女性起業家は努力ではなくアイディアで勝負!

世の中には色々な仕事があります。
中でも理想なのは高収入で楽な仕事ですが、そんな仕事があるわけがない!・・・と嘆くのはちょぴり早いです。
 

独立
 

楽に稼げる仕事が無ければ「自ら起業」すればいいんです。
仕事を取る為に汗水垂らして挨拶回りをし、寝る間を惜しんで技術を磨くなんてことは、時間と体力の有り余った男性起業家達に任せておけばよいのです。
 

女性の方が比較的早く起業意識する!

女性起業家は頭を使ったアイディアで勝負しましょう。
技術や体力も必要とせず、仕事の合間にちょっとお手洗いで、家事の合間にちょっとだけ休憩しながら、あなたらしいアイディアを練る時間を作ることは容易なはずです。
毎日10分、そんな習慣をつけてみましょう。

男女平等の時代だからこそ、アイディア勝負で秀でている女性が活躍できるのです。
月に一週間働いて、数十万~数百万の収入が得られれば、時給千円以下で毎週5日働いてた時代が馬鹿らしく懐かしくなります。

多くの女性起業家は30代~40代で起業しています。
男性の場合、長年経験を積んだ上で、定年後や50歳半ばになる頃に起業を考える場合も多く、女性の方が比較的早く起業意識するのです。
 

資金といってもそれほど大きなものではありません!

起業のアイディアなんてすぐに見つかるはずがない!
そう考える前に、女性ならではの観点で家の中を見渡して見ましょう。

アイディアと言うものは何もない所から湧き出るものではなく、連想することで発見するものです。
家事をしていると、こんな道具があったら便利なのに~など誰もが一度や二度思いますが、その思い付きをそのままにせず、形にする事こそ起業なのです。

起業する為にアイディアの次に必要になるのが資金ですが、専業主婦の場合は家計をある程度自由に出来るので、毎月節約して起業資金を積み立てるのも一つのアイディアです。
実際、業態にもよりますが資金といってもそれほど大きなものではありません。
数万円でも充分に可能なのです。
 

女性ならではのアイディアで誠実な商品を提供する!

会社で働いている女性なら、自分の収入を自由にできますから、資金に困らない分早く起業できるでしょう。
女性だからと言う理由で肩身の狭い思いをする時代はもう終わりです。

一つの会社に骨を埋めるよりも、自分の理想の会社を探すよりも、アイディア一つで自分の思い通りになる会社を作る時代が来たのです。

男性の多くは起業をすると言ったらとことん上り詰めて会社を大きく、夢は年商10億、20億と欲を描き自滅しますが、女性の場合は一つのアイディアが大当たりして、年商1億も稼げれば充分と言う人が多いです。
それで良いと思います。

大きすぎる欲は破綻します。
女性ならではのアイディアで誠実な商品を提供する。

これがこれからの新しい起業の形です。
 

The following two tabs change content below.
新井一@自立18主宰

新井一@自立18主宰

「180日で起業できる」メソッドを伝授する起業支援の専門家。サラリーマン時代、23歳で会社員のまま起業。2007年、起業支援をスタート。全国で1000回を超えるセミナー・講演、10000件以上の起業相談に応じてきた実績がある。