家でできる在宅プチ起業を体験中です!

今日はクライアント様の体験談のご紹介です。
 

私は専業主婦ですが、ずっと自分でビジネスをしてみたかったんです。
ですが、介護もしているので自由にならず、在宅でできそうなプチ起業に興味をもっていました。
 


 

勇気を出してみて本当に良かった!

最初は何から始めてよいのかもわからなかったのですが、本を買って少しずつやってみました。
失敗してもいいや(旦那に内緒で)と思っていたので、やれたのだと思います。

今振り返れば、勇気をだして挑戦してよかったです。
いつまでも悶々と悩んでいたら、今日の私はなかったと思います。

結婚をして共稼ぎをする毎日だったのですが、ある日突然母親が倒れ、外に出ることができなくなりました。
あの時、絶望していたことを考えれば、今の生活は信じられないくらい充実しています。

母と一緒に過ごす時間も十分に確保でき、自由な時間も増えて本当に幸せです。
 

ヤフオクで自分で手作りしたアクセサリーの販売

今はヤフオクで自分で手作りしたアクセサリーの販売をしています。
これが意外と利益になって驚いています。

在宅で働く仕事を探したときには、いわゆる内職ばかりでやりたい仕事が全くなく、本当に頭を抱えてしまったことを覚えています。
それでもやらなければならないかと、半ば諦めかけていたときに思いついたのが、このアクセサリー制作と販売だったんです。

私がラッキーだったのは、私の友達に同じことをしている人がいたことです。
その友人にも勧められていたのが大きかったです。
すぐにその友人に概要を教えてもらいに行き、その後は本を買って自分で勉強しました。

自立18のセミナーに出たのもその当時です。
基礎的なビジネスの流れを学んでおきたかったのです。

パソコンも準備して、得るものを準備して、3ヶ月ほどで全てを整えることができました。
始めてみるとすぐに安いものから売れ始め、利益はあまり出ませんでしたが数は売れるようになってきました。
今は少しでも利益を伸ばすためにあれこれ工夫していますが、それもとても楽しい毎日です。
 

コツコツと仕事するのが好き

私はもともとコツコツと仕事するのが好きなため、この仕事が向いていたのだと思います。
長続きさせるには好きじゃなければならないと新井さんにいつも言われていました。

まったくその通りだなと今実感しています。
おそらく内職やパートをしていたとしたら、すぐにめんどくさくなってつらくなってしまっていたと思います。

少しでも家計の足しになるように頑張っていますが、注文が相次いで入ったりすると毎日がとてもいそがしいです。
家事と介護の両立をしながらアクセサリを制作し、それを販売する。

考えてみれば、すごい作業量だなと思ってしまうのですが、楽しいので苦痛ではありません。
寝る前の空き時間なども活用して、どんどん作業進めています。

やってみるとプチ起業は難しいことではなかったですが、商品を作っている時は結構なプロ意識が必要だったりと、仕事をしている感覚があります。
時間でお金をもらう仕事ではないので、売れなければ1円にもならない。

その感覚が自分の緊張感を保ってくれて、とても良い刺激になっています。
どういった商品が売れているのかの傾向も友達に聞いたりしながら頑張っています。
 

プチ起業は一人でやるものじゃない!

プチ起業をするのは自分一人だと勝手に決めていましたが、主人に相談してみると応援してくれたり、たまに手伝ってくれることもあったり心強かったです。
もちろん、友達も、自立18で知り合った先生も色々と助言してくださり、本当に助かっています。

資金や材料の調達も、一人で悩んでいたら、なかなか進まなかったかもしれません。
家で仕事ができるということに対して、感謝することも忘れてしまったかもしれません。
家族との時間も大切にできるプチ起業を教えてくれた皆様には、お礼をきちんとお伝えしたいと思っています。

経済的にはまだまだ満足していませんが、パートをするのと変わらない、それ以上の収入を得ることができ、やりがいも感じています。
もともと経験を積んで、お客様に喜んでいただける商品をたくさん作って、みんなにアクセサリーを楽しんでもらえたらと思っています。

頑張ります!
 

The following two tabs change content below.
新井一@自立18主宰

新井一@自立18主宰

「180日で起業できる」メソッドを伝授する起業支援の専門家。サラリーマン時代、23歳で会社員のまま起業。2007年、起業支援をスタート。全国で1000回を超えるセミナー・講演、10000件以上の起業相談に応じてきた実績がある。