女性が長く続けられる仕事に就くために資格取得を考える?

女性が長く続けられる仕事とは、どのような仕事でしょうか?
恐らくは「専門職」ですと、長く続けられるでしょう。
 

独立
 

企業の「一般事務」ですと、やや専門性が少ない上に、給与面から考えても長く続けられる仕事としてはちょっと寂しいという感じがします。
 

専門性が高くて活躍している女性が多い職場を選ぶ

女性には出産や育児などで一時的に仕事を続ける事が難しくなる時期があります。
社会的な問題として、このような期間を経てしまうと復帰のチャンスが減ってしまうという現実があります。

確かに、支援は徐々に広がってきてはいますが、まだまだと言ったところです。

女性が多く活躍する仕事場では、女性の生活支援の体制がとられている事が多く、そういう現実を考えると、専門性が高くて活躍している女性が多い職場ほど、長く続けられる仕事があるということになります。
 

もちろん環境の整備が必要です!

長く続けられる仕事に就きたいと思っている人は、専門性が高くて活躍している女性が多い仕事を選ぶと働きやすいです。
資格が必要な仕事なども有利でしょう。

また、女性ならではの仕事、例えば、美容関係やデザイン関係、子育て支援関係など、感性が活かせる仕事もおすすめです。
講師業など、年齢が上がる事でキャリアとして活かせる仕事も長く続けらるでしょう。

女性が社会で仕事を長く続けるには、もちろん環境の整備が必要です。
最近は、妊娠をしても子供が小さいうちでも仕事を続けたり、復帰したりする人が増えています。

家庭を持つ女性が仕事を続けられるということは、男性の意識が高く、夫婦の関係しっかりしていることが多いですね。
家族の協力があるからこそ、お互いに生きていく意識があるからこそ、続けられるのでしょう。
 

資格を取ってどこかに就職しても自由がない!

最近はインターネットの普及で、女性が在宅で出来る仕事も増えました。
ビジネスのチャンスはどんどん広がっています。

在宅の仕事は負担が小さく、長く続けられますので頑張りがいがあります。
ネットショップなどは、女性一人でも無理なく、長く続けらる仕事の代表格です。

そう考えますと、資格を取ってどこかに就職しても自由がないことには変わりがありません。
ですが、在宅の仕事ならば、家庭環境や時間に関係なく仕事が続けられます。

在宅や自宅の近くで起業する人は、今後、徐々に増えていくはずです。
そういう人が女性起業家として活躍していくのでしょう。

続けられる仕事としての起業、自営業。
自分次第で長く続けられる仕事ですから、やってみる価値がありますね。

定年も関係なく、長く続けられることで、いつまでも輝いていられるでしょう。
趣味の延長でも始められまし、敷居は意外と低いものです。

「私は無理」と簡単にあきらめないで、ちょっと学んでみるとよいと思います。
 

The following two tabs change content below.
新井一@自立18主宰

新井一@自立18主宰

「180日で起業できる」メソッドを伝授する起業支援の専門家。サラリーマン時代、23歳で会社員のまま起業。2007年、起業支援をスタート。全国で1000回を超えるセミナー・講演、10000件以上の起業相談に応じてきた実績がある。