自立した女性として生きていくために考えたい「依存」

「自立」という言葉の反対語があるとすれば、それは「依存」でしょうか。
光があれば影があるように、自立した女性として歩もうとしたときには、依存という言葉と向き合う必要があるように思います。
 

独立
 

女性が、向き合わなければならない「依存」

依存という言葉はよく誤解されます。
一般に依存という言葉はネガティブなことに関して用いられますが、ここでは、「◯◯なしにはいられない」という精神的、物理的な状態よりも、もう少し緩いもの、何かを頼るという意味で使います。

さて、では自立して生きて行こうとする女性が、向き合わなければならない「依存」にはどんなものがあるでしょうか? 物理的なものを挙げるとすれば、それはやはり「経済的依存」であると思います。
女性の社会参加が大いに認められている現代においても、やはり女性が一人で身を立てようと思った時には、様々な障害によって、独立した経済状況を営むことが難しいことがあります。
 

「身の丈」という言葉について

そのような状況で、キャッシングをはじめとする「借金」に定期的に頼り、なんとか自分の生活を回すような経済状況に陥る人がいます。
もしあなたがそのような状態であるのでしたら、すぐにそこから脱しなければなりません。

無駄な出費を見直すことから始めてください。

ヤドカリが自分の身体にぴったりの殻に住むように、人間、自分の「身の丈にあった」生活をするのが、最も安定して生きることの出来る方策であると思います。
もし、「少し背伸びをするために借金に手を出そう」と、自立して歩もうと決めたあなたが思っているのでしたら、どうか一度、「身の丈」という言葉について再考して欲しいと思います。
 

自分自身を振り返ってみる

そして、物理的依存よりも、尾を引く問題になりやすいのが精神的依存です。
女性はこの精神的依存に陥りやすいと傾向があると思います。

女性は、その成り立ちからして、神経が男性より細やかで警戒心が強く、潜在的に「自分より強いもの(多くは人間の男性)」に襲われる恐怖を持っています。
そのため、ストレスを溜めやすく、しかし裏腹にストレスに強いため、男性であれば身体症状が出てダウンしてしまい、強制的に「スイッチがオフ」になるところを、精神的依存に流れてしまうことが多いのです。

その他にも、女性が陥りやすいのが、恋愛への依存、セックスへの依存、そして、買い物への依存症です。
昨今では、ソーシャルメディア依存症をはじめとする、インターネットへの依存症も多く見られます。

自分が、「◯◯なしにはいられない」身体にはなっていないか?
自立を目指す、あるいは自立した女性として、一度、自分自身を振り返ってみる必要があるかもしれません。
 

The following two tabs change content below.
新井一@自立18主宰

新井一@自立18主宰

「180日で起業できる」メソッドを伝授する起業支援の専門家。サラリーマン時代、23歳で会社員のまま起業。2007年、起業支援をスタート。全国で1000回を超えるセミナー・講演、10000件以上の起業相談に応じてきた実績がある。