女性が起業を考えた時に何から始めたらよいのでしょうか?

今日はセミナーにご参加いただいた女性の声をご紹介します。
 

sakura
 

私は、40代後半のです。
最近の若い人は、就職ではなく、自ら起業をする女性が増えてきていると聞きます。
私も、独身時代を思い出して、そのような方々のご活躍を遠くから眺めている一人でした。
 

自分の強みを把握して起業している

注目を集めている女性起業家が、どのような職種でチャレンジをしているのかといえば、雑誌に出ているような、おしゃれなオーガニックや、マクロビオティックなカフェをオープンさせたり、脱サラ、ここで言う脱OLをして、ネイルスクールに通い、自宅でネイルサロンをオープン、開業している女性もいたり、お花の教室、フラワーコーディネートを教えるスクールを開業する方もいますし、その他にも、ピアノ教室や英会話など、単独でやる方もフランチャイズに参加する方もいて、実に様々です。

自分の強みをしっかり把握して開業をしてらっしゃる方々が多いのですが、こういった女性たちは、一体どこで自分の強みを見出し、さらに、起業について学んできたのでしょう? 私も起業したかったので、そこにとても興味がありました。
 

人とのつながりが大切

自分で経験して思いましたのは、やはり、実際に開業している方の元で学び、ノウハウを習得しながら気持ちを高めていくことが重要だということでした。
ビジネスはノウハウだけでなく、人とのつながりが大切です。
自宅で調べているだけではなく、本を読んでいるだけでもなく、人に会いに行くことがとても大切でした。

最近では、女性起業のためのセミナーが多く開催されています。
私が参加した自立18のセミナーもその一つでしたが、やはり動画で観たりメールを読んだ利しているのとは違い、学びが多かったです。
右も左もわからない状況でしたが、一つずつ順番に学び、相談ができたのが本当に良かったです。
 

The following two tabs change content below.
新名彬子

新名彬子

サポートスタッフ自立18
自立18でサポートスタッフを担当。「何にも縛られない自由な人生を!」をモットーに、どんなことでも体験したい32歳。自身の体験談や想い、お客様の声をコラムでお届けさせていただいています。