません。
競争の世界に、そんな基準が入り込む余地はありません。

だからこそ、最初から有利な選択、男性が入ってこられない領域にいる方が良いのです。
たとえば今回ご紹介しているブライダル関連のように、女性が有利なお仕事を選択する方が成功率を高めることができるでしょう。

最近では、思い出に残るオリジナルの結婚式を挙げたいと考えている方も多くいます。
最初に言い出すのは、たいていの場合、お嫁さん側です。
そんな場合にも、活かせるのは女性目線での提案です。

また、結婚式での和装も人気ですが、それも女性の方が着つけをしますね。

無理に男性と勝負して不利になる必要はない!

たとえば、ペットシッター、ベビーシッターなどの職業がありますが、女性需要が高いのは事実です。
旅館の女将、客室乗務員も似たような感覚です。
男性も活躍してはいますが、女性らしい気配り、細かさ、接客が期待される場面がより多いでしょう。

ですが、これらの仕事は、男性が多い肉体労働の仕事同様に重労働です。
女性向けの仕事=簡単、などという話しではありません。

感性やセンスを活かすことができるファッションやメイクの仕事も、女性が多いですね。
デパートの化粧品コーナーは、ほとんど女性です。

このように、女性が圧倒的に有利な仕事はたくさんあります。

ビジネスを始める時に、有利な土壌で戦うことは当然とも言えます。
起業アイデアを考える時には、そこも重視してみましょう。

The following two tabs change content below.
新井ー
「会社で働きながら6ヵ月で起業する」一緒に考える起業支援キャリアカウンセラー。サラリーマン時代、23歳で会社員のまま起業。2007年、起業支援をスタート。全国で1000回を超えるセミナー・講演、10000件以上の起業相談に応じてきた実績がある。
好きな仕事で輝こう! あなたの「わくわくプチ起業」の始め方【セミナー@東京】