人生は迷いの連続。全部やってまた迷えばいい。

夕日の前の女性

女性自立支援コーチング協会の新井です。

時間が経つのはほんとに早いですね。
もう6月です。

ついこの前、「今年も終わりですね!」って言っていて、「明けましておめでとう!」って言って、もう、年の半分が終わろうとしています。

この半年で、すでに100人を超える「モヤモヤを持つ人」にお会いしました。

みんな悩んでいるけれど、何とかしたいと思って僕に会いに来てくれている。

胸が熱くなることもあります。

「あなた、本当にすごい人だよ!それに気づいてよ!」

本当は大きな声でそう言いたいです。
けれど、そんなことをしたらびっくりしちゃうだろうから、僕はほぼ黙って話に耳を傾けています。

あなたが歩いている道は、正直、僕にはわからりません。

険しい道の人もいるだろうし、視界が広くなりすぎて行き先を見失ってしまった人もいるかもしれません。
たすきをつなぐ相手がどこにいるのか、そもそも存在しているのかもわからず、一人でただ歩き続けている人もいるでしょう。

それでも、あなたは会社に行ったり、家で家事をしたり。
モヤモヤする毎日から抜け出したいと思いながらも、毎日を繰り返しています。

忙しい時もあるだろうし、孤独を感じることもあるかもしれません。
それでもあなたは、また明日も同じことをするのでしょう。

「私は欲張りなの?今のこの状態で幸せを感じればいいの?」

自己啓発書は「幸せはあなたが感じるものです。今の幸せをわかっていますか?」と問いかけてきます。

有名ブロガーの「あなたが楽しいなら、それでいいのよ」 なんて言葉に癒されることもあるでしょう。
僕もそれは本当だと思います。

ただ、そうはわかっていても、それでも人は何かを求めて、常にモヤモヤしているものなのだとも思うのです。

僕は、モヤモヤしているくらいなら、やりたいことをやったらいいと思います。

例え、それが何の成果も生まないものだとしても。
自分の人生なんだから、やりたいことを見つけたら全部やったらいい。

気の向くままに。
思うままに。

仕事か育児か、正社員か派遣か、起業か安定か、人生はそんな2択問題じゃない。
あなたがあなたの「好き」をやり続ければいいと思います。

そこに理由なんていらないと思う。
それを続けている先で、自分の生き方がわかってくるし、それに後悔する人なんていないでしょう。

中途半端にやったり我慢したりするから、「あの時に・・・」なんて言葉が出ちゃうんです。
夢があるのなら、本当は「選択肢」なんてないですから。

「我慢」という一択を押し付けられている方が実は楽だと思っているのなら、そもそもモヤモヤなんかしないはず。

世の中は意外と単純です。

あなたが選ばなかったことは、他の誰かがとっていくだけです。

あなたにも経験があるかもしれません。
他の誰かが、あなたを横からサッと抜いていって、あなたはただその人の背中を呆然と眺めているしかなかったことが。

あなたが見送った列車に乗った人が大輪の花を咲かせたとき、あなたはどれだけせつない気持ちになるでしょうか。
その人の肩越しに、雄大な富士山の如く栄光が輝いているとしたら、あなたは何を感じるでしょうか。

今、あなたは迷っているのかもしれない。
それは、選択肢があるが故の幸せなことです。

どちらもやってみたらいいと思います。
ただし、本気で。

本気でとりにいったら、とれるものがあるはず。
その先に、あなたがたどり着く場所があるはず。

そこは、求めるものを本気で、諦めずに求めた人だけがやってこれるステージです。

そしてあなたはそこで、求めることよりも、与える喜びがあるんだってことにも気付くでしょう。

迷っていいです。
徹底的に迷って、モヤモヤして、また迷ったらいいです。

どうしてでしょう?

それは、あなたがあなたであるために必要なことだから。
他の誰でもない、あなたの人生を、あなた自身の足で歩くために。

そして、少しだけ、一歩だけ踏み出してみたらいい。
慣れてきたら、片っ端からやって、やりつくしたらいい。

楽しみながら、落ち込みながら、一生懸命に生きているあなたを、僕はずっと見ています。
何とかしたいと思って、それでもどうしたらよいかわからなくて、それでも、それでも何とかしたいと思っているあなたのことを。

時には誰かに甘えて、休んだらいい。
自分をもっと大切にして、自分をもっと優しく扱ってあげてほしい。

周りの人、理不尽ですよね。
どうしてかわかりますか?

みんなあなたに認めてもらいたいんですよ。
だから、あなたが自分をしっかり大切にできたら、次はそんな理不尽な連中すら、大切にしてあげましょうね。

そんなあなたを、周りは放っておきません。

あなたは、どんどん選ばれる人になる。
少なくとも僕は、あなたがどんなにすごい人なのか知っています。

上り道も、下り道も、風が吹く日も、あなたは歩き続けている。
あなたは、そのままでもちゃんとゴールできる人なんだ。

だから、ちょっとくらい休んだっていい。

少し止まって、周りを見てください。
そして、沿道で応援してくれる人に手を振ってみましょう。

ほら、みんなが笑顔で、「がんばれ!」って言ってくれたでしょ?
歩き続けるために、たまに止まるんだ。

「歩く」って、「少」し「止」まるって書くもんね。

The following two tabs change content below.
新井ー
「会社で働きながら6ヵ月で起業する」一緒に考える起業支援キャリアカウンセラー。サラリーマン時代、23歳で会社員のまま起業。2007年、起業支援をスタート。全国で1000回を超えるセミナー・講演、10000件以上の起業相談に応じてきた実績がある。
好きな仕事で輝こう! あなたの「わくわくプチ起業」の始め方【セミナー@東京】