女性が一生働ける仕事は専門職~起業で自ら創り出す

女性が一生働ける仕事のひとつに「専門職」があります。
接客的な要素が強い専門職においては、女性の方がニーズが高いという現状もあり、女性が一生の仕事にすることも多いようです。

具体的な職業としては、医師、護師、栄養士、保育士、薬剤師、弁護士、公認会計士、税理士などが挙げられます。
飲食店の店員なども接客業ですが、アルバイトが多く、一生の仕事というイメージではありませんね。
 

独立
 

現在までの経験で起業してしまうケースも!?

実際、専門性が高い仕事ほど、女性であることがプラスになることが多く、一生働ける仕事となることが多いようです。
ただ、専門性が高くなるほどその職業につくことに時間がかかります。

資格なども必要となれば、計画的に勉強しておかなければいけません。
ただその分、一度なってしまえば過当な競争を避けられるので、一生働ける仕事となります。
看護師などは代表的なものですね。

高い専門性を持つことが、女性が一生働ける仕事を得る近道です。
確かに専門性の確立と言えば時間がかかりますが、決してその全てが学生時代から目標設定をしていないとなれないというわけではありません。

現在までの事務職経験や、趣味の経験を生かしてた専門性を打ち出して、起業する女性もとても多いのです。
 

趣味や特技を活かしたインストラクター業務も面白い!

大人になってからでも、それまでの経験で比較的簡単に目指すことができる専門職的な職業とは・・・?

代表的なものは「趣味や特技を活かしたインストラクター業務」です。
インストラクター業は、女性が一生働ける仕事の代表格で、既にたくさんの女性が活躍している分野です。

インストラクター業務においても高い専門性が必要ですが、社会人になってから始めた趣味を仕事にした女性も大勢います。
検討してみる価値はあるでしょう。

また、「教えるほどの特技がない!」とおっしゃる人も多いのですが、初心者を相手にすればよいわけですし、講習などを受講することでレベルを高めることもできますので、誰にでもチャンスはあります。

「できない!」と言ってしまえば、そこで終わってしまいますが。。
 

自分が興味のあるジャンルで!

今から趣味を作ってインストラクターというとさすがに厳しいかもしれませんが、カウンセラーやコーチなどの民間資格もたくさんありますし、自分が興味のあるジャンルの勉強をしてみるのはよいかもしれません。
例えば、キャリアカウンセラーや、自立18の認定コーチなどは女性が一生働ける仕事になり得ます。

最近、私の周りで多い女性の手に職、一生働ける系のお仕事では「日本語教師」などもありますね。
教えるにはそれなりの勉強をしなければなりませんが、比較的簡単に誰でも取れる資格だと言えます。

これから日本に来る外国人も増えるでしょうから、面白い仕事でしょうね。
ただ、日本国内での求人はアルバイトやパート勤務ばかりで、そういう部分が変わってこない限り、一生働ける仕事とは言えないかもしれません。
(発展途上国における日本語教師のニーズは高いですが。)
 

一生働ける専門職を作りだして、それを仕事にする!

せっかく良い仕事、手に職がつけられる専門職が存在していても、それが人がその人のために作りだした仕事である以上、理想の一生働ける仕事にはならないことがあるのです。
それが、多くの女性が小さいプチ起業を目指す理由の一つでしょう。

独立・起業は思うほど難しくありません。
やり方を勉強して、プロに助けてもらいながらやればいいだけなのです。

一生働ける専門職を作りだして、それを仕事にする。
安定して、笑顔で暮らすために、やっていただきたいことの一つです。
 

The following two tabs change content below.
新井一@自立18主宰

新井一@自立18主宰

「180日で起業できる」メソッドを伝授する起業支援の専門家。サラリーマン時代、23歳で会社員のまま起業。2007年、起業支援をスタート。全国で1000回を超えるセミナー・講演、10000件以上の起業相談に応じてきた実績がある。