女性のニーズを的確に捉えて賢く起業するためのコツ

女性の社会進出が進み、自分のキャリアを積む人が増えています。
そのようなキャリアを積む一方で、仕事と子育てを両立している方も少なくありません。
 

プチ起業
 

仕事と家庭、そして育児との両立は容易なことではありませんが、人の手を借りながら人生を充実させている女性は少なくありません。
 

どうしても人の手を借りなければなりません

最近、働く女性のニーズを捉えた新しいビジネスが増えています。
働く女性が増えたことにより、仕事と家庭、そして育児を両立させるためには、どうしても人の手を借りなければなりません。

近くに育児を手伝ってもらえる祖父母がいれば、子どもの送り迎えや仕事が終わるまでの時間面倒を見てもらうことができますが、都会の場合は核家族が多く、祖父母の手を借りながら子育てと仕事を両立させるということは容易いことではありません。

そこで、忙しい女性のために生まれたのが、託児所というニーズです。
託児所は慢性的に不足しており、都市部では順番待ちのところが多いです。
そこで、民間の起業家がニーズに合わせて起業することで、不足している託児所を補うことが出来るのです。
 

働く女性のニーズにあわせた起業が成功の鍵

キャリアを積みたい女性は、男性と同じように、負けずとも劣らず働かなければなりません。
そのために、定時に帰宅できるということはほとんどなく、帰宅が夜遅くになってしまうこともあります。

ただ、夜遅くまで子どもを家に一人にしておくことは、とても不安に感じることであります。
そこで、民間の起業家が働く女性のニーズに合わせて託児所を起業しています。

起業した託児所は、夜遅くまで子どもを預かってもらうことができるので、ニーズに合わせた企業運営を行なっています。

起業家にとって託児所の起業は現在狙い目です。
先程にも述べたように、託児所の数が慢性的に不足しているということがあります。

また、最近では起業ではなく、NPOを起業する若い人材も増えています。
NPOは、営利目的ではなく、人々のニーズに合わせて起業することができます。

働く女性のニーズと子どもの安全を第一に考えたNPOが増えています。
働く女性のニーズを汲み取った託児所は、女性の間で好評です。

働く女性のニーズにあわせた起業が成功の鍵です。
 

The following two tabs change content below.
新名彬子

新名彬子

サポートスタッフ自立18
自立18でサポートスタッフを担当。「何にも縛られない自由な人生を!」をモットーに、どんなことでも体験したい32歳。自身の体験談や想い、お客様の声をコラムでお届けさせていただいています。