自分が本当にやりたいことは、やった後に気づくものだと思います

自立18の新井です。

今回のブログでは、「好きな事で夢をかなえる」ということ、そして、「とりあえずやってみる」ということについてお話していきたいと思います。
 

お勉強会
 

自立18にいらっしゃる方には、「今、自分がやっていることが、本当にやりたいことなのか分かりません」という方がたくさんいらっしゃいます。

私は、相談者さまのお話をきちんとお伺いしますが、最後に一つだけお伝えしていることがあります。
それは、「自分がやっていることが、本当にやりたいことなのかどうかなんて、多分ずっと分からないと思います」ということです。
 

調べたってでてこない

何故そんなことが言えるのかというと、自分が本当にやりたいことは、やった後に気づくものだと思うからです。
やりたいことを見つけようと思って、あれこれ勉強したり、調べたりしても、やりたいことは見つかりません。
見つからないことに対する不満、不安ばかりが見つかってしまうものです。

実際、やりたいことというものは、体験の中から、後から気づき見つけだすものなのです。
ですので、何か引っかかったり、気になるなと思ったらとりあえずやってみてください。
いつか死ぬ時に、後悔するのは、やっていなかったことに対する後悔しかないと思います。
 

どんなに小さなことでもかまいません

やってみて失敗したり時間やお金を無駄にしたとしても、体験から何らかの気付きを得ていると思います。
どんなに小さなことでもかまいません。

このブログを読んで、どんなことでもよいので、やってみようかなと思ったことを、実際にやってみてください。
きっと得るものがあります。

初めの話に戻りますが、やりたいことを見つけるということは、勉強したり、調べたりすることではなく、経験し気づくことです。
そうだったのか、そうではなかったのか、と気づくことが大切なのです。

まずは、今日やれることを、今日やってみてください。
そうすることで、きっと光が差してきます!
 

The following two tabs change content below.
新井一@自立18主宰

新井一@自立18主宰

「180日で起業できる」メソッドを伝授する起業支援の専門家。サラリーマン時代、23歳で会社員のまま起業。2007年、起業支援をスタート。全国で1000回を超えるセミナー・講演、10000件以上の起業相談に応じてきた実績がある。