人生100年時代こそ、女性の自立との向き合い方

一般女子

一般の方からの投稿です。

これからを生きる女性の「人生100年時代」とは?

寿命が延びるという現実が、日本で生きるあなたに伸し掛かっています。

「人生100年時代」という言葉を聞いたことがありますか?
政府も注目しているこのキーワードを、私たちはもっと真剣に受け止めなくてはなりません。
この時代だからこそ考えるべき女性の自立について向き合ってみましょう。

「ライフシフト~人生100年時代の人生戦略~」
あなたはこの本をご存知でしょうか?

2016年10月に販売され、総数30万部を突破し漫画版まで発売されるに至った本です。
「人生100年時代」というキーワードはこの本からブームになったともいえます。

人生100年といっても、ただ寿命が延びたわけではありません。

機械化やAIや進歩した先に私たちの仕事は機械に奪われてしまうのか。
予測しづらい変化が目まぐるしいスピードで起こることに対して人とのつながりはどうすればいいのか。
高齢社会とともにこういった社会の変化に対してどう向き合っていくのかをヒントを私たちに与えてくれます。

タイトルにもあるとおり、1人ひとりが100年生きる時代となり今までのライフプランが通用しなくなったこと、これからを生きる私たちの人生戦略について書かれているのです。

政府が「人生100年時代」の社会を見据えている

「人生100年時代」が2017年後の流行語大賞にノミネートされるほど、このキーワードは日本でもよく聞く言葉となりました。

実は首相官邸のホームページでは『人生100年時代構想』についての情報があります。

厚生労働省のサイトにも、『「人生100年時代」にむけて』と書かれたサイトもあります。

それくらい、私たちが住んでいる日本にとって人生100年時代は切り離せない問題となっています。

100年生きるのが当たり前になると、今までのように定年が60歳は現実的ではありません。
少子高齢社会のため、年金がもらえる年齢も引きあがります。
今まで当たり前だった、60歳で定年退職をした後が第二の人生の始まりとして優雅に暮らすのも夢のまた夢です。
生活のために必要なお金すら、もしかしたら足りなくなってしまうかもしれません。

そのためにも、高齢者から若者までが活躍の場所があり健やかに安心して暮らせる社会を描くことが、人生100年時代の課題となっています。

政府に任せるだけでいいというわけではありません。
あなた自身がこれから、人生100年時代をどう生き抜いていくかも考えなくていかなくてはなりません。

「人生100年」と言われた私たち女性が心がけるべきこと4つ

それでは、今までの生き方を塗り替えて自分で生き方を考えていかなくてはならないこの時代に、女性が心がけるべきことについてを4つお伝えします。

女性も経済的な自立を目指す時代

人口が減っている日本は、労働人口も減ってきています。
その分、働いている一人ひとりへの税金の負担は増えています。
にもかかわらず、機械化が進みAIが仕事をするようになれば、今まで当たり前だった仕事もどうなるかわからない状況になっています。
稼げるといわれていた仕事も、機械がとってかわれば年収は下がっていく可能性が高い。

もしもあなた自身が専業主婦なら、3人に1人が離婚すると言われている中、この生活がずっと続くとは限りません。
さらに、旦那の今の仕事もこのまま安定しているかというと、はっきりと肯定はできないでしょう。
老後の生活費を考えると、年金ももらえるかわからないため、1人あたり2000~3000万円、夫婦なら3000~5000万円の貯蓄が必要とも言われています。

だからこそ、女性が今のうちから働く状況が必要です。
経済的に自立するのが当たり前になっていれば、いざというときの家計のダメージも少なくなります。
収入先を分散させて、副業やプチ起業に挑戦してみることもおすすめです。

人生100年時代は、女性が前に立って経済を回していく時代になるチャンスともいえるでしょう。

精神的にも自立する女性でないと、生きていくのは難しい

誰かに依存する状態は、とても危険です。
あなた自身の気持ちや本当にやりたいことも、依存している相手によって左右されてしまてしまいます。
人に依存した判断を栗菓子、冷静な判断ができなくなります。
感情に振り回された人生になってしまう可能性も高いでしょう。
自分の人生を自分でコントロールすることが難しくなってしまうでしょう。
「この人がいなくなったらどうしよう」という不安は結果的にお互いが不幸になることに。
依存されている相手にとっても、心の負担になってしまいます。

「自分一人でも生きていけるんだ」という自分への自信が、あなた自身を強くします。
そのために、コミュニティを増やすのが一つの手段。
関わる人やコミュニティが多くなれば、その分、依存する相手も増えます。
一人の相手に依存してしまう、不安が頭をよぎる、そんな状況からは抜け出せます。

新しい挑戦や今までと違う刺激は、これまでと違う視野や価値観をもたらしてくれます。
そして新たな学びや経験は、人生にも大きな影響を与えるでしょう。
誰かに依存するという状況についても改めて冷静に考えられるかもしれません。

精神的な自立をするなら、まずはそこから始めてみてはいかがでしょうか?

身体は資本。早い時期から健康を意識した行動を

寿命が100年になっても、元気でいられる100年でなければ意味がありません!
そのためには健康がとても大切です。

高齢社会にあたって、医療が進歩し福祉が整っているおかげで治療費も安い日本。
しかし、この状況がずっと続くのかと言えば、必ずしもそうではないでしょう。
高齢社会で労働人口が減っていればなおさら、今までのように安く病院に行けることもなくなってしまうかもしれません。
身体が悪くなってしまう前に、早い段階から健康、予防医学について触れていくことが重要です。

私たちの身体は、日々の食事や運動からできています。
今の行動が未来のわたしの身体を作っている。
その自覚を持って健康を意識した行動をとっていきたいですね。
日頃の食生活の見直し、そして運動習慣の振り返りから始めてみるのがオススメです。

心身ともに自立した女性を目指しましょう。

終身雇用はもう終わり。キャリアを自分で描く

今、あなたは目の前のことが楽しかったり、目の前の問題にいっぱいいっぱいかもしれません。
今まではそれで問題はありませんでした。
なぜなら、一度就職したら終身雇用というシステムが定年までを保証してくれていたから。
安心して、目の前のことに夢中になればよかったのです。
でも、今は終身雇用・年功序列というシステムが崩壊しようとしています。
実力のあるものは収入が上がりキャリアを確立しやすいです。
しかし、会社に頼りっぱなしの人ほどこれからの生き方が不安定になってきてしまいます。

それなら、あなたも自分のキャリアは流されて決めるのではなく自分で決めることをオススメします。
何にも振り回されるのではなく、自分のなりたい像からあなたが今やるべきことを決める。
最初は難しいかもしれませんが、あなたの人生はあなたモノだからこそ、どんな人生100年を過ごしたいかを改めて考えてみてはいかがでしょうか?

人生100年時代だからこそ、自立した女性が輝ける

女性にはパワーがあります。
石器時代から、女性は村を守るために女性同士で助け合ってきたおかげで結託する力を持っています。
さらに、出産などのライフイベントもあって順応性も高いです。

そんな色んなことを乗り越えてきた女性だからこそ、この人生100年時代に女性の力を発揮するべき時がきたのではないでしょうか?
自立した女性ほど輝けるこの時代に、あなたも自分自身を強く持って100年時代を生き抜いていきましょう。

The following two tabs change content below.
一般参加者

一般参加者

過去の講座参加者の方を中心に、一般の方からいただいた寄稿を掲載していきます。それぞれの人の人生観、考え方など、いろいろあって、面白いでしょう? あなたはどう思いますか?
好きな仕事で輝こう! あなたの「わくわくプチ起業」の始め方【セミナー@東京】