経済的自立を目指す女性が最初に考えるべき5つのポイント

海野元子@自立18公式ライターです。
 


 

女性が経済的自立を目指すのなら、まずはじめに女性の社会進出が当たり前となった現代。
ガッツリお金を稼いでいる女性もだんだんと増えてきました。

これから女性が経済的に自立を目指すというのであれば、理由はどうあれ気をつけなくてはならないことがあります。
今回は、最初に考えるべきポイントを5つにまとめてご紹介します。
 

経済的自立を目指す女性が考えておくべきこと5つ


 

この記事を読んでいる方は、これから経済的自立を考えている方がほとんどでしょう。
そもそも経済的自立とはいったいどういうことなのでしょうか?
一般的には、物理的に自分の力だけで生きていけることを指します。
親や旦那の収入には頼らずに、自分の稼ぎで生活ができる状態です。

そうなるためにはまず、毎月どれくらいのお金が必要か考えなければなりません。
自立していない状態でどれくらいのお金をかけて生きているのでしょうか?
例えば、住んでいる家の家賃、電気・ガス・水道代などの光熱費、スマートフォンやパソコンなどを使っているのならその分のネット代、毎日の食費、交通費など。
生きているだけで、お金がかかることばかりです。
あなた自身が何にどれだけお金をかけているのかを、まずは調べてみましょう。

もしかしたら、調べていくうちに無駄な支出が見つかるかもしれません。
例えば、見ていないケーブルテレビの固定費や、着ない服や食べないお菓子を買ってしまっているなど。
今あなたがお金をかけていることが本当に必要なことなのかも改めて見直してみてもいいかもしれません。
自立するうえで、無駄な出費はあなたを苦しめるだけです。

無理のない範囲で冷静に、本当に必要な生活費を割り出してみましょう。
 

現実的な収入の範囲内で生活する基盤を作る

何のために経済的自立をするのかは人それぞれです。
ですが、経済的自立をすると決めたからには自身の収入に合わせた生活の基盤を作った方が得です。

先ほど、今の生活にどれくらいのお金がかかっているかを知っておくことが必要だとお伝えしました。
その中でも、生活にかかっている費用はすべて必要なものなのでしょうか?

経済的自立をすると決めても、初めから一気にお金を稼ぐのは難しいでしょう。
だからこそ、節約が必須です。
今すぐにきちきちと節約をすることは精神的にも滅入ってしまうかもしれませんが、ちょっとずつできることから始めていきましょう。
あなたが経済的自立をして家を出ることになるのか、今住んでいる相手と家賃を折半したり生活費を分け合うことになるのか。
経済的自立で生活が変わるにしろ変わらないにしろ、いつでも自分一人で生きていけるという心の余裕を持つことが大切です。
そのためにも節約は、一人で生きていく力を身に着けるために最適です。
お金に対する考え方がシビアになるためです。

生活費を抑える努力をするのは、あなた自身が本当に必要なことを見抜くためにも欠かせません。
買い物をするときに、衝動的に買わずに本当に必要なのかを一晩考える習慣作りもいいですね。
生活の基盤を作るために節約を癖づけたり、いらないものは手放してみるのがおすすめです。

経済的に自立して自分の収入で生活ができるように、今の生活を見直してみましょう。
 

経済的に自立するためにも常識を知っておき、信用できる情報を集める

お金を稼ぐということは、少なくともビジネスに携わるということです。
今までは知らなくてよかったビジネスの常識を知っておかなくてはなりません。
ビジネスマナーや電話やメールのやり取りなども自分でやることになります。

社会に出て気持ちよく働くために、あらかじめ常識を身に着けておきましょう。

教えてくれる人がいない場合は、ビジネスマナーや常識に関する本が書店で売られているのでそれを参考にするのもおすすめです。
マナー講座などに参加してもいいかもしれません。

また、社会に出るにあたってビジネスのことを知らずに怪しい情報商材などに騙されないためにも、信用できる情報を集めておくことが大切です。
身の回りでビジネスをしている人や、信頼できる人からいろいろなことを聞いて、自分で考える力を身につけましょう。
ビジネスで騙されてからでは遅いです。
あらかじめ、あなた自身でできることは対策をしておきましょう。
 

経済的に自立して何をしたいかの目的をハッキリさせて計画を立てる

和服の女の子
 

ただ漠然と経済的に自立を目指すこともいいかもしれません。
しかし、目的を意識して計画を立てることがオススメです。

これといった目的もなく経済的自立を目指してしまうと、困難に立ち向かった時に何のためにやっているのかわからなくなってしまいます。
何のためにやっているかわからないという気持ちになると、やる気も一気に消失してしまう可能性が高いです。
せっかく経済的自立を目指して費やした時間も無駄になってしまうかもしれません。

そうならないためにも、目的を持っておくことが大切です。
例えば「1人で生きていけるように余裕を持ち、精神的にも自立する」などといった抽象的なものや曖昧なものでも構いません。
目的は考えていくうちにハッキリすることもありますので、普段から意識してみるようにしましょう。

そして、目的に沿った計画を立てます。
「1年後には自立をしていたい」というのであれば、いつまでに働き始めなければならないかなどの目処が立ちます。
予定がパンパンにならないように気を付けて、できる範囲でスケジュールを組んでみましょう。
実際に何をやらなければいけないのかも明確になるはずです。
あなたにとっての経済的自立が、本当に必要なものなのかを改めて再認識もできるでしょう。
 

経済的自立をしたときに、味方や仲間になってくれる人を増やす

いざ、経済的自立をした後に周りから反対されていたらどうでしょう。
気持ちが参ってしまったり、自分が経済的自立をしてよかったのかと不安になってしまいませんか?
そうならないためにも、自立する前に周囲の人が味方になってくれるかを見極めてみた方がいいかもしれません。

それとなく、経済的自立を目指していることを話してみましょう。
あなたのことを大切に思っている人たちはきっと真剣に考えてくれるます。
もしも、反対されるようだったら理由もちゃんと受け止めましょう。
それでも経済的自立をすることに意味があることを伝えれば、きっと認めてくれるはずです。

仲間になってくれる人とも出会いたいですね。
経済的自立を目指す際に、志が同じ人がいると一緒に切磋琢磨ができます。
一人で苦しいことにぶつかっても、仲間がいると困難を一緒に乗り越えることができます。

仲間と出会うためには、アンテナを張り巡らせておくのがオススメです。
気になることには積極的に参加し、自分と似たような価値観を持っている人と出会うと一緒に頑張れるかもしれません。
 

経済的自立を目指す女性なら、自分自身で決めよう

春の公園をてくてく歩いてい
 

経済的自立を目指す女性にとって、考えておくべき5つのポイントについて説明してきました。
もうすでに意識していること、まったく気にしていなかったことなど気が付いたことがそれぞれあるでしょう。

経済的自立を目指すのは、必ずしも簡単なことばかりではありません。
思う通りにお金を稼げなかったり、うまくいかないこともあるでしょう。
それでも、上手くいくかどうか判断をするのは自分です。
続けるもやめるも、あなた次第です。

だからこそ、今この時から一番大切なのは、何事も自分自身で決断することです。
誰かに依存している状態では、1人で物事を判断することは難しいかもしれません。
今のうちから、自分で自信を持って決断することを意識してみるのはいかがでしょうか。

あなたの経済的独立がうまくいくかどうかはあなた次第です。
 

The following two tabs change content below.
海野 元子

海野 元子

スポーツジムトレーナー、飲食店、アパレルショップ勤務等を経験し、現在は自立した女性に向けてのライター活動に従事。