高卒女子も経済的に自立できる! しっかりと生きる方法

岡崎多恵@自立18公式ライターです。

高卒女子も経済的に自立できる!
言うまでもありませんが、今の時代は学歴ではありません。
 

会社勤めをするなら、好きなことで長く!

秋の日にする公園ノマド
 
今日は私の友人の話です。

彼女は高校を卒業してすぐに、地元の関西で就職しました。
大阪の小さなアパレル会社での販売職でした。

入社時は最低でも2年は続けようと思っていたそうですが、相性が合わず、たった5ヶ月で辞めてしまいました。
まだ若かったため、すぐに、東京のアパレル会社に転職できました。

前職を5ヶ月で辞めてしまったため、転職した会社では3年は続けようと決意していたそうです。
彼女は、結果、5年勤めることができたのですが、それは、自分の好きなブランドだったから、ということが理由だったそうです。

好きなことだからこそ、続くのですね。
 

精神的な負担をかけずに、楽しく働く為のコツ

高卒女子の場合、就職面接では、どうしても学歴で不利にみられます。
大学に行くのが当たり前だからこそ、そうなるわけです。

だからこそ、キャリアが大切。
仕事をコロコロ変えるよりも、一つの場所に長くいる方がイメージが良くなります。

彼女の場合もそうでしたが、好きなものと仕事がセットになっていると、長く続けていけると思います。
高卒女子が経済的に自立するためには、長く勤められる会社を選ぶこと、それがひとつの突破口です。

その中で、さらに経済的基盤を確立するために、プチ起業をしたり、副業をしたりすれば、さらにチャンスが広がるでしょう。

私もバイトをしていた頃、自分の好きなレストランにいた時、3年も続けてしまいました。
人も好き、食べ物も好きでしたから、とても楽しい毎日だったのです。

私は独立したので、今や学歴など全く関係ない世界にいますが、転職する時には前職の在職期間は大きく影響すると思いますから、会社選びは重要ですね。

貧困女子になってしまったり、貧困で居続けるのが嫌なのなら、長く勤めること。
お給料が安くても、時間がしっかり確保できること、そして社会保険、好きな商品やサービスを扱っていること、これらが大切です。
 

絶対にダメなのが、過労死とかハードワーク過ぎて心を壊してしまうことです。
自分がボロボロになってしまっては、元も子もありません。

勘違いしてはいけないのは、「いかにラクに楽しく世の中を渡るか」などと考えてはいけないということ。
ラクしようというのではなく、好きなことを仕事にして、長く働いて、社会の信用を得ようということです。

そして、少しずつキャリアアップし、プチ起業などに手を広げ、収入を大きくしていきます。
いつか独立すれば、もう学歴偏重社会とはおさらばです。
 

自分が好きになる人生を送るには?

職務経歴書にたくさんの会社名が並ぶと、日本では、「この人、転職ばかりしていて続けられない人だな」と評価を下げてしまいます。
それがどんなに有名な会社であろうと、短期での転職はマイナス評価なのです。

そうなれば、転職はただの下り坂になります。
いわゆる経営層のヘッドハンティングでもない限り、労働条件が同じでお給料が上がる転職は殆どないでしょう。

繰り返しになりますが、信用を得るためには長期で働くしかなく、今の日本では正社員になるしかありません。
本来、独立を目指すのであれば正社員である必要はありませんが、仕方ありません。

まず正社員になり、そこでプチ起業をすると完璧です。
そこから実力をつけていき、独立できれば、一気にピラミッドの頂点に躍り出ることになります。

高卒女子が経済的な逆転のための最初の行動としてプチ起業を始める時には、独立を視野に入れるようにしましょう。
将来はこれで食べていく、社長になるという気持ちで、取り組むといいと思います。

好きなことを、好きな時に、好きな場所で、好きな人とすることができれば、自分をもっと好きになり、そして、幸せな人生を掴むことができるようになります。
 

自分の魅力でキャリアアップする

公園の生け垣の前
 

会社員は、会社のブランド、商品のブランドで社会的地位を保全され、自分の自信にしている人が多いです。
「私は、●●に勤めているの」のように言う人を、何人も知っています。

辞めてさえ、「私は元●●なの」と言いますからね(笑)
会社では新しい人が入り、その人の存在なんかとっくに消えているのに。。

どんなブランドを身にまとっていても、それを会社に返納してしまえば、あなたは裸。
そこで得たどんな満足も過去のものとなり、何も残りません。
 

残るものは、あなたの身につけた能力のみ!
 

その先の人生は、あなた自身の力、魅力で多くの人を感動させ、生きていくのです。

正社員として会社にぶら下がるのは、あくまでも長期で勤めるため。
経済的な自立は、その先にあります。

正社員になることで満足してしまうと、残るものは、いつかリストラされて終わる惨めなプライドの残骸だけです。
あなたが残さなくてはならないものは、あなたの能力、そして、その能力を使って自立していく「時間」です。

つまり、何もせずに30代、40代と過ごしてしまうと、能力時代も育たなくなりますし、仮に能力を身につけてもそれを使う時間がなくなります。
そもそもサラリーマンのままで長年いると保守的になり、新しいことをしなくなります。
クリエイティビティがゼロになっている人、多いですよね?

高卒女子は、社会人としての時間が2~4年、人より長いのです。
これはチャンスでもあります。

その期間で正社員として信用を作り、派遣、契約、パートスタートになった人は、正社員に挑戦。
そして、そこで安定しつつ、プライベートでは多少リスクを取り、プチ起業でのスキルアップに挑戦。
そして、30代中盤くらいまでに独立できれば、人生を謳歌できるでしょう。
 

会社に寄り掛かっていると襲ってくる未来は?

どんな素晴らしいブランドに転職しても、会社の商品を売っているうちは、クリエイティブにはなりません。
新たな世界観を知ったように感じることもありますが、それは誰かのコントロール下にあり、誰かがあなたに与えたものです。

言われたことだけやり、人に与えられたものを売り、決まったルールの中だけで生き、それを正しいこととして部下に伝える伝書鳩のように生きていると、人は生きる力、生命力を失っていきます。

高卒女子が経済的に自立する時、そうならないように気をつけないといけません。
若いからと簡単な単純作業ばかりやらさせられることは多いですが、そこで簡単な仕事でいいやと甘んじてはいけません。

会社はそれでいいのですが、プライベートでは遊んでいないで上を目指すのです。
 

高卒女子が選ぶべき会社!

ビーチで遊んでいる女の子
 

まず経済的に安定したいときは、以下のような会社を選びましょう。
 

  • できれば、最初から正社員で入る。
  • 長く勤めるために、営業などの激務は避ける。
  • 残業のない会社を選ぶ。

 

求人誌にしょっちゅう広告を出しているような会社は避け、製造業の事務など、のんびりしている方が良いですね。
好きな商品を扱っている会社がいいですが、アパレルや美容、教育などである場合には、長期に勤めることが難しいのでよく考えましょう。
 

経済的貧困に絶対にならない!!

入り口を派遣やフリーターなどから始めてしまうと、這い上がることが難しくなります。
長年勤めることでようやく人は信用するので、長く続けるしかないのですが、正社員でない期間が長すぎてしまうともったいないです。

早目に正社員になり、そこで独立に向けてプチ起業を始めましょう。

逆に、正社員が長い人は、独立を視野に入れた場合、正社員を続ける必要はありません。
時間の確保ができにくい場合、時間の確保ができる環境に転職するのも一つの手です。
 

プチ起業は、小さく始めればリスクは無いですし、1000万円も貯めれば、それを未来に投資して夢にぐっと近づくことができます。

世の中にはいろんな職種があります。
空いている時間を使って、どのようなプチ起業をするのか、あれこれ探してみましょう。

プチ起業なら、資格を持っていないとか、学歴がないとか、一切関係ありません。
独立を目指して頑張りましょう。
 

The following two tabs change content below.
岡崎 多恵

岡崎 多恵

公式ライター自立18
自立18の公式ライター。離婚を経験し、自由に生きることに目覚めたフリーランス。30代女性の自由な生き方と恋愛をサポートするカウンセラー兼コラムニストとして、全国で幅広く活動中。