女性が一生できる仕事で夫や両親に頼らず生きるには?【体験談】

新名彬子です。
今日も、講座にご参加された女性の体験談をご紹介します。
 

花
 

女性が一人で働いて生計を立てることは、本当に難しいと感じています

考える女性
 

私は普通の会社員です。
もう35歳。

何か特別な資格や特技があるわけでもなく、普通の事務職です。
会社には今年も若い女子社員が入ってきました。

今のところ何か言われるわけでもありませんが、なんとなく居心地の悪さも感じています。
そのうち会社に留まるだけで精一杯で、「お給料上げて欲しいなんてとんでもない!」なんて思われる立場になるのでしょう。
いや、すでにそうなっているのかもしれません。

独身で、年収300万円程度。
この先どうやって生きていくのか、とても不安です。
 

普通の事務員は一生できる仕事ではないと思います

パソコンをしながらコーヒーを飲む女性
 

私のような何もスキルのない普通の事務職の社員が、安定した仕事と言えるのでしょうか?
正社員なので、派遣の友達からは、いいなぁと言われます。

ですが、全くそう感じません。
この何のキャリアにもならない仕事が、一生できる仕事かと言われると疑問を感じるのです。
「女の子だからこの程度の仕事で」みたいなことを言う職場なので、長くいてしまって堕落した今、他に行く自信もありません。

そもそもこの年齢では、転職先の選択肢は、もうないに等しいですけども(^_^;)
これは男性でも同じとは思いますけれど、女性はもっと厳しいですね。。

毎年、新人が入ってきて、若くて優秀だったりすると、ますます不安になってきます。
すぐに辞めちゃう人も多いし、結婚してしまう人も多いけれど、新人が入ってくると、「私がずっとできる仕事ってあるの?」と、真剣に考えたりします。
何より私が自分が残念なのは、これまで今の会社にいただけという人生をちょっぴり後悔してしまっていることです。
 

一生できる仕事は「資格が必要」な仕事だけでしょう

自立18セミナー
 

私の場合、「女性が一人で一生できる仕事」と言えば、難しい国家資格を持った職業、職人が思い浮かびます。
私の親は職人でした。

一生できる職業の資格だからこそ、合格も難しくて時間もお金もかかりますよね。
中には学歴に関わってくる資格もあるので、誰もが受験できるものではないため、私は今から取ろうと思っても無理です。

そういう資格を持っている人は、人生の早い段階で将来を見据えて、一生できる仕事をするために自分の進路を決めていった人たちなんだな、と感心してしまいます。

私のいる会社でも、男性と同等に仕事をしている女性がいます。
そのような人は全体の一握りにすぎませんが、それでもそういう人もいるんです。

でもちょっと疑問に感じるのは、うちの会社の場合は、その女性たちは例外なく独身で、そして「仕事のために生きてきました」という男勝りな感じのする強い女性たちです。

彼女たちも、結婚や子育てをしたかったと思っているのかな。。。
女性だからこその制限があったり、結婚を真剣に考えられない環境があったのかもしれません。

私の場合、今更自分の進路を悔やんだところで何も解決しませんが、彼女たちのようにキャリアを積み重ねたわけでもなく、普通の事務職で、さらに結婚もしていません。
ちょっとイタイと思ってしまう自分がいますが、だからこそ、一生できる仕事を見つけなければなりません。
不安です。

資格や努力なしではそんな仕事は見つからない。
そんな簡単には就けないと思うのです。
 

多くの女性が一度は注目する仕事【医療事務・介護福祉士・看護師】

菜の花畑で空を指差すとってもポジティブな女の子
 

女性の人気のある資格、仕事と言えば、医療事務、介護福祉士、看護師などが浮かびます。
私の友人の何人かも、その仕事についています。

確かに一生できる仕事のように思えます。
しかも女性向きの仕事内容で、女性の多くが一度は注目する仕事ですよね。

看護師などは大学も増えていて、大人気だと聞きました。
医療事務においては学生も転職組も人が殺到していて、求人の空きが少ないらしいです。

でも、結局、中に入ってみれば、年を取れば若い人が入ってくる度に居場所が減って不安になるでしょうし、しがみついて働くしかないのかなぁとも思ってしまいます。
病院なんかはきっと女性だらけの職場で、女同士の付き合いに失敗すると仕事を続けることが難しくなるなんてこともありそうです。

介護福祉士になった友人は、想像以上に体力がいる仕事だと言っていました。
体力に自信のない女性には無理だと言っていましたし、お給料もとても安いそうです。

人のお世話をする系のお仕事は、日本人が減って外国人が多くなる方向だと言っていました。
また、職場でのスキルアップも必要とされ、日勤だけで楽に稼ぎたいと思っていると痛い目にあうとも聞きました。

やっぱり人に自分の立場を他人に委ねている限り、そして自分で仕事内容を決められる自由がない限り、一生できる仕事はないのでしょう。
 

私は起業、独立を目指して行動してみようかなと思います

ネモフィラについた雨粒
 

女性の場合、特に派遣の人は職場がコロコロ変わるので、転職を繰り返しているかのような「一貫性のない履歴書」になることがあります。
「あなたは何がしたいの?」なんて言われて、印象も悪く、また仕事を変えることになってしまうのです。

私の場合は、どういうわけか正社員になれたのでそのような感じではありませんが、一部の友人は、自分のキャリアがあまりにもバラけていることに、とても悩んでいました。

一生女一人で生きていくと決めている人、夫の稼ぎが少ないから一生できる仕事を探している人、両親を含む家族を養っていく必要がある人、理由は人それぞれですが、女性だってずっと働く必要があるんですよね。
そんな私たちに共通して言えることは、女性としての自立心を強く持たなければならないということだと思います。

既婚者であっても、いつ離婚するかわかりません。
夫が突然仕事を辞めるかもしれません。
人生のパートナーは必要ないと考えている女性でも、体を壊してしまうかもしれません。

女性は強くなってきていますが、会社勤めでは一生できる仕事が増えているとは思えず、定年まで働ける環境すら整っていないように思います。
特に、出産や子育てを考えた場合、どうしても仕事を諦めなければならないことは多いです。
子育てと仕事を両天秤に掛ける環境は変わっていません。

だからこそ、私は起業、独立を勉強してみようかなと思います。
人に雇われていて自由がない状態では、仮に一生できると言われる仕事に就いたとしても、その通りにできるとは思えません。

子供か仕事かとか、お金がないとか、そんなことを気にせずに、自分の好きなことをして稼げるようになりたいと思うようになったのです。
 

The following two tabs change content below.
新名 彬子

新名 彬子

サポートスタッフ自立18
自立18でサポートスタッフを担当。「何にも縛られない自由な人生を!」をモットーに、どんなことでも体験したい32歳。自身の体験談や想い、お客様の声をコラムでお届けさせていただいています。