40代でも遅くない! 経験で差をつけ起業する

一般女子

一般の方からの投稿です。

40代こそスタートライン

今、起業をする人が増えています。

若者から定年を迎えた人まで、男女問わず起業ブームです。

しかも、以前のように「起業=資金が必要、人を雇う」

という常識を覆す、「資金ゼロ」「プチ起業」

で起業を成功させている人もいます。

起業は一部の経営手腕のある人から、家庭の主婦でもできるものとしてどんどん広がっています。

でも一方で、年齢を気にして起業に踏み出せない人もいるのではないでしょうか。

いいえ大丈夫です、むしろ年齢を武器にしましょう!

起業は、若い人だけがチャレンジするものではありません。

むしろ若くない方がいいことだってあります。

では、具体的にどんな分野で活躍できるのか、探してみましょう!

まず、「40代のスタートラインは遅い」

という概念を捨ててみましょう。

確かに、20代30代で既に目標が定まっていて、迷わず起業できた人は幸せだと言えます。

人より早く経験を積めるわけですから、その分早く結果を得ることが出来ます。

でも、実際の20代30代は迷いの多い年代です。

大器晩成といわれる人たちは、40代に入ってから自分の好きなことをやっと見つけられたという人も少なくありません。

嘆くより、スタートラインに立てたことを喜びましょう。

経験があるからこそ、できること

40代になると徐々に、体力・気力の衰えを感じ始めるようになります。
たとえ経験がなくとも、勢いだけでなんとかなった若い頃と違い、40代は様々な経験の蓄積があります。

仕事や人間関係・家庭や子育てを一通り経験し、自分の人生をもう一度生きたいと思うのもこの年代です。

そして、経験や好きなことで「人の役に立ちたい」という奉仕の精神が芽生えてくるのも特徴のようです。

経験があるからこそ、できることを内観してみて下さい。

失敗や悩んだことがチャンスになる!?

生きていれば喜怒哀楽、いろいろありますが、人生は喜びや楽しみより悩みや苦しみ・失敗の方が圧倒的に多いものです。
そういうことに直面し、魂を鍛え、経験と感動を得ることが人生の目的でもあります。

でも、悩みや苦しみ・失敗を経験したのなら、それを活かしたいと思いませんか?

同じ悩みを持った人が、周りにはいなくても、世の中にはいるのです。

そして、それを「お金を払ってでも解決したい! 」と、心から望んでいる人がいるのです。

そんな時、あなたの経験が活かせるとしたら、きっとチャンスを掴むことができます。

あなたの武器になるものは何ですか?

具体的にどんなアクションを起こせばいいのか、を考えていくわけですが、まず最初に決めなければいけないことは自分は「何を専門にするか」ということです。

言い換えれば「何を売りにするか」ということですが、ここで今までの経験を振り返ってみる必要があります。

一番悩むところかもしれませんが、一番重要な部分でもあるので、よく振り返ってみましょう。

専門分野を絞りましょう

世の中には、「あれもできてこれもできて・・・」という多才な人も確かにいますよね。
でも、「何を売りにするか」ということを考えた時は、専門分野は絞った方がいいと思います。

例えば、お腹が痛い時。

「整形外科」や「泌尿器科」も診れる、何でもできる先生よりも「消化器科」や「胃腸科」の専門の先生に診てもらいたいと思いませんか?

それと同じで、エキスパートとして何かに特化するには、専門を絞ることが必要です。

その方が、より情報量や知識の専門性において、確実に信頼を得ることができるからです。

4つの視点で振り返ってみましょう

ある程度、方向性が固まっている人もいると思いますが、まだ考えあぐねている人のために、専門分野を絞る4つの視点をお教えしましょう。

・一つ目は「学ぶのが好きなこと」です。

みなさんにも、好きで学んでいることが何かあるのではないでしょうか。

料理が好きな人は、おいしく健康的なオリジナルレシピを日々考えていると思います。

レストランで食べたメニューや、巷でいいと言われている食材などからヒントを得て、試行錯誤を繰り返しながら完成を目指すと思います。

好きで学んでいることが、他人にとって価値あることである可能性は十分あります。

・二つ目は「教えるのが好きなこと」です。

例えば、子どもの習い事や子育て、健康法や美容情報など、積極的にアドバイスしていることや問題解決につながったことは、対価を得られる可能性が高いと思います。

・三つめは「得意なこと」です。

特に好きでもないけれど、人よりもできることが何かあるはずです。

でもそれは、本人の自覚がないので気づきにくいとも言えます。

周りの人が、あなたにアドバイスを求めてくることはないですか?

ファッションのセンスであったり、より賢く貯蓄する方法であったり、と本人が当たり前と思っていることが実は、他の人にとっては難しかったりするのです。

先入観を捨てて、得意なものを探してみましょう。

自分ではわからなければ、家族や友人など親しい人に聞いてみると、案外すぐ見つかると思いますよ。

・四つ目は「収入を得てきたこと」です。

これまでにやってきた仕事は、実際に収入を得てきたノウハウなので、一番専門性を発揮しやすいと言えます。

失敗や成功に裏打ちされた経験があるため、信憑性も高く、それを求めている人はかなりいると思います。

世の中のニーズを知る

これは、マーケティングなどをするうえで必ず出てくることですが、「今世の中は何で悩んでいる人がいて、どういうことが必要とされているか、あったらいいな、と思われているか」を常に意識してみることです。
その問題解決に、あなたの経験が一役買うことができるかもしれません。

自分では何とも思っていないようなことでも、視点を変えれば、大きな芽が隠れていることがあるかもしれません。

まとめ

マルコム・グラッドウェルという人が提唱した「1万時間の法則」というものがあります。

成功を収めた起業家や、世界的なプロスポーツ選手など、何らかの分野で「天才」と呼ばれている人たちに共通するのは、約1万時間、その分野について取り組んできた、ということです。

これから新しく始めるのと違い、経験のある分野であれば、決して不可能な数字でもないと思えてきます。

それに、これまでの経験で大切なことを学び、その都度必要な人と出会い、問題や困難を乗り越えるスキルを身につけられたなら、それはあなたにとって必要な学びだったということができると思います。

そしてそれは、誰かを助けるために神様から与えられた、ギフトかもしれません。

不安もあると思いますが、「やってみよう」ではなく「やる」。

そこからすべてが動き始めると思います。

人生に無駄なことなど何一つない。

これから踏み出す第一歩が、それを証明してくれるはずです。
特集が組まれ、前向きにイキイキと生きる女性の姿に、自分の理想を重ねてみたりして青写真を描いている人もいるかもしれません。

The following two tabs change content below.
一般参加者

一般参加者

過去の講座参加者の方を中心に、一般の方からいただいた寄稿を掲載していきます。それぞれの人の人生観、考え方など、いろいろあって、面白いでしょう? あなたはどう思いますか?
好きな仕事で輝こう! あなたの「わくわくプチ起業」の始め方【セミナー@東京】