仕事に疲れた女にならないために今日からできる4つのこと

一般女子

「仕事に疲れた女」になってしまうと、あなたらしさが失われてしまいます。どのような仕事をしているかにもよりますが、(どのような仕事でも)責任を持って業務をこなせばそれなりに疲れますよね。

特に、その仕事がつまらないと感じていると、あっという間に「仕事に疲れた女」になってしまいます・・・。

「仕事に疲れた女」にならないために・・・メリハリをつける

仕事をしていれば、人間関係で疲れることもあるでしょう。
些細なことで傷ついたり、イライラすることもたくさんあるでしょう。

どのようなストレスであっても、できる限り、「その日の疲れはその日に取り除く」ことが大切です。
それが、「仕事に疲れた女」にならないために、とても大切なことです。

忙しい業務に追われて自分の時間が持てないと、「仕事に疲れた女」から抜け出せなくなってしまいます。
毎日プライベートを充実させる時間がなくても、「帰り道、ちょっと楽しい寄り道をしてみる」、「行ったことのない場所に行って思考をリセットする」など、メリハリをつけることも必要でしょう。

通勤時間も含めた仕事以外の時間は、完全に仕事を忘れましょう。

時間の使い方にメリハリをつけることで、充実感が得やすくなり、それは自然に表情にも表われてきます。
ずっと仕事のことを考えていると、疲れた顔が沁みついてしまうのです。

「仕事に疲れた女」にならないために・・・睡眠をしっかり取る

疲れを感じたら、生活のリズムを取り戻すことを心掛けてください。
特に、夜の睡眠はしっかり取るようにしましょう。

とは言え、休みの日に「寝貯め」はよくありません。
休みの日もリズムを崩さず、アクティブレストを心掛けるといいでしょう。

趣味を持つこともいいですし、ヨガなど、好きなスポーツをして汗をかくのもいいでしょう。

また、夜遅く帰宅する場合、太ってしまうからと食事をしない女性も多くいますが、
残業しながら何とかする、会社を出てすぐに食べるなど工夫をし、できるだけ3度の食事もしっかり食べましょう。

この睡眠と食事の2つのリズムを守るだけでも、かなり「仕事に疲れた女」から遠ざかることができます。

「仕事に疲れた女」にならないために・・・自分を褒めて認める

「仕事に疲れた女」になってしまうと、疲れが顔や身体に出ていて年齢よりも老けて見えたり、不満ばかりが口から出てしまうようになります。
周りからも、「あの人頑張り過ぎ」、「痛い」など、マイナスイメージを持たれてしまいかねません。

しかし、本来、仕事に疲れた女性は、しっかり仕事をしているからこそ疲れているのであって、マイナスのイメージを持つのは間違いです。

あなたがもし、「仕事に疲れた女」になってしまっているのでしたら、それをプラスに捉えてください。
まずはあなた自身が自分を受け入れ、褒めて、認めることが大切です。

疲れた状態が長く続くと、あなたの魅力も半減してしまいます。
あなたらしさが失われてしまいます。

そうなると・・・幸せの神様からも敬遠されてしまうかもしれません。
せっかく仕事を頑張っても幸せになれないなんて、もったいないことですよね。

「仕事に疲れた女」にならないために・・・あなたの魅力を出すための行動を怠らない

「仕事に疲れた女」にならないためには、オシャレやメイクなど、あなたならではの魅力を出すための行動を怠らないことも大切です。
「仕事に疲れた男」とは違い、シワだらけのスーツや、ぼさぼさ白髪なんてことはないと思いますが、、、「疲れた女」のレッテルをはられないようにしましょう。

そんな状態で年齢を重ねてしまうと、周りから見て近寄りがたい存在になってしまいます。

トイレなどで一日に数回、鏡で自分の顔を丁寧にチェックしてください。
※でも、電車の中でスマホでやるのはみっともないので、止めましょうね(^_^;)

疲れた顔になっていないか、イライラした顔になっていないか、眉間にしわが寄っていないか、そんなことを意識するだけでも違います。

今日の良かったことを思いだして、笑顔になって、輝いているあなたらしく見た目を整えましょう。
そうすれば、自然に心がついてきます。

The following two tabs change content below.
一般参加者

一般参加者

過去の講座参加者の方を中心に、一般の方からいただいた寄稿を掲載していきます。それぞれの人の人生観、考え方など、いろいろあって、面白いでしょう? あなたはどう思いますか?
好きな仕事で輝こう! あなたの「わくわくプチ起業」の始め方【セミナー@東京】