女性こそ起業してほしい!他人が環境を用意してくれるのを待つのはもうイヤ!

一般女子

女性の起業家が増えている気がしますが、今の割合はどのくらいなのでしょうね。
古いデータですが、2012年の女社長の割合は、全体の約7%です。
今はもっと増えているのでしょうね。

2017年4月末時点の女性社長は企業全体の7.69%を占め、10年前(2007年)と比較して1.45ポイント、前年(2016年)との比較でも0.09ポイントの上昇と、緩やかな増加傾向となった

全国女性社長分析(2017年)
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p170503.html

あれ?
あまり増えていない。。。

男性で起業する人も増えているからでしょうね。
推測ですが。。

女性はどのような事業で起業するのでしょうか?

今は、保育園バブル。
国から補助金が大量に流れ込んでいます。
その流れに乗っている企業も多いと聞いています。

実際のデータを見てみると、女性社長比率が高い業種は、子育てや介護、美容や教育。
保育所に関しては、44.70%になるのだそうです。

全国的に待機児童が減っているので(神奈川県では増えたらしいけど)、そのうちバブルは弾けますし、
どうなることやら・・・。

自立18周りでは、サービス業、教育業が多く、次いで小売業が多いですね。
会社員や主婦業をしながらのプチ起業が前提なので、時間の自由が利く業種に偏るのは仕方ないでしょう。

多くの女性が、「好きな分野や興味のある分野で仕事をしたい」「自分の裁量を仕事に活かしたい」「自分が持つ知識・技術・資格を活かしたい」「年齢に関係なく働きたい」など、はりきっていらっしゃいます。

仕事を楽しくしたいのなら、自分で始めちゃおう!という発想

仕事をしっかりやりたいと考える女性はたくさんいます。
ですが、環境が悪い場合が多いのです。

理不尽な組織、女性に不親切なルール、セクハラ、パワハラ。
同じ職場でも男性と女性の立場が違って、女性はあくまでも雑用係。

そんな企業も依然として多いのです。

「それなら自分でやっちゃえ!」

そんな風に考えて行動を起こす人がでるのも頷けます。

「地域や社会に貢献したい」
「自分の生活に精神的、時間的なゆとりを取り入れたい」

私たちの願いは、広がる一方です。
人それぞれですが、いまを変えたい人は、プチ起業から始めると面白いと思います!

The following two tabs change content below.
一般参加者

一般参加者

過去の講座参加者の方を中心に、一般の方からいただいた寄稿を掲載していきます。それぞれの人の人生観、考え方など、いろいろあって、面白いでしょう? あなたはどう思いますか?
好きな仕事で輝こう! あなたの「わくわくプチ起業」の始め方【セミナー@東京】