準備できる資金の中で無理なくということを忘れないようにしました【体験談】

新名彬子です。
今日も、講座にご参加された女性の体験談をご紹介します。
 

ハンモックで元気いっぱいな
 

女性の社会進出は目覚ましく、それと同時に転職や起業を選択する人が多く存在します。
 

自分の時間を大切にすることが第一!

お昼寝する人
 

私もそんな女性の一人です。
当初は転職を考えていましたが、雇われない生き方や、自分の時間を大切にしたいというライフワークに憧れ、自然に起業という考えにシフトしていきました。

とは言うものの、自分の時間を大切にすることが第一であるため、プチ起業と言う言葉の方が適切かと感じます。

実際の起業にあたっては、自立18のセミナーにでて、自分に出来ることと自分の好きなものを分けて考えてみました。
当初から起業できれば何でもよいということは考えておらず、慎重に絞り込みを行いました。

その上で、やはり好きじゃなければ継続は難しいだろうとの結論に達し、起業の種類を自分の好きなものへ絞り込んで検討を始めました。
 

女性という立場を最大限に利用できるものに焦点を当てました!

おしゃれなシルエット
 

さらに学びを進め、他との差別化や特色という面を踏まえ、女性という立場を最大限に利用できるものに焦点を当てました。

WEBサイトや情報誌などを利用して情報を収集するとともに、新井さんの勉強会に何度もお邪魔して、色々なお話を聞きました。
女性起業家の人たちのお話はとても刺激的で、自分に出来るのだろうかという不安もありましたが、皆さんから励ましの言葉も多くもらい、それが背中を更に押してくれた格好となりました。

当時に考えていたのは捻出できる資金です。
起業する業種・業態などの種類によってその金額は変わることも、セミナーで初めて知りました。

準備できる資金の中で無理なくということを忘れないようにしました。

貯蓄はあるもののそれだけでは心もとないので、借り入れも検討しました。
ですが、覚悟がないと批判されてしまうかもしれませんが、私は借金は怖いので、自己資金の範囲でやることに決めました。
 

やらなければならないことはたくさんあります!

宮古島のかわいい雑貨屋さん
 

プチ起業と言っても立派に仕事をするわけですから、必要な手続きも多種に渡ります。
税務署や役所に相談したり、先に出た女性起業家の人にもアドバイスをもらいながら進めました。

起業にあたっては様々な人の力を借りることになりますが、何と言っても新井さんの存在、配偶者の協力は欠かせないと感じました。
物理的な面でも精神的な面でも随分と支えになってもらいました。

気を張って前を向いて取り組んでいますが、ふとしたことで下を向いてしまう時も多くありました。
ですが、そのたびに励ましを受けて、起業に向けて準備を進めることが出来たと思っています。

プチ起業とは言え、やらなければならないことはたくさんあります。
苦しいこともありますが、それをクリアしていくことで成功体験となり、自然と自信にもつながりました。

これからも、達成感や充実感を増やしながら、進んでいきます!
 

The following two tabs change content below.
新名 彬子

新名 彬子

サポートスタッフ自立18
自立18でサポートスタッフを担当。「何にも縛られない自由な人生を!」をモットーに、どんなことでも体験したい32歳。自身の体験談や想い、お客様の声をコラムでお届けさせていただいています。