起業を目指す女性にとって35歳は大きなチャンス

女性にとって35歳は女盛りです。
気力・体力共に10代・20代の頃に比べて充実しており、仕事・プライベートでも手を抜くこと無く、人生を謳歌している世代です。
 

笑う女性
 

35歳の女性なら、結婚・子育てをしている人も多く、結婚前提に男性とお付き合いをしている人も多いでしょう。
将来のことを考えてさらにステップアップを図るために頑張っている35歳の女性もいるでしょう。

すでに会社を起ち上げて、起業家として活躍する35歳の女性もいるでしょう。
あるいは、これから御自身の特技・経験を活かして起業しようと考えている35歳の女性もいるでしょうね。
 

女性としての魅力も充実している時期

起業家になるということは、老若男女に関わらず大変なことですが、あなたが大きくステップアップするための一つの手段でもあります。
起業をするには様々な準備と知識が必要になりますが、35歳での起業は、女性にとっては非常によいタイミングです。

35歳であれば、会社でも中核社員として活躍している人が多いですし、女性としての魅力も充実しているからです。

35歳であれば、一般的に定年と言われる時期まで長い年月があります。
起業家として35歳から60歳以上まで時間があるのです。

その間に素晴らしい仕事が出来るでしょう。
自立18にいらっしゃる女性たちも30代がとても多いです。

やっぱり、この時期に動くというのは正解ですね。

また、35歳くらいになって、経験や日常生活が充実してから起業すると、人脈が作りやすいです。
「何もできません」「何の経験もありません」と言うよりは、「私はこんな仕事をしてきました」と職歴を言えるだけでずいぶん有利です。

会社員であればその話ができますし、主婦であれば知り合いの主婦との繋がりから得る情報を話題にすることもできます。
 

いろいろなセンスも35歳で最も光る!

男性起業家では出来ないことに「女性同士の横の繋がり」というものがあります。
女性は口コミという強力な武器を持っています。
これは男性にはありません。

女性の口コミの力は、時に新しい商品や産業を生み出すことがあります。
女性の感性でしかわからないこともあります。
子育てなどは男性には中々理解するのに時間が掛かるものなのです。

ファッション分野は女性が得意とする分野の一つでしょう。
コスメ、衣類、アクセサリー、バッグなどのデザイン・色彩感覚は男性とは一味違った要素です。

この一味違った要素が流行を呼ぶことがあるのです。
流行を呼ぶことが出来たら、起業家としては大成功と言えるでしょう。

そういうセンスも、35歳くらいが最も光るのではないでしょうか?
 

The following two tabs change content below.
新名彬子

新名彬子

サポートスタッフ自立18
自立18でサポートスタッフを担当。「何にも縛られない自由な人生を!」をモットーに、どんなことでも体験したい32歳。自身の体験談や想い、お客様の声をコラムでお届けさせていただいています。