女性が45歳から起業を考えるのは遅い? どうすれば独立できるの?

45歳の女性。
 

考える女性
 

子育てがひと段落ついた所という方も、独身で働いていらっしゃる方も、実に様々な女性がいらっしゃいます。
熟年離婚も多い今は、45歳で独身に戻っている女性も多いでしょうね。
 

45歳の女性は起業できるのでしょうか? 遅くない?

メールをする女性
 

50代が平均寿命だった大昔なら、45歳と言えば、もう余生を楽しむ年齢ですよね。
でも、今の時代、45歳の女性なんて、正直まだまだ若いです。

起業家は確かに若年化しています。
でも、見た感じ、男性の方がより若年化していますね。

45歳、一般的に言えば、気力も体力も落ちてくる年齢です。
でも、私の周りには、パワフルな女性が多いです(^▽^)

私個人的には、女性の45歳からの起業は全然遅いとは思いません。
気持の問題ですよね。
  

45歳から女性起業で心配なのは・・・お金

手のひらにガラスの地球儀
 

45歳の起業で心配なのは、体力でも気力でもないと思います。
実は、お金が一番心配。

特に結婚していない場合、老後含めて、お金の心配は尽きません。

女性だからということは言いたくありませんが、女性が70歳まで働いているイメージが、私の中にはまだできていません。
男性なら、工事現場とか農家とか、ガードマンとか、70歳くらいの人をよくみかけますけどね。

45歳、仮に独身とすれば、女性だってある程度の貯金をしていますよね。
正社員や30代くらいまで実家にいた人などは、1000万円以上は持っている人が多いと思います。

その資金を取り崩してまで、起業に投じられるのかどうか。
そこが個人の資質であり、また、持っている起業ノウハウの差だと思います。

私は、最初は、小さく起業するべきだと思います。
会社員のまま、自宅で、机とパソコンくらいで始めるものがいいと思います。

いろいろなスタイルがあり、資金が少なくても起業できますから、思い込みを捨てて調べてみることをお勧めします。
 

45歳の女性起業こそ、自信を持ってほしい

大きなイチゴと小さなイチゴ
 

また、(正直、45歳にもなって)何をするにも自信がないとおっしゃる方も多くいらっしゃいます。
そういう方は、新井さんの話を聞いてみてもらいたいです。

生き方についての感度というか、考え方がガラッと変わると思います。
そして、何より最大の敵である「自信のなさ」がなくなります。

本当は新井さんの話なんか聞かなくても(笑)、すでにすべての女性が持っている力なのですが、自信がないとおっしゃる方は試してみてください。

難しいことはありません。
セミナーや面談で、新井さんは誰とでも気さくに話してくれますから。
 

一度きりしかない人生、おもうがままに生きなきゃ!

ガッツポーズをする女性
 

世の中、特に企業の採用は、法的には年齢を指定して求人広告を出すことは禁止されているものの、内心では若い人を求めていることが多いですね。

ですが、起業の場合、そんなことは無関係です。
起業するのであれば45歳の女性であろうが、60歳であろうが関係ないのです。

配偶者に遠慮して、世間に遠慮して、大人の女性でいる必要はありません。
あなたを表現するのは、何歳だっていいのです。

一度きりしかない人生をおもうがままにいきるために、やりたいことを思いっきりやりましょう!
 

The following two tabs change content below.
新名 彬子

新名 彬子

サポートスタッフ自立18
自立18でサポートスタッフを担当。「何にも縛られない自由な人生を!」をモットーに、どんなことでも体験したい32歳。自身の体験談や想い、お客様の声をコラムでお届けさせていただいています。