女性の社会進出、社会的地位向上なんて大きなお世話!自立して自分で切り拓く!

一般女子

女性の社会進出、社会的地位の向上が政治課題として叫ばれています。

会社員の立場だと、決めるのはオジサマたちですから、そのような後押しを受けないと環境が整わないのかもしれません。
私は逆に、「女性枠だから」なんて言われるのは悔しいですけどね。

女性には女性の役割があるとも考えていますし。

そうなんです。
「そんなの余計なお世話!」くらいに思っています。

なぜなら、そんなこと言われなくても、女性起業家は自分の力で活躍しているからです。
起業している女性だけを見れば、すでに幅広い分野で社会進出が進んでいます。

プチ起業から始めれば誰だって社会進出できる

女性起業家と会社員としてバリバリ頑張るバリキャリウーマンとは違います。
下積みなんかは必要ありません。

自立18には、専業主婦をしながら起業した人もたくさんいます。

やる気とノウハウさえあれば、全ての女性に起業できる可能性があるということです。

自立18では、プチ起業から正しく始めれば、起業は難しくないとご説明しています。
※自分で勝手にやると騙されたり、ケガをしたり、時間やお金ばかりかかってしまうことは大いにあり得ますが・・。

好きなことやりたいこと、思いついたことなどをベースにして、ひとつずつ基本に沿ってやっていけばできます。
趣味の延長でやってもいいですし、楽しみながら自分の思い描いた未来像へ向かって進むだけです。

プチ起業から始めれば、逆風が吹いても大丈夫です。
じっくり時間をかけてやればいいだけです。

自分の人生を自分で切り拓いていきたいと思います

女性の社会進出を後押しすると言いながら、やっていることは待機児童対策と働き方改革くらい?
私は今フリーですが、あまり支援されている感じはしません。
補助金とかはもらいやすいのかもしれませんが、そもそも国に助けてもらおうなんて考えていませんので興味もありません。

世の中ではセクハラオジサマたちが、たとえばジャーナリストの取材記者を「無料のキャバクラ扱い」なんてニュースも見ます。
女性は男性に制度を作ってもらってそこに入れてもらうのではなく、もっと強かに生きられないものかと悔しく感じる時もあります。

私はこれからも、自分の人生を自分で切り拓いていきたいと思います。
これは男勝りになって勝負するという意味ではなく、女性らしく自然に生きることで、十分に自立して社会進出ができるということを示したいからです。

「女性枠」なんかがあれば、優秀な男性の席をひとつ奪うことにもなりかねません。
競争はフェアなものである必要もないと思っています。

最近の外交を見てもわかりますが、勝ち残りはスポーツではないのですから、お互いに存在感を示していくだけです。

The following two tabs change content below.
一般参加者

一般参加者

過去の講座参加者の方を中心に、一般の方からいただいた寄稿を掲載していきます。それぞれの人の人生観、考え方など、いろいろあって、面白いでしょう? あなたはどう思いますか?
好きな仕事で輝こう! あなたの「わくわくプチ起業」の始め方【セミナー@東京】