女は起業をすることによってひとりでも生きていける!

今日は講座参加者に頂いたコラムのご紹介です。
 

思いを持つ女性
 

一昔前までは、私の周りでは、女性は30過ぎまでひとり身でいることは少なく、20代で結婚する人が多かったです。
今では、会社でも32歳くらいまでひとり身の人が多いです。

私の母の時代は、大学卒業後は仕事をせずに、結婚をして専業主婦になる女が圧倒的に多かったそうです。
最近では、当然のように男性と同じように仕事をする人が増えています。

女性も男性に経済的にも頼ることなくひとりで生きていけるようになったためか、私の友人たちも離婚して子育てをしていたり、いろいろな人生を選んでいます。
 

働く女性に対する勘違いが多い!

昔は、男は仕事、女は家庭というイメージが世間一般に根強くありました。
しかし、実際には仕事の能力が高い女性はたくさんいます。

せっかく仕事をする能力が高いのに、その能力を活かせないのは勿体ないことです。
企業としても能力の高い人を雇えないのは残念なことだと思います。

ただ、女性がバリバリ仕事をするようになると、会社によってはいろいろ風当たりも強いみたいです。
恋愛や結婚はどうなった?などと茶化されたり、あまり良い思いをしないこともあるようです。

仕事が大好きだったり、仕事の能力が高いキャリアウーマンタイプの女性は、恋愛をしたり結婚をしたりするタイミングを逃して、気が付けば何年も自分には彼氏がいなくて、長い間ひとり身だったということがよくあります。

また、そのイメージから、働く女性は皆そうなると勘違いしている男性が多いのも事実です。
実際は、恋愛もしっかりしていて、仕事もバリバリやっている女性はたくさんいます。
 

プチ起業から始めて大きくしてきました

確かに女性の晩婚化が進んでいて、40歳でもひとり身の女は多いですが、やはり女性が年齢を重ねて不安になるのが仕事。
特に転職です。

長いこと勤めていれば、ひとり身で生活に困ることはほとんどないです。
ですが、この先どうなるんだろう? いつまでもここにいれるのかな? このままでいいのかな? と思うと不安になる女性が多いようです。

そうなれば、やっぱり起業がよいと思います。
私も起業しましたが、やって本当に良かったです。

小さく始めればリスクもありませんし、誰でもできるものだと感じています。
自立18みたいな支援団体がありますから、セミナーなんかに行って勉強してみることから始めるといいと思います。

私もそうしてプチ起業と言われるものから始めて、少しずつ大きくしてきました。
今は親を養うことも可能になりました。

自立18に行ってから起業してよかったです!
 

The following two tabs change content below.
新名彬子

新名彬子

サポートスタッフ自立18
自立18でサポートスタッフを担当。「何にも縛られない自由な人生を!」をモットーに、どんなことでも体験したい32歳。自身の体験談や想い、お客様の声をコラムでお届けさせていただいています。