自立した女性になるために考えたい、精神的自立について

女性として自立して生きるためには、「精神的に自立」することが大切です。
 

たんぽぽ-清楚-ひとり
 

経済的な自立とどちらが先なのかというご質問もよくいただくのですが、病は気からとも言いますように、仮に経済的にどれだけ頑張っていたとしても、精神的に不安定で何かに頼っていなければ生きていけないなどの状態では、自立した生活はいずれ立ち行かなくなります。
 

大きな問題を抱えている女性

慰めのハート
 

とある裕福な男性の「愛人」をしているというシングルマザーの方とお話をしたことがあります。
その女性は、今の仕事先を退職して、今後はその男性の経営する会社で働くと話していました。

その女性は、心に大きな問題を抱えていました。
「男性と上手く行かなくなったら、自分はこれからどうなってしまうのだろう・・・」という恐怖にも似た感情にいつも支配されており、実際にその男性と上手なコミュニケーションができていなかったため、常に不安定な気持ちでいたのです。

私はその女性に、

「現状のあなたは物理的にはとても恵まれてはいるけれど、精神的にはとても不安定である」

と指摘し、男性との話し合いを行うこと、そして、その男性と上手く行かなくなることを前提に人生を考えておくことをアドバイスしました。
今思えば、随分と余計なことを言ったものです。。
 

仕事と恋愛には要注意!

出来上がったスムージー
 

このように、仮に経済的に恵まれていたとしても、心の支えがなくなると人間は簡単に不安定になってしまいます。
それを防ぐためにも、とりわけ社会的な「弱者」になりがちな女性は自立を目指すことが必要ですし、何か一本、すっと通る支柱のようなものが必要であると思います。

それが何であろうと構いません。
ただ、「会社での仕事」あるいは「恋愛」、この2つを支柱に選ぶことには私はあまり賛成しません。

何故ならば、上述の女性のように「恋愛」を支柱にしている場合、女性はとかく不安定になりがちです。
私は多く女性の悩みを聞きますが、自立をしたいという話を掘り下げていくと、たどり着く悩みの多くが「恋愛」「結婚」「生涯独身・・・への恐怖」であることも多いのです。

また、自立した女性にとっては問題がないようにも見えますが、「会社での仕事」も厄介なものです。
というのも、「自分の骨格」とも言える心の支柱に「仕事」を選んだとき、現在の社会情勢ではあまり頼り甲斐のあるものではないということが一つ。

もう一つは、「自分を支えるものである」としがみついてしまったとき、他人の意志でリストラされたら全てを失ってしまうからです。
それ故、他人に人生を支配される潜在的な恐怖から、仕事に対して盲目になり、「自分は間違っていない」と、ヒステリックになってしまったりもします。
 

自分を信じ、「恋愛」や「会社での仕事」以外の柱を持つ

南の島で羽を広げる女子
 

このように、何かひとつのこと、特に「恋愛」や「会社での仕事」を生きがいにすることは、脆く怖いものであると思うのです。
自分を信じて、自分を生きがいとすること、自分が人生の操縦桿を握ること、それこそがゆるぎない自立となるはずです。

自分は自分を裏切りません。
自立をしている人は、自分を信じています。

自分を信じ、恋愛と会社の仕事以外の支柱を持つこと。
プチ起業をすることも、その市中のひとつになるでしょう。

心にゆとりを持ち、ゆっくりと自分と向き合って考えて欲しいと思います。
 

The following two tabs change content below.
新名彬子

新名彬子

サポートスタッフ自立18
自立18でサポートスタッフを担当。「何にも縛られない自由な人生を!」をモットーに、どんなことでも体験したい32歳。自身の体験談や想い、お客様の声をコラムでお届けさせていただいています。