私の社会復帰は起業で! 突然ですが、私、離婚いたしました。

この度、自立18公式ライターになりました岡崎多恵です。
突然ですが、私、離婚いたしました。
 

結婚式会場チャペル
 

私は、専業主婦に憧れていました。
27歳で結婚、相手は東京の大手商社勤務の同い年、年収は700万円。
 

「うんうん、とりあえず順調」
 

そう思ったのは2年前。
ですが、私の計画はそこで終了でした。。
 

すれ違いの結果の離婚

手のひらに夕日
 

夫は海外出張が多く、3カ月も帰ってこないことがありました。
子供も中々できなかったため、独りで家で過ごす時間ばかりでした。

普通の女性なら、そのあまりに退屈な毎日に耐えられず、働きに出ると思います。
ですが、私は仕事をすることが怖かったのです。
しばらく休んでしまった弊害もあったでしょうし、元々働くことから逃げるように結婚したので、戻りたくありませんでした。

働きながら子供を育てている人がたくさんいる中、仕事も子育てもせずのんびりしていました。
精神的には良くなかったのかもしれません。

やがて、お互いに近くに気になる異性ができ、私たちは離婚しました。
 

自分の好きに自分のペースで働く方が、私には合っていました

別れ寂しげな女性の後姿
 

離婚したまでは良かったものの、私は仕事復帰をしなければなりませんでした。
ですが、モチベーションも低く、離婚後の喪失感で疲れ切っていた私は、採用面接を受ける気力すらありませんでした。

そこでニートになってしまうのが普通の流れなのかもしれませんが、私はなぜか「起業」しました。
どういうわけか・・・、就職するより起業の方が簡単そうに感じたのです。

実際その通りでした。
自分の好きに自分のペースで働く方が、私には合っていました。

もちろん、最初から今の仕事をしていたわけではありません。

起業というとカッコ良さそうですが、最初は、家事の代行、お掃除と料理のお手伝いから始め、その様子をブログで発信してきた経験が、今のコラムニストの仕事につながりました。

また、不倫の経験(^_^;)を活かして、たくさんの女性のご相談に乗る恋愛カウンセラー業も始めています。
  

続けていきたいと思っています!

慰めのハート
 

自立18には、離婚直後に出会いました。
たくさんのヒントが提供されていて、起業する時にとても役に立ち、ありがたかったです。

起業というか、会社に行かずに食べていけるようになって、私は本当によかったと思っています。
ハラスメントもありませんし、つまらない会議も残業も、気遣いもありません。

毎日の経験は、私自身を磨いてくれるものばかりです。
夢中でやっているだけですが、もっともっと輝く人生を手にしたいので、続けていきたいと思っています!
 

The following two tabs change content below.
岡崎 多恵

岡崎 多恵

公式ライター自立18
自立18の公式ライター。離婚を経験し、自由に生きることに目覚めたフリーランス。30代女性の自由な生き方と恋愛をサポートするカウンセラー兼コラムニストとして、全国で幅広く活動中。