女性にとって儲かる仕事とはどういった仕事でしょうか?

女性にとって「儲かる仕事」とは、どういったお仕事でしょうか?

今の時代に男性も女性もないと思いますが、それでも男性の方がいわゆる「道路工事」の現場に出るお仕事のように、すぐに高額を稼げるお仕事もやり易いということはあると思います。
 

MacBookの上に横たわる猫
 

あのビジネスの天才とも言えるホリエモンさんは、努力したら何だって稼げることを前提に、男は「佐川」、女の子とは「水商売やソープに行け」なんて対談でおっしゃってましたけれど、ここではそういう選択肢以外で、女性が稼げる職業にはどのようなものがあるのかを、考えてみたいと思います。
 

プチ起業で自由に始めることこそ最強

問題が発生
 

儲かるお仕事と言って、「起業」という手段を思いつく人は少ないでしょう。
普通は、どんな職業が儲かるのかを考えてしまいますよね。

ですが、正直なところ、起業すればどんなお仕事でも、雇われて働くよりは儲かるのです。
一人でやれば、会社で言えば他人のお給料などに相当する中間マージンを取られず、全て自分に入ってくるわけですから。

儲かる=お金が稼げる、ではないケースもあります。
お金自体は少なくても時間や手間がほとんどかかっておらず、時給に換算するとすごい金額になることも。

ですが、収入は青天井とは言っても、経験がないうちは全く儲からないこともあります。
だからこそ、経費を限りなく低くして小さく始めるプチ起業が安全なのです。

では、プチ起業をやってみるとしたら、どんなものが女性に向いているのでしょうか?
 

これからの時代、こんな仕事は儲かるでしょう

本を抱きしめるゆったり
 

これからの時代は、AI、自動化の流れが加速します。
いわゆるスキルワーカーでは生き残れないでしょう。

今の会社で、あなたがスキルを活かして働いているとすれば、5年後にその仕事があるかどうか、一度考えてみるといいと思います。

この先なくならない、起業しても成功し易い仕事、それは、「人が人にやってほしいこと」をしてあげるお仕事でしょう。

たとえば、介護関連。
介護はお勤めで働くとお給料も安くて大変ですが、自分で起業して行えばそれをカバーできます。

女性ならではの気配り、行政がやりきれないサービスができれば、チャンスはあるでしょう。
もちろん、介護事業所を正式に開業するのも悪くありません。

人の役に立ちながらお金が稼げるなんて、素晴らしいと思いませんか?
 

他にも時代の流れに合った仕事はいくらでもあります。

他に女性が稼げるお仕事と言うと、お悩み相談などはどうでしょうか?
最初の受注までにはかなりの努力が必要ですが、それはどの仕事も同じです。

会社のお給料は、その会社の利益率、収益構造、経営者の労働分配率に対する考え方、業界平均に強く依存します。
それ故、ほとんど上がらないですし、変化がないのです。

ですが、プチ起業をするとそれは変わります。
自分の収入は、自分がいかに他の人に置き換えられないかで決まります。

相談に乗ってもらえるということで選ばれると、単価は下がります。
ですが、あなただからという理由で選ばれると、単価が上がっていきます。

そこまで持っていけるかどうか、そこが頑張りどころですね。

保険のセールスでも同じです。
あなただから入ってあげる、と言われるようになると強いですね。
 

儲かる仕事は探すものじゃない!創り出すもの!

八重山ブルー
 

儲かる仕事とは、あなただから選ばれる仕事であり、他の人に変えられない仕事であり、たくさんの人から求められている夢のことです。

儲かる仕事を探し、宝探しばかりしていると、足元をすくわれて騙されます。
ネットワークビジネスなど、その最たるものです。

世の中の困っている人を助けてあげる仕事を考えていけば、そして、あなたの人間力を磨いていけば、収入は自然に上がっていきます。
「こんな仕事は稼げない」という固定観念、労働者思考から脱却すれば、可能性はいくらでも広がります。
 

The following two tabs change content below.
新井一@自立18主宰

新井一@自立18主宰

「180日で起業できる」メソッドを伝授する起業支援の専門家。サラリーマン時代、23歳で会社員のまま起業。2007年、起業支援をスタート。全国で1000回を超えるセミナー・講演、10000件以上の起業相談に応じてきた実績がある。
新井一@自立18主宰

最新記事 by 新井一@自立18主宰 (全て見る)