女性こそ起業!専門職に就けなかったあなたにも、一生の安心と安定を

日本社会では、「男性が働いて稼ぐ」、「女性は家事や育児をする」という風潮が、長い間続いてきました。
 

帽子の写真
 

しかし、今では共稼ぎは当たり前。
男性の稼ぎだけに頼る生き方は、非常にリスクの高い選択になっていますし、そもそも生活が成り立たないというケースも多くなっています。

また、長く続いたデフレの影響もあるのか、経済力がある男性も少なくなっている気がします。
もはや、昔ながらの「白馬の王子様がやってきてプロポーズされ、大きなおうちで専業主婦」を期待するのは難しいでしょうね。

今は、少なくとも私の周りでは専業主婦が珍しい存在になっていて、女性も遅い時間まで頑張って働いている人がとても増えています。
 

長い目で見れば、会社員より起業することを考えた方が安心

仕事に疲れた女
 

女性が男性同様に働くことが当たり前になり、朝の満員電車ではくたびれた顔をしている女性を、帰りの電車ではヨレヨレのスーツで口を開けて寝ている女性をよく見かけます。

自分で稼いで食べていくことが当たり前になったとは言え・・・、こんなになる必要があるのかな?
時にそんな風に思います。
ヨーロッパのようなワークライフバランスは、日本では定着しないのかなとも思いますし、仕事がストレスになってしまう環境は変えていきたいなと思います。

企業に勤めることもひとつの働き方ですが、くたびれた生活を続けたくない、しかし、一生続けられる仕事を持ちたい女性は、起業を視野に入れることが必要だと感じます。
 

女性こそ起業して稼げることを知ってほしい

横になる若い女性
 

女性が一生働ける仕事というと、専門職をイメージする人が多いと思います。
医者、看護師、弁護士、公認会計士、栄養士、教師、薬剤師、保母、介護士などが代表的な職業ですね。

ですが、体力的にも大変ですし、人間関係も疲れるでしょう。
また、一般の事務職、派遣の方などは、一生続けることは厳しいのが現実です。

会社員として仕事を続けていくつもりなら、女性が多く活躍している企業に入社することも肝心で、企業文化が大きく影響します。
特に大企業の体力は大切で、育児休暇などにも寛容で、託児所などを提供してくれるような企業があれば、景気の良い今のうちに転職しておくことも、ひとつの人生戦略であると思います。
 

ただ、長い目で見れば、やはり起業した方が安心です。
 

自分の裁量で、自由に好きなことで起業することができますから。

私は、女性こそ、起業が成功し易いと感じています。
日頃、女性の支援をしていて、そう思うのです。

何せ、たくさんの人に応援してもらえます。
動画ひとつ撮影しても、これは現実として、男性より女性の方が人気化することが多いです。
インスタにしても同じです。

起業は、どんな人でも、やる気さえあれば実現することができます。
人生をもっと楽しみましょう!
 

The following two tabs change content below.
新名彬子

新名彬子

サポートスタッフ自立18
自立18でサポートスタッフを担当。「何にも縛られない自由な人生を!」をモットーに、どんなことでも体験したい32歳。自身の体験談や想い、お客様の声をコラムでお届けさせていただいています。