恋愛に溺れない!女性が真の自立を獲得する10の方法

冨永知子@自立18ライターです。

「結婚しなければならない」や「恋人がいないと恥ずかしい」といった思い込みをしている女性は多いですが、その根本にあるのは、恋愛への依存や、男性への依存です。
 

スリムジーンズの若い女性
 

確かに、現状の日本にはまだ男女差別が残っており、社会に出ると女性が小さな差別を無数に受ける体験をします。
それによって「やはり女性がひとりで歩いていると舐められる」であるとか「男性の存在がないと、話を聞いてすらもらえない」など感じることもあるでしょう。

今回は、とくに恋愛に溺れてしまう傾向の強い女性が、真の自立を獲得するための10の方法をご紹介します。
日々の行動に取り入れて、一歩ずつ着実に自立に向けて前進しましょう。 
 

1.経済的な自立

夫婦共稼ぎの写真
 

自分で稼いだお金で生活できる、というのは大きな自信になります。
一人暮らししている女性は現状を維持し、実家住まいの女性であっても、まずは経済的に自立できる道を目指しましょう。

自信をつける方法は色々ありますが、何より「自分でお金を稼ぐことができる」ことと「自分で生活していくことができている」というのは、何よりも重要な自立です。

できる限り「自分の力で生活していけるなんて、自分はすごい!」とどんどん褒めて、欲しいものを手に入れ、行きたい場所へ行き、好きなことができる環境を作りましょう。 
 

2.依存心を捨て自分で行動する

夫婦
 

依存心のない女性は、他人に振り回されることがありません。
依存心があるとは「誰か私のこと助けてくれないかな」と待っていたり「人に嫌われるのが怖い」と周囲の目を気にしている状態です。

誰かに機嫌を取ってもらったり、気遣ってもらうことなく良い気分になることはできます。
それは自分で自分が思った通りに行動することです。

ケーキが食べたかったら自分で買いに行き、きれいな景色が見たくなったら自分から出かけて行きます。

難しいことではありません。
理由をつけて諦めるのではなく、できるだけ実行しましょう。 
 

3.歩いて移動してみる

老夫婦
 

恋愛依存の人は、移動に関しても「彼氏の車」に依存している傾向があります。
とくに地方在住だと車はなくてはならない交通手段です。

しかし「車がないと生活できない」のは本当でしょうか。
もし、自分の足で歩いて目的地まで行くことができたら、大きな自信になるのではないでしょうか。

もしくは、今まで彼氏の車や、親の車に頼っていた人は、自分で免許を取って車を購入し、乗れるようになることも大きな前進です。
「自分の力で移動できる」という自信を身につけましょう。 
 

4.読書に没頭する

読書中の女子
 

時間を忘れるほど何かに夢中になる、という時間は大事です。
このような時間を持っている人は、恋人がいなくても充実した生活を送ることができます。

とくにおすすめなのが、読書です。
読書をすることによってコミュニケーション能力が向上するというデータもあり、知識や教養を身に付けることもできて一石二鳥です。
静かな空間で夢中でページをめくる体験をすると、恋人とのデートの時間すら惜しくなります。 

5.習い事をはじめる

ハートと本
 

興味のある習い事はありますか?
ヨガ教室や英会話教室など、好きな習い事の門を叩いてみましょう。

習い事をすることにより社会との繋がりが生まれ、友人知人を増やすことができます。

女性の恋愛依存を解消するためには、特定の男性以外の複数の誰かに依存を分散させる方法が有効です。

つまり端的に言えば「頼れる友達をたくさん作る」ことが大事です。
もし彼が週末会えないとしても「いいや、友達と遊ぼう」と思える女性は、その時点で自立していることになります。 
 

6.SNSとは距離を置く

芝生の上でハートの風船を持
 

SNSを見て「羨ましいなあ」と感じたり「あの人はできてるのに、どうして私にはできないんだろう」と劣等感を感じるようなことがあれば、SNSとは一旦距離を置いたほうがいいでしょう。

SNSは確かに情報がたくさん得られる、自分から情報を発信できるなどのメリットがたくさんあります。
しかし一方で「不要な情報まで目に入ってくる」というデメリットがあります。
誰かの常識が、自分の常識であるとは限りません。

劣等感を駆り立てるような情報は、自分にとって不要な情報です。
それを見て嫌な気分になるくらいなら、外を散歩していた方が有意義な時間を送れます。
完全にやめることは無理でも、見る時間を短くしたり、数日おきにチェックするなど、距離を置いて接するようにしましょう。 
 

7.自分に質問する

告白タイム(女子三人組)
 

自立した女性は「自分の意見を持っている」という人が多いです。
自分の意見を持つとは「なぜそう思ったのか」を説明できるということです。

たとえば「私は青いワンピースがいいと思う。
なぜなら、細く見えるし清潔感があるから。」

という感じで「なぜなら」と理由を説明できる用意を常にしておくことで、他人と対等に話し合うことができるからです。

その練習として「なんとなくそう思った」という意見を封印し、自分に「なぜそう思った?」と質問し、答えてみましょう。
明確な意思を持って行動することで、自分の行動に自信が持てます。 

8.日記を書く

ロイヤルミルクティーとiPhon
 

自立した女性は、自分の心の整理や、吐き出す場所として日記を続けている人が多いです。
休む日があってもいいですし、毎日続ける必要はありませんが、日記を書く事でメンタルの安定を手に入れることができます。

コツは、最後に「今日は楽しかった」などのポジティブな言葉で締めくくることです。
人間の脳は「終りよければすべてよし」と判断する傾向があります。
「嫌なこともあったけど、楽しかった」と書くことによって、安心して眠ることが出来るようになります。

また、頭の中で自分を褒めるだけでなく、文字に起こして積極的に自分を褒めることによって「褒められた」という実感を得ることができます。
褒めると人は伸びます。日記を使ってどんどん自分で自分を褒めましょう。 

9.友達にまめに連絡する

携帯電話で通話する女性
 

友達を大事にする、とはどういうことでしょうか。
恋人に頼るのではなく、友達に頼るとはどのようにすればいいのでしょうか。

まずは電話をしてみましょう。
それが無理ならメール、または手紙という手段もあります。

なるべく、まめに会いに行き、近況報告をし合いましょう。
そして、自分から頼るだけでなく、相手からも頼られましょう。
友達は誰かひとりではなく、複数を大事にします。

このように、たくさんの友達を大事にしている人は、恋愛だけに集中する暇はありません。
彼との関係も、たくさんいる大切な人のひとり、という位置づけになります。
しかし、この方が男性側としても負担が減り、気軽に付き合うことができるようになるので、理想的な関係です。

「あなたなしでは生きていけない」というのは、男性にとっては大変な重荷です。
「友達も大事、仕事も大事、あなたも大事」というくらいに重さを分散させた方が、お互いに楽しい恋愛をすることができます。 
 

10.一日一膳

花
 

毎日ひとつ、いいことをしましょう。
と言っても、誰かに賞賛されるような大きなことを達成する、ということではありません。

「自分の気分がよくなる」ことをしましょう。

たとえば、コンビニの募金箱に10円入れるだけでも良い気分になれます。
誰かに親切にしてあげることでもいいですし、キッチンをピカピカに磨いてから眠るのもいいでしょう。

「自分っていいやつだな」と思うことが自己肯定感に繋がり、幸福感がアップします。
小さなことですが、この積み重ねが豊かな自分の器を形成していきます。

恋愛に溺れる人は、愛を受け取る器が限界の状態であることが多いです。
愛が枯渇していたり、逆に溢れてしまって真実が見えなくなっているからです。

溺れないためには、日々の「自分で自分を肯定する作業」を欠かさないことが重要です。
愛を受け取るためのお皿を磨いて準備しておきましょう。 
 

恋愛を適度に楽しめる女性になろう

慰めのハート
 

恋愛とは人生をすべて捧げなければならない、というものではありません。
たくさんある娯楽のうちのひとつです。
そこから結婚に繋がる縁が訪れる可能性はありますが、恋愛と結婚は別なので、一線引いておいたほうがいいでしょう。

一番大事なのは、自分です。
自分は自分で守らなければなりません。
自分を所有しているのは自分です。
だからこそ好きな場所に行けますし、好きなことを行うことができます。

真に恋愛を楽しむためには、失った自分の所有権を自分の手に奪い返す必要があります。
それができれば、きっと今より充実した生活を送ることができます。

彼に愛されるより、もっと深い愛で自分を包んで、大切に扱いましょう。 
 

The following two tabs change content below.
冨永 知子

冨永 知子

自立18の公式ライター。作家としての受賞経験もある独立系コラムニスト。プチ起業の経験も豊富。執筆を通じて多くの女性に自立した生き方、恋愛、美容情報などを伝えている。