中卒の女性である私に訪れた、人生が180度変わった出来事【体験談】

体験談

今日も、講座にご参加された女性の体験談をご紹介します。

私は中卒の31歳の女です。
現在は仕事をしていませんが、子供2人と旦那と、幸せな家庭を築いています。

今日までの道のりは決して楽ではありませんでしたし、色々と後悔していることもありますが、今、私はとても幸せです。

毎朝、旦那を起こし、朝ごはんを食べさせて、仕事に行く旦那の背中を見守る。
私が女性として、こんな幸せに溢れてた生活ができるとは思ってもいませんでした。

まともな仕事になかなか恵まれず、仕事を探すだけで日が暮れていた日々を思い出すこともあります。
これでは仕事を探すことが仕事ではないかと、悔しい思いをしていました。

本棚を見ても、私の家には高校の卒業アルバムはありません。
私が中卒ですから、当たり前です。

何故、このご時世に私は中卒なのか、何故、中卒という選択をしたのか、昔は自分でもよくわかりませんでした。

相当なお馬鹿な少女だったと思います

当時、田舎の中学生だった私は、いわゆる不良少女でした。
近所の駐車場に停めてある車のフロントガラスを割ったり、下級生からお金を奪ったこともありました。
そんな少女でしたから、当然、勉強には全くと言っていいほど手を付けず、テストは受けていないので偏差値などわかりませんし、相当なお馬鹿な少女だったと思います。

中卒でも仕事に就けるものだと思っていた私は、別に中卒でもいいと思っていましたし、周りの大人達からの忠告も無視していました。
ですが親にものすごく叱られ、結局、名前を書いただけでも合格できるという私立高校を第一志望とし、高校受験に望むことになりました。

しかしその時、不測の事態が襲い掛かってきました。
父親の死です。

ある日転機が訪れました

父親が亡くなり、稼ぎ手がいなくなってしまった為、私は高校進学を諦めざるを得なくなりました。
私は家計を支えるために働かなくてはならなかったので、地元でアルバイトをすることに決めました。

そこで初めて知った世間の冷たさ。
中卒の女という世の中からの目線は、正直、とても厳しかったです。

母と私の少ないアルバイト代だけで普通に生活できるわけがなく、中卒のための補助金なんてありませんし、非常に貧しい生活が何年も続きました。
夜のお仕事をしていた時期もありました。

昼職の正社員の仕事を見つけようにも、中卒の女を雇う会社はありませんでした。

キャリアも経験もない。
特技もスキルも何もない。

絶望していました。

ですが、そんな私にある日転機が訪れました。
それが、偶然に登録をした自立18のメール講座でした。

私にも「幸せになる権利」がありました

ケータイをみると、メールが入っていました。
自立18の経済的自立面談について書かれていました。

メールを詳しく読んでみると、会って相談できるということでしたので、すぐに申し込みをしました。

一瞬戸惑いましたが、相談できて本当に良かったです。

伊吹先生とお話をして、自分の心の中に抱えていた重たいものがすっきりとなくなりましたし、私と同じような境遇の人を助ける仕事がしたいと思うようになりました。

今、私もカウンセラーとして起業し、生活も楽になり、自分磨きも楽しむことができるようになりました。
昔の苦労を忘れてしまうほどの毎日で、本当に幸せです。

学歴なんか関係ない。
どんな人でもプチ起業から始めれば、自分がしたい仕事を手に入れることができる。
本当に大きな自信になりました。

いろいろな事情がある女性も、当然、幸せになる権利があります。
絶対にあきらめないでください。

The following two tabs change content below.
女性自立支援コーチング協会事務局

女性自立支援コーチング協会事務局

2019年7月より、従来の「自立18」は、新たに「女性自立支援コーチング協会」としてスタートすることになりました。女性の自立支援の幅をさらに広げ、コーチ、サポーターと共に、社会に貢献して参ります。
好きな仕事で輝こう! あなたの「わくわくプチ起業」の始め方【セミナー@東京】