アラフォー世代のプチ起業・40代で新しいことを始める心得

冨永知子@自立18公式ライターです。

女性が起業を決意する年齢は35~40歳代に多いと言われ、主に子育てがひと段落した頃に起業を考え始めるようです。
 

物思いにふけっている女の子
 

もしくは、今まで会社員として勤めてきてやっと多少の資金が貯まった頃、とも言えるでしょう。

やりたかったことをスタートする大きなチャンスでもありますが、アラフォー世代がプチ起業しようと考える上で、注意しておかなければならないことがあります。
今回は、40代女性がプチ起業をする場合の心得についてご紹介します。 
 

1.変化に対応すること

プールに浮かぶ浮輪
 

どのような業界でプチ起業をするとしても、時代の流行はつきものです。
しかし、40代女性は今まで自分が良いと思ってきたものを頑なに信じ続ける傾向があり、そこで躓くケースが散見されます。

たとえば、中古の着物の通販サイトを立ち上げ、中古着物を扱っていたとしても、世の中の流行で「着物と洋服を合わせるのがブーム」となることもあるでしょう。

こういったときに、

「やはり着物は着物として売るべきだ、洋服と合わせるなんて邪道」
「着物の着方がわからないお客さんはお断り」

としてしまうとどうでしょう。
ビジネスチャンスを棒に振り、競合店に先を越されてしまうこともあります。

必ずしもこれが正解、という道はないのですが、こだわりを持つべきところと、こだわりを捨てなければならないところがあります。

ある程度世の中の変化を読みながら、それに合わせてビジネスをしていかなければ利益に繋がりません。
変化すべきところでは大胆に変化を受け入れ、顧客の動きを見ながら対応しましょう。
 

ターゲットは最初から絞り過ぎない

女性のプチ起業の場合「お店を持ちたい」という人が多いです。
幼い頃からの夢を叶える形でプチ起業する人が多いのですが、はじめからターゲットを絞り過ぎてしまうと苦戦します。

とくに40代女性は「自分と同じくらいの世代の女性に向けたお店を出したい」という方が多いですが、現実問題40代女性は財布の管理に厳しく無駄な商品を購入しなかったり、自分の余暇にお金を使わないことが多いです。

たとえば雑貨屋を出店したとしても「こんなの100円ショップでも買えるわよね」と言って購入せずに帰るお客さんが多いのが現実です。
高級住宅街に出店するのならばともかく、地方の住宅地で開業するのだとしたら失敗する例です。

理想の形がビジョンとしてあるとは思いますが、顧客のターゲットを絞り過ぎず流れに身を任せることも重要です。

近くに病院があり、午前中は老人の顧客が多い場合は、その層に向けた商品を置き、学生がよく通る道であれば軽食やドリンクを置くなどして、状況に合わせて臨機応変に対応しましょう。
 

2.家族の協力と教えを請う姿勢

犬のぬいぐるみの結婚式
 

家族と一緒に暮らしている女性の場合、プチ起業であっても家族の理解、協力なくして活動することはできないでしょう。
とくに子供がいる場合、夫がいる場合などは、生活やお金に関しての協力が不可欠です。
 

家族の理解と協力

家族の理解が得られずに起業できなかったケースや、家族が非協力的だったために廃業せざるを得なかったケースもあり、40代女性のプチ起業は、家族の説得に半分以上の労力を費やすと言っても過言ではありません。

また、金銭的な部分で夫の収入に頼らざるを得ない場合も多く、利益が出ずにただの趣味だと罵られて終わるケースもあります。

もちろん、数字として確実に利益を上げていく努力も大事ですが、まずは家族の理解と協力を仰ぐことが第一関門です。
本人がただ頑張る、としても限界があります。

家庭内のルールを見直し、家事の分担なども調整して無理なく自分の時間を捻出しましょう。
 

教えを請う姿勢

40代ともなると、今まで仕事で誰かを指導する立場であったり、ある程度人生経験を積んでいることから「若い人から指摘されたくない」と考えている女性も多いです。

もちろん、プチ起業をすると自分が代表ですから上司はいないのですが、取引先など年下の人に頭を下げたり、教えてもらったりする場面は多くなります。

このとき「どうして私が頭を下げなきゃいけないの?
私の方が年上なんだから敬語使いなさいよ」などと考えていると、うまくコネクションを作ることができません。

相手が誰であろうと、低姿勢に教えを請うことで得られるものがあります。
プチ起業をひとりで行う場合、孤独な作業が多くなります。

協力してくれる人や指摘してくれる人は少ないので大事にしましょう。 
 

3.最初から成功するとは限らない

夕日を浴びてる女の子
 

40代でプチ起業をする場合、ある程度勉強をしてから取り掛かる場合が多いため、頭の中には成功するビジョンがあるはずです。
また、実際に同じ業種でプチ起業した人が成功した例なども見ているため、多くの人が成功を確信しています。

しかし、実際にプチ起業してみると、最初から成功できるのはひと握りの極少数であり、多くの人は試行錯誤の結果、成功していることを知るでしょう。
 

いきない成功しないのが当たり前

雇用という形で収入を得ている女性にとっては、努力を見せて評価されることが重要ですが、起業した場合は違います。
起業の場合、結果がそのままダイレクトに利益となって現れますが、努力をする方向が間違っていると利益に反映しません。

縁や運が関係してくることも多く、能力の高い人が起業したからと言って、釣り糸を垂らす場所を間違えると1円にもなりません。

そのため、ビジネスやお金に関する基礎を、きちんと学ぶ必要があるのです。

実力も経験もある40代女性が、実力も経験もない20代に負けることもあります。
自分が楽しみながら、コツコツ続けることだけが成功への道です。

余計なプライドは無用です。
 

大きな博打を打たない

いきなり成功しないのは当たり前ですが、いきなり失敗する可能性はあります。
自分で適当にやった場合です。

確かに効率が悪くもったいないですが、では、それが失敗してしまったらすべての努力が水の泡になるのでしょうか?
そうではありません。

プチ起業の場合、大きな博打を打たなくてもいい、というメリットがあります。
もし失敗しても小さなリスクでおさめることができるのです。

たとえば、ネットショップを経営するのであれば、雑貨屋と洋服屋の2店舗を経営するであるとか、ひとつは中古品店、ひとつは手作り雑貨を販売するなど、同時にいくつかのお店を立ち上げ、売上がいい方だけ残すという手段もあります。

また出店先も、最初から出店料有料の楽天に出店するのではなく、無料で出店できるサイトやフリマアプリを利用して徐々に拡大していく方法もあります。

ズルい方法かもしれませんが「失敗してもいいようにしておく」ということが重要です。

40代となると、

「失敗することはいけないこと」
「失敗している余裕はない」

と考える方が多いですが、道を一本に絞らず複数残しておきましょう。 
 

4.自分の体力を考える

SMILE
 

40代でプチ起業する場合、自分の体力のことも考えなければなりません。
とくにプチ起業は自分ひとりで始めて、人を雇わず継続していくものが多いため、誰かにお任せしてしばらく休むということができません。

始めてから何年続けたいのか、また今後ずっと続けていきたいものなのか、自分の体力が永遠に続くわけではないことを知っているからこそ、働き方を考えなければいけません。
 

無理なく続けていけるプチ起業

自宅の一部を改装して「たい焼き屋」を始めるとします。
40代で開業して、40代のうちは元気に営業できますが、それが50代、60代となるとどうでしょうか。

これは極端な例ですが、40代にとって簡単であっても60代にとっては辛い仕事もあります。
とくに体を動かしたり、外出することが多い仕事では、年齢を重ねるごとに活動を制限することになるでしょう。

プチ起業とは、その名の通り小さく起業することなので、40代のうちに家事や育児の隙間を縫って作業できるくらいの簡単なものの方が長く続けることができます。

人それぞれ「自分にとって簡単なこと」は違うため、正解はありません。
しかし、プチ起業でわずかでも利益を出しながら長く続けることを考えると、自然と方向性が定まるのではないでしょうか。

無理をすれば続けることができません。
無理せずに利益が出ることを仕事にしましょう。 
 

40代だからこそ今好きなことをする

虹のコースター
 

自己実現、という意味でプチ起業する女性も多く、現在はプチ起業ブームです。

ですが、実際に成功して食べて行けるようになっても、流行の入れ替わりも激しい今、常に経験から自分を見つめ直し、変化、進化していくことが大切です。

お金の面だけで言えば、最初のうちは出ていくものの方が多くなるでしょう。
ですが、チャレンジは無駄にはならず、徐々に収益は上がるでしょうし、挑戦し続けている人は成功する確率も高いです。

経験豊富な40代ですが、まずは簡単なことから小さく始めて、楽しめるプチ起業をやってみましょう!
 

The following two tabs change content below.
冨永 知子

冨永 知子

自立18の公式ライター。作家としての受賞経験もある独立系コラムニスト。プチ起業の経験も豊富。執筆を通じて多くの女性に自立した生き方、恋愛、美容情報などを伝えている。