アートフラワーの店を始めたいと考えて勉強を開始しました

今日は、セミナーにご参加いただいた女性の声をご紹介します^^
 

私は昔からアートフラワーを作るのが好きで、自分で作ったアートフラワーを自宅に飾るだけでなく、友人にプレゼントすることがよくありました。
 

自立18
 

やりがいとか居場所を感じています

自分で言うのは何ですが・・・、頑張って作っていることもあり、プレゼントするととても喜んでもらうことができています。
(もちろん、気を使わせてしまっている部分もあると思いますが^^;)アートフラワーをプレゼントしていた友人の中に、レストランを経営している女性がいるのですが、その女性から頼まれて店の中に飾るアートフラワーをシーズンごとに作って届けさせてもらっています。

趣味の延長のようなものですから、材料費と少額の手間賃を受け取るだけなのですが、自分が作ったアートフラワーをいろいろなお客さんに見てもらえるだけで嬉しいので、お金が稼げないといっても不満など全くありません。
やりがいとか居場所とか、そんなものを感じています。
 

新しい展開もあります

ですが、新しい展開もあります。
先日、その彼女が久しぶりに我が家に遊びに来た際に、真面目な顔で、アートフラワーの店を始めてみないかと言ってくれました。
正直、自分が作ったアートフラワーを大勢の人に買ってもらえたらと夢見ることがあります。

でも、私はキレイなアートフラワーを作る自信はあっても、店を経営していく自信などありません。
なので、絶対に無理だと言って逃げてしまいました。
ですが、友人は、『自分もレストランを開業したばかりの頃は全くの経営初心者だったけれど、ここまで何とか続けてくることができた』と言って励ましてくれました。
 

今年中にはアートフラワーの店を開業したいと考えています

そう言われてみると、妙に納得できる部分がありました。
私と彼女は大学時代からの友人なのですが、大学で専攻したのは外国語です。

なので、大学卒業後は、語学を活かせる方向でそれぞれ就職しました。
しかし、もともと料理に興味を持っていた彼女は、途中で退職して専門学校に通って料理の勉強をし、いつの間にかレストランをオープンするまでになっていたのです。

そのレストランは固定客がついてそこそこ流行っています。
でも、学生時代、彼女が将来レストラン経営をするようになるとは夢にも思っていませんでした。

そんなこともあり、彼女が口にする言葉には妙に説得力がありました。
なんでも、レストランに食事に来るお客さんの間で飾ってあるアートフラワーの評判が良く、どこへ行けば買えるのかと尋ねられることがしばしばあるのだそうです。
「友人の手慰みなので、売り物ではないんです」と答えると「もったいない」という反応をされることが多いと言っていました。

そんな話から次第に自分の店を持ちたいと考えるようになり、インターネットで見かけた女性向けの起業セミナーということで自立18に相談に行き勉強を始めました。
正直、私には経営的な知識がないので自信は全くありません。

ですが、少しずつ準備を整えて、今年中にはアートフラワーの店を開業したいと考えています。
 

The following two tabs change content below.
新名彬子

新名彬子

サポートスタッフ自立18
自立18でサポートスタッフを担当。「何にも縛られない自由な人生を!」をモットーに、どんなことでも体験したい32歳。自身の体験談や想い、お客様の声をコラムでお届けさせていただいています。