自分を変える、人生を変える習慣

山田直子@自立18公式ライターです。
 

身体の固い女の子
 

ちょっと習慣を変えただけで、人生が変わると聞いたら、あなたは信じられますか?
劇的に変わる人生もありますが、それだと負荷が大きすぎて、波瀾万丈の人生になりかねません。
でも、毎日少しずつ意識して習慣を変えてみるだけで、人生に変化を起こせるとしたら変わりたい!と思うのでは?

厳しい世界で成功を収めた人たちに共通していること。
それは「習慣を大切にしている」ということです。

起業を目指している人もいると思いますが、ならばそういった世界で成功している人たちは、いったいどんな習慣を身につけているのか?
人生をもっと楽しく充実させるための習慣はどんなことなのか? を探ってみたいと思います。
 

なぜ習慣が大事なの?


 

おそらく「習慣」のない人などいないと思います。
朝起きて歯を磨くのも習慣、健康のために一駅歩くのも習慣、寝る前に本を読んでから眠りにつくのも習慣です。

私たちの日常は習慣に支配されているといってもいいかもしれません。
いい習慣、悪い習慣がありますが、習慣が私たちに及ぼす影響を考えたことがありますか?
振り返ってみて下さい。
今のあなたは、あなたの習慣の結果なのです。
 

毎日の習慣を積み重ねれば、それはあなたの一部です

例えば、あなたにヨガの習慣があるとしましょう。
ヨガは呼吸法、瞑想法、姿勢が三位一体となり、本当に効果のあるものとなります。

精神を統一するために姿勢を正し、呼吸法で心を安定させます。
その状態で、目を閉じただひたすら「無」の状態を維持するのです。
「無」の状態を作り出すというのは、すぐにできることではありませんが、回数を重ねていくとコツがわかりできるようになります。
それを継続していくことこそが、習慣の力です。
 

脳に快感を覚えさせて習慣化!

ヨガをしたことがある人ならわかると思いますが、ヨガをすると、全身がスッキリし体が軽く感じます。
呼吸によって精神を統一するうえ、思考や感情を「無」にして今に集中するので、雑念がシャットアウトされ、頭から足先まで浄化されるるためです。
その後のパフォーマンスの結果は、火を見るよりも明らかで、100%の力を発揮できます。
一度、その快感を脳に覚えさせれば、「またやりたい! 」という信号が発信されるので結果、習慣化しやすくなるのです。
ヨガも勿論、おすすめですが、自分に合った、方法で脳をリラックスさせて、良い刺激を覚えさせましょう!
 

朝の習慣で人生が変わる

青空の下で手を広げる女の子
 

そう言うと、早起きしたくらいで人生変わるのなら、とっくにやってる。
と言われてしまいそうですが、これは事実です。

皆さんにも経験があると思うのですが、例えば、朝からつまらないことでパートナーと喧嘩になったとします。
そうすると、どういうわけかいろいろな場面で、悪いことが続くようになります。

「今日は最悪な1日だったな」
1日を振り返った時、こんな風に思ったことはないですか?
それならば、朝のスタートを気持ちよく始めることです。

まだ起きている人が少ない時間帯は、街の空気も澄んでいて、静けさの中に鳥のさえずりや緑の葉が絡む音などが、とても神聖な気持ちにしてくれます。
普段住んでいる家の周辺を、ゆっくり散歩すると、意外に気付かない事が隠れているかもしれません。
ゆっくり深呼吸しながら、朝の習慣を作ってみて下さい。
 

目的を持って始める

仕事が深夜に及ぶこともあるし、朝型の生活なんて無理! という人もいるでしょう。
確かに健康の要となる睡眠時間を削って朝方の生活にしても、昼間ものすごい睡魔に襲われそうですよね。
それじゃ、パフォーマンスをあげるどころか下げてしまいかねません。

ポイントは、一気にガラリと変えなくても良いということです。
少しずつ、できる時だけでも構わないので、実践してみましょう。

その時に目的を持ってやることが、更にスムーズな習慣化を促すポイントです。
早起きしたところで何もやることがないのは、意味がないので、なにか目的を作りましょう。

ウオーキングするでもいいですし、それこそヨガはおすすめです。
ほかにも、実益に結び付けたいのであれば、プチ起業のために必要なスキルを身につけるとか、副業をするとか、目的を達成して喜んでいる自分をイメージして取り組んでみると、習慣化しやすいのではないでしょうか。

楽しくできることがベストですね。
 

気持ちいい朝のための夜時間の使い方

夜は自分のために時間を使いましょう。
特に大事なのは、「ひとり時間を持つ」習慣をつけて下さい。

身体のサイクルから言っても、夜はエネルギーを集中して何かをするには、適さない時間なので、朝から頑張った自分を解放してあげる時間にしましょう。
少し贅沢なバスタイムを過ごしたり、本を読んだり、体のメンテナンスをしてあげたりして、自分を労わって下さい。

読書は、自己啓発などの本もいいですが、小説など想像の世界に連れて行ってくれるものだと、空想が楽しめて夜にはピッタリですね。
リラックスするということも、次のパフォーマンスを高めるには絶対必要なことです。

メリハリをうまくつけることで、楽しみながら習慣化させていきましょう。
 

健康は人生の宝です

白人女性-明るい-瞑想
 

成功している人、充実した日々を送っている人、どちらにも言えることが「健康志向」だということです。
仕事ができるのも、世界中を旅することができるのも、体が健康であればこそです。

日頃からの健康管理を習慣化しましょう。
 

食べたもので身体は作られる

当たり前のことですが、食べたもので私たちの身体は作られています。
「食べ物を変えただけで、血糖値が下がった! 」とか「粗食にしたら、肌の調子が良くなった。」
という話は、よく聞きますよね?

それだけ食べ物の影響は大きいのです。
自己管理のできている人は、健康管理もできているので、誘惑に負けやすい「食べ放題」などあまり行きませんし、やみくもに食事を減らすのではなく、基本となる栄養学をしっかり身につけています。
 

人間本来の生活リズムを取り戻しましょう

人間は太古の昔から、日が昇ったら起きて狩りに出て、日が沈んだら寝る。
という暮らし方を何千年と続けて来ているのです。

今は、日が沈んでも煌々と明かりが照らされていますし、24時間営業のコンビニもあり、現代人の生活スタイルも昼夜の区別がなくなってきていると言わざるを得ません。

しかし、本質が変わるわけではなく、人間の営みとしての生活リズムを戻してあげることが、より充実度の高い人生になるのではないでしょうか。
全ては、健康な身体があってこそだということを忘れないでいたいですね。
 

自分を変える、人生を変える習慣・まとめ

道を歩いていく女の子の足元
 

日々の積み重ねである習慣が、こんなに人生に影響してくるとわかれば、悪しき習慣は改めるチャンスです。
何十年と身についた習慣をすぐに変えるのは、考えるほど容易なことではありません。
脳は、変わることを嫌う性質があるので拒絶反応を起こすこともあります。

でも、それでも変わるメリットがあるのであれば、それを乗り越えなければなりません。
「変わることを楽しみ、ワクワクする」ことで人生を変えていきましょう!
人間開発の神様と言われたアール・ナイチンゲールの言葉です。

「人間は自分が考えているような人間になる」

なりたい自分が頭の中ではっきりイメージできていれば、そのために取るべき行動、やらなければいけないことが自ずとわかります。
習慣を変えるということも、イメージを具現化するために必要な手段となります。
なりたい自分をイメージして下さい。
そして今から、そのための行動を習慣化していきましょう。
きっと望む未来がそこにはありますよ。
 

The following two tabs change content below.
山田 直子

山田 直子

百貨店の事務や通販オペレーターを経て、現在はフリーランスとして活動中。自立したい想いがありながら、まだゴールできていない女性を支援している。自立することで、自分の人生を自分で作る喜びを感じてほしい!