プチ起業で人生が変わる方法

橋本明子@自立18公式ライターです。
 

きれいな着物の女の子
 

最近よく耳にするのが「プチ起業」。

女性や主婦などが、自分の好きなことをして、お小遣い稼ぎをするイメージですが、実際にはどのような起業のことをいうのでしょうか。

プチ起業とはどのようなものか、プチ起業の種類や事業を拡大していく方法などについて解説していきます。
 

プチ起業とは安全な起業への第一歩

赤のサングラス
 

昨今、注目を集めているのが「プチ起業」。
プチというと片手間にできる起業というイメージですが、専門家が語るプチ起業とは、

・自己資金で始める
・月数万円の収入を目指す
・家事や育児に無理のない範囲の就業時間

という定義があるとのこと。

しかし、他から資金を調達することなしに、自分の貯金や家計を元手に始め、月数万円の収益を目標に、大規模な事業にすることなく自分の自由な時間で働くための起業。

やはりどうしても、主婦の片手間に感じてしまいますよね。

逆に大きな事業にはしないということが、ガチの起業家から見れば、イラっとするのでは?

夫の扶養範囲内で収まるパートでの収入額を得るのが起業の目的だとすれば、収益に重きを置かない趣味的なお遊びの要素が垣間見えますよね。

裏を返せば、夫という主たる収入源があるからこそ、収益にこだわらず、リスクも取らないという、甘い起業に聞こえるかもしれませんよね。
 

プチ起業の背景には、育児中のママの就職難が…

水のしずく
 

しかし本当にそうでしょうか。

簡単に始められてリスクも少ないプチ起業に女性や子供を持つ主婦が参入する背景にはどういったものがあるのでしょうか。

出産育児のために組織を一旦離れ、新たに仕事を見つける苦労がそれを物語るのかもしれません。

筆者もそうでしたが、小さな子供がいる主婦にとって、仕事を探す難しさは誰もが共感するところです。

子供が病気になった時に、誰が子供の面倒を見るのか。

子供を持つ女性が仕事を望むとき、企業側は子供の病気の時の対応について驚くほど神経質です。

近くに面倒見てくれる両親がいるのか、病児保育のある施設を利用できるのか、残業は何時までできるかなど。

子供が大きくなる少しの間だけでも、子供のために仕事休むような従業員はパートであれ受け入れは難しいと言われたこともあります。

しかし幸運にもパートの職を得たとしても、フルタイムの正社員に比べると給料は大幅にダウンせざるを得ません。

1万円を楽に稼ぐようになるのに、どれだけの失敗や労力が必要になるか、組織にいると、お金を稼ぐ苦労は本当の意味では分かっていなかったと筆者も痛感しました。

どちらにしても収入が増えないのであれば、失敗することはあっても、大きく成功する可能性もあるプチ起業に一歩踏み出してみたくなる気持ちは分からなくはありません。

月数万円の目標金額は、お金を稼ぐ難しさを肌身にしみて知っている主婦だからこその正しい目標設定なのではないでしょうか。
 

4つのプチ起業の種類とは

MacのCommandボタン
 

ではどのような業種でプチ起業をすればいいのでしょうか。

フリーランスで働くことと、若干似た形態に思われますが、プチ起業の具体例としては

・ハンドメイドの作品などを販売する(ショップ系)
・小さなカフェをひらく(実店舗系)
・自分の特技を活かして教室やサロンなどを運営する(スクール・アドバイザー系)
・ITなどを利用し、ライティングやデザイン、イラストを受注する(在宅ワーカー系)

ここでは、それぞれのプチ起業スタイルと、その発展の仕方について解説していきます。
 

ショップ系(ハンドメイドの作品などを販売する)

自分や、自分の子供のために作ったものが、友人やママ友の間での評判が広まり、発注を受けるという流れからプチ起業に発展するケースです。

[発展の仕方]

既存のハンドメイドの作品を売るためのアプリやWebサイトを利用しながら、イベントなどで出店するなど、顧客とのふれあいができる場を設けることで発展することもあります。

SNSやブログなどで、常に作品や情報を発信することで、商品だけでなく作家としてのブランディングを考えながらプロデュースすることも可能。

ハンドメイドの作品を作るための教室を開講する、本を出版するなど大きく成功する可能性もあるかもしれません。
 

実店舗系(カフェ、雑貨店、ネイルショップなどの実店舗を持つ)

自宅の一部を改装して店舗とすることで、はじめの一歩を踏み出す方が多いようです。

腕や技術が高いなどの能力の高さから集客するだけでなく、子連れで利用しやすい、料金がリーズナブル、など利用する点での特徴などが評判となり、口コミで広まっていくケースが多いようです。

飲食店などは、初期投資が必要になりますが、ネイルサロン、リラクゼーション系のサロンであれば、自宅の改装をするまでもなく、自宅の一部を開放する形だけでも営業が可能です。

[発展の仕方]

口コミや、SNSなどを通じて、知らない間にネット上で評判になることもあります。

ただし、自宅で開業した場合、プライバシーの線引きが難しくなるので、最初に広報のやり方を決めておいた方が無難です。

SNSで広く告知はしたくても、後々のプライバシーの侵害を考えると、そこまでおおっぴらにはできないなど、悩ましいところも。

顧客が増えるに従って、テナントを借りたり、スタッフの雇用など拡大することも考えておくことも必要かもしれません。
 

カルチャースクール系(自分の特技を活かして教室やサロンなどを運営する)

自分自身が好きで技術を極めていたり、資格を取り広めたいと思っている情熱から、講師やアドバイザーとして起業される方が多いのが特徴です。

料理教室、子供の英語教室などの実務的なものから、アロマテラピーなどのリラクゼーション、スピリチュアル系まで形態はさまざまです。

講座カリキュラムや料金を明確にすると、SNSやインターネットを通じて開業しやすくなったり、主宰するスクールに生徒さんのニーズにあった講師を招く形で運営することも可能です。

女性や主婦、子供を対象にしたり、シニアを対象にしたりとニーズによって形を変えて運営することが可能です。

[発展の仕方]

口コミなどが広まり生徒が増えることによって、内容やノウハウを提供するコンサルティング業やフランチャイズ化も可能。
 

在宅ワーカー系(Webデザイナー、Webライター、イラストレーター、グラフィックデザイナーなど

もともと在職していた組織から雇用形態を変更して在宅勤務から発展している場合もあるようです。
そのほか近年は、仕事を見つける方法が、人や組織経由より、インターネット経由で個別に行うサイトも多くあり、スキルが高い人は継続した仕事の依頼もあります。

[発展の仕方]

事業を拡大するというより、スキルアップをはかり、いかに単価を上げるかを考える場合が多いようです。

仕事やニーズが増えてくれば、専門会社を設立して業務分担を行う場合もあります。
 

まとめ:小さな一歩が大きな夢へ続く入り口になるように!


 

たかが月数万円の金額を稼ぐのが目的ではあれ、起業は起業です。

自分で企画し、広報し、営業し、経理まで担う。

パートとして働いたほうが、もっと楽に同じ金額を稼ぐことは可能かもしれません。

しかしパートの時給がアップするのは、たかが10円から100円程度。

スタートはプチ起業であれ、発展の仕方によっては、その収益は想像を超える可能性があるのです。

プチ起業をして自分で自分の仕事を作っていくことは、これから先の生きるスキルとして自分自身に築かれていきます。

会社に所属さえしていれば、毎月の会社の収益はどうであれ、同じ金額の給料が支払われます。

ある意味安心感はありますが、会社の状況や意向に従う必要があり、いつのまにか会社に依存していくのです。

ある日突然雇い止めになったり、どこも雇用してくれないのは、あなたの価値ではありません。

これからの社会の雇用形態は大きく変化するフェーズに入っています。

いち早く小さな一歩でも始めてみると、そこから人の輪が広がり、知識が広がり世界が広がっていくかもしれません。

その可能性を試すことは、誰にとっても難しいことではないはずです。
 

The following two tabs change content below.
橋本 明子

橋本 明子

外資系企業から会計事務所を経て、現在、子育てをしながら、フリーで女性の自立を支援。フリーライターとしても活動中。