女性が自立できる仕事とはどんなものなのか?

今日は、セミナーにご参加いただいた女性の声のご紹介です。
 
 
先日、自立18プチ起業セミナーに参加しました。
 

女性セミナー
 

子供の面倒をみながらの仕事

まず、少人数とは言え、10名もの参加者がいることにびっくりしました。
会場に入るなりに皆さんが楽しそうに談笑されていて、とても驚かされました。

その一方で大きな興味を持ちました。
私は今、都心から電車で2時間位のところに住んでいます。

セミナーは池袋から15分くらいの場所だと案内が来た時に、乗り換えをして2時間かけていく価値があるかどうか心配でしたが、本当に行ってよかったです。

私は、手先が器用で、何かを手づくりすることが大好きです。
ですので、何かを作る分野でプチ起業をしたいと思っていました。

それが、今回セミナーに参加した理由です。

私の子供はまだ小さいので、旦那が仕事に行っている時は、家に一人でおいておくことはできません。
ですから、子供の面倒をみながらの仕事ということになります。

とは言え、お金を得ることはそんなに甘いことではないと思いますので、悩みどころでした。
自分のスキルを磨いていくこといいのか? それでお金を得ることなどできるのだろうか? と考えていてキリがありませんでした。
 

負けてはいられません!

今の政権では、女性の輝く社会を実現したいといっていますが、本当に実現できるかどうかは不透明のように感じています。
男女平等でさえ、中小企業ではまだまだ実現してないと感じるからです。

私も会社勤めの経験がありますが、女性の仕事は限られていました。
雑用ばかりとはいいませんが、重大な事項においては、ほぼ男性たちによって決められていました。

なにしろ、管理職に女性が一人もいませんでしたから。

今では、政治の世界では女性大臣も生まれ、少しずつ女性の活躍がみられるようになってきてはいますが、まだまだ外国に比べればもの足りない感じです。
早く女性が大きく活躍できる社会にしたいと思います。

今、プチ起業をするにあたり、高齢化社会でどのように貢献できるのかを考えています。
高齢者のニーズをとらえることができれば、成功の確率が高まると思うからです。

自宅にいながらにして得られる情報には限りがありますので、まずはたくさんの高齢者に会って、どんな話をしているのかを知りたい思っています。
子育てをしながらどこまでできるか挑戦でもありますが、負けてはいられません。
 

The following two tabs change content below.
新名彬子

新名彬子

サポートスタッフ自立18
自立18でサポートスタッフを担当。「何にも縛られない自由な人生を!」をモットーに、どんなことでも体験したい32歳。自身の体験談や想い、お客様の声をコラムでお届けさせていただいています。