自由に自分の人生を楽しむ! 20代女性の恋愛と自立6つのポイント

一般女子

一般の方からの投稿です。20代女性と言えば、学生から社会人へとステップアップし、仕事にプライベートに忙しい時期です。
中には早くに結婚をしたり、出産子育てを経験する人もいるでしょうし、自分の好きなことを追求する人もいるでしょう。

20代女性が自由に恋愛を楽しみながら、社会で自立していくためには、どのようなコツが必要なのでしょうか。
今回は、20代女性のための恋愛と自立について6つのポイントをご紹介します。

依存と自立、孤独と孤立

「自立」はポジティブな意味が強いですが、一方で「依存」というのはかなりネガティブな意味の言葉だと思っている人が多いです。
また「孤独や孤立」もネガティブな意味があります。
しかし、これらの言葉は、社会に出る上で切り離すことができないものです。

依存先を増やす=自立

社会でひとりで生きていくというのは、無人島でサバイバル生活するのとは意味が違います。
むしろ誰かに頼ったり頼られたり、協力しあって生きていける人が「社会で自立している」ということですから、言わば「社会にうまく依存する」ことが自立している人、と言えるでしょう。

「コンビニで買えるからいいや」と財布ひとつ持って身軽に外出できるのは、コンビニに依存しているからです。
旅先で誰かに道を尋ねることができれば、道に迷うこともありません。
自由に生きるとは、友人知人や上司や同僚、たまたま出会った人などに頼ることができる、ということです。

誰か特定の人にだけ頼るのではなく、たくさんの人に少しずつ依存していくことによって、自立することができます。
自立したい人は、自分のことは自分でするというルールを守りながらも、まずは気軽に遠慮せず、いろんな人に頼ってみましょう。

孤独になって孤立を避ける

社会で生きるとは、常に孤独ということかもしれません。
家族がいても、結婚しても、子供が生まれても孤独と決別することはできません。
しかし、孤独と仲良くなれば楽しい時間を過ごすことができます。

むしろ怖いのは、社会で孤立してしまうことです。
誰とも繋がりがなくなり、誰にも頼れない状況になってしまうことです。
孤独を恐れずに孤立を避ける、というのは難しいことのように感じますが、誰もが孤独を抱えています。
相手も同じ孤独を抱えていると理解できれば、孤独な者同士で仲間を増やし、孤立を避けることができるでしょう。

割り勘が当たり前

とくに20代、10代の間では当然の認識となっていますが、30代以下の若い男女は学校教育や社会風潮もあり、男女平等が浸透している世代です。
そのため、恋愛においてもフェアな関係の男女が多く、またLGBTに対する考え方も柔軟です。

平等な感覚で交際する

一昔前は「男性が女性に奢るのが当たり前」という時代でしたが、現在はほぼ平等が浸透しており、デート代も割り勘、自分の分は自分で、というカップルが多いです。
これはこの状態を維持することがベストです。
おそらく今後はさらに男女格差は縮まっていくでしょうし、女性の方が稼いでいる、男性が主夫になる、というケースも増えていくでしょう。

お互いのライフスタイルを考慮しながら、無理のない範囲で平等にする、というのが自由な恋愛に繋がります。
男性だけが支払っていると、女性は男性に従わなければいけない空気になってしまうので、そういった関係は避けましょう。

結婚はゴールじゃない

かつては「結婚がゴール、結婚すれば勝ち組、結婚は永久就職」といった風潮がありましたが、20代女性はすでに「さとり世代」なので、結婚しても離婚するかもしれない、結婚しても働く、という考えが頭の片隅にあるのではないでしょうか。

結婚という選択肢

昔は「女性は結婚するもの」として、結婚しない選択肢は与えられていませんでした。
結婚していなければ白い目で見られたり、差別されることもありました。しかし、現在は結婚してもしなくても自由です。

一概に結婚=幸せとも言えず、仕事をしながら家事育児をこなし、何も手伝ってくれない夫に嫌気がさして離婚するケースもたくさんあります。
ここからわかるのは、あくまで結婚は人生の選択肢のひとつに過ぎない、ということです。

もちろん結婚して幸せになる人もいますし、結婚を目指すことは悪いことではありません。
しかし、結婚してもできるかぎり仕事は続けた方がいいでしょうし、自分で自由に使えるお金は手元にあったほうが安心です。

結婚にすべてを捧げてしまうのではなく、今の生活の充実にプラスして結婚生活も取り入れる、という方がうまく行くのかもしれません。
けして結婚だけを人生のゴールと勘違いして、焦って結婚したり、結婚に人生を捧げてしまうようなことがないようにしましょう。

ずっと仕事は続ける

「ずっと仕事は続けましょう」というと「辛い」と考える女性は多いですが、そもそも仕事というのは辛くて苦しいものなのでしょうか。
もし、やりがいがあって楽しい仕事を見つけることができれば、やめずにずっと続けたいと思えるのではないでしょうか。

嫌な仕事はしない

人には向き不向きがあります。
また、その職場の居心地がいいか、職場の人が親切にしてくれるか、無理のない時間で働くことができるか、などの条件をクリアすることで、快適な環境で仕事することができます。

どんな仕事でも覚えてできるようになれば楽しいでしょうし、自分に向いている仕事であれば苦痛は感じません。
もし今の仕事が辛く、毎日苦しいのであれば環境を変える必要があるでしょう。

社会で自立し、自由に恋愛を楽しみ生きていくためには、まずは「嫌な仕事はしない」ということを徹底して、安心して働ける環境を探すことが重要です。
もちろん我慢や努力は大事ですが、報われない環境で身を切り刻んで働いても何も残りません。

ずっと続けられる自分にとってやりがいのある仕事を探すためには、場所や仕事内容の範囲を広げて探してみたり、雇用だけに限らず、フランチャイズや起業といったことにも視野を広げて可能性を模索してみましょう。

どこでも生きていける柔軟さ=自由

本当に自立し、恋愛もプライベートも楽しめる女性は、いつでもどこでも柔軟です。
恋愛においても柔軟であることは求められますが、柔軟であるためには「絶対に曲がらない芯」が必要です。

自由に生きるための芯

柔軟に恋愛する、と言えば「相手に合わせてあげる」ようなイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。
柔軟に恋愛できる女性は「あ、この人違うな」と思ったらすぐにお別れしますし、自分の意見はしっかり発言します。
状況には柔軟に対応しますが、むしろ自分を相手に合わせるのではなく「合わないと思ったら自分が率先して移動する」という感じです。

自由に生きる、自由に恋愛するとは、我慢して何かを消耗することではありません。
自分の芯を大切にして、その芯を守るために柔軟に対応することです。
幸せな恋愛をする人は、この「絶対に曲がらない芯」を持っています。
この芯があるから魅力的に見えますし、自分を大切にすることができます。

これから年齢を重ねるにつれ、自分の見た目や体型、周囲の環境も変わっていきます。
そういった変化に柔軟に対応するためにも、強い芯と柔軟性を身につけておきましょう。

過去や未来よりも「現在」

未来のことを考えて不安になることもあるでしょう。
または、過去に起こったことを思い出して辛い気持ちになっているでしょうか。
未来や過去を思い悩む必要はありません。
恋愛を充実させ、自身を自立させていくときに必要なのは「現在」です。

縦と横の自立

体が健康で、仕事があって収入があり、着る服があって、帰る家があって、食べ物にも困っていない。
このように、現在の自分を安心させるためには、ひとつひとつ土台を確認していくといいでしょう。

自分には魅力がない、モテない、彼氏ができない、楽しくない、と「ない」ものを数えていくと、無限に数え続けなければいけないからです。
今どんな状況か、今何をするのか、今何がしたいのか、という「現在」に主軸を置くことにより、次の行動を決めることができます。

恋愛においてもそうですが、10年後の自分を操作することはできませんが、今からする行動は必ず10年後の自分に影響します。
また、今どんな行動をしても過去は変わりませんから、過去を考える必要はありません。

このように、自立とは横の繋がり(周囲の人間関係や環境)のほかに、縦の繋がり(自分の生きている時間軸)からも自立していかなければなりません。
昔付き合っていた彼や、これから結婚するかもしれない男性を考えるより、今目の前にいる好きな人を重視し、じっくり向き合いましょう。

20代はまだ若い? もう若くない? 主役は自分!

20代と言えば、まだ学生の人もいますし、すでに社会人になっている人もいます。
ある程度業績を上げている人や、大きな成功を収めている人、結婚や出産を経験している人など様々です。

そのため、年齢が若いからといって一緒くたにすることはできず、いろんな年代の女性の中でも、とくに20代はバラエティが豊かだと言えるのではないでしょうか。
色も形も大きさも違うとなれば、比べることはできません。

20代女性はとにかく「今よりも成長する」ことが鍵です。
誰かと比べるのではなく、少なくとも「去年より成長できているな」という感覚を大事にすることです。
残念ながら不幸な恋愛を経験する女性もいますが、自立すれば見える世界が変わります。
主役は自分ですから、周囲に振り回されないように自分の道を歩いていきましょう。

The following two tabs change content below.
一般参加者

一般参加者

過去の講座参加者の方を中心に、一般の方からいただいた寄稿を掲載していきます。それぞれの人の人生観、考え方など、いろいろあって、面白いでしょう? あなたはどう思いますか?
好きな仕事で輝こう! あなたの「わくわくプチ起業」の始め方【セミナー@東京】