女性が自立するにあたって考えるべき、出産のこと

女性が自立を目指すとき、考えるべきことの1つは、「出産について」であると思います。
出産についてと一言に言っても、これは様々な課題を含んでいます。
 

プチ起業
 

まずは、生涯を通して出産を選択するか否か。
出産することを選択したならば、その時期はいつにするか。

また、パートナーとの関係性をどう考えるか、などなどたくさんです。

自立した女性として生きることを選択したのであれば、当然のことながら、出産は仕事と並行して行うことになります。
出産には育児がつながり、ここでまた一つ、「育児の分担はどうするか」という課題が生まれます。
 

不妊治療が必要になる場合もあります

現状、自立した女性にとって、出産、育児がしやすい社会情勢であるとは言い難い現状です。
出産をする時期を、世間で言うところの「高齢出産」の時期に設けた場合、不妊治療が必要になる場合もあります。
不妊治療が必要になった場合、35歳が一つのボーダーになります。

日々新しく生産される男性の精子とは異なり、女性の配偶子である卵子は、実は女性が、お母さんの体内で生を授かった時から既に存在しています。
そして、そのまま生涯、死ぬまでお腹の中で保存され、新しく作られることはありません。

生まれた時から、その人が体内に持っている卵子の数は、減ることはあっても増えることはないのです。
そして、この卵子は「老化」します。

老化して細胞死を迎えるものもあれば、老化して異常な遺伝子を持つ卵子が生まれることもあります。
この異常な卵子は、女性の年齢が上に行くにつれ増えていきます。
受精の際にこの異常な卵子が使われた場合、遺伝子異常につながることもあるため、高齢出産では出産のリスクが高くなるのです。
 

自立と出産ときちんと向き合う

以上のことを踏まえ、自立を目指す女性に考えて欲しいのは、生涯を通して見据えた時に、いつ出産の時期を設けるか、そのメリットとデメリット、リスクです。
卵子の老化についても、今は、若いころに自分自身の卵子を保存しておいて、その後の出産の際に備えておく、という技術が開発されつつあります。

また、卵子の老化のリスクについてきちんと把握しておけば、闇雲に恐れる必要はなく、きちんとそれに対する対策を講じることも出来る時代です。

100%の対策というものはありませんが、自分自身で「ここまでリスクを減らすことが出来れば十分」と考えることが出来れば、それがその人にとっての「十分な対策」になると思います。
尊厳と誇りとを持って、自立した女性として自分自身の出産と向き合って欲しいと思います。
 

The following two tabs change content below.
新井一@自立18主宰

新井一@自立18主宰

「180日で起業できる」メソッドを伝授する起業支援の専門家。サラリーマン時代、23歳で会社員のまま起業。2007年、起業支援をスタート。全国で1000回を超えるセミナー・講演、10000件以上の起業相談に応じてきた実績がある。