上司に嫌われて辛いです。会社を辞めたいのですが、どうしたらよいですか?

女性自立支援コーチング協会

● 質問

上司に嫌われているようです。
私と私以外の人に対して、明らかに態度が違います。

私は自分ではどこが悪いのかが分からない状態です。
上司は私に会社を辞めてほしいのでしょうか?

上司に嫌われている場合は、この先の会社での生活は諦めてすっぱりと辞めた方が良いでしょうか?

その上司は、まわりの人に私の悪口を言ったり、非常に冷たい目で睨んできたりすることがあります。
上司の上司に相談しましたが、「確かに嫌われているようだね、あなたのことをうそつきだと言っていたよ」と言われました。
会社としては、もちろん私とその上司がうまく連携できれば、多くの利益があるというふうに考えているようです。

上司とうまくやる方法など、円滑なコミュニケーションをとるようにと奨励している本をたくさん読みましたが、どうしても相手がそのように考えていると思えず、ストレスを抱えています。
話しかけても非常に冷たい対応されるので、心も折れています。

どうしたらよいのでしょうか?● 回答

まずは、あなたが独りじゃないことを知ってください。

あなたのように辛い思いをしてる人はたくさんいます。
まずは独りじゃないことを知って、心を落ち着けてみてください。

あなたは、上司にとってあなたが何かひっかかる存在なのでしょう。
ですが、あなたが悪いことをしているわけではないのです。

無理に会話する必要はありません。
無理に笑顔になる必要もありません。
無理にコミニケーションする必要もありません。

そんな奴は最低な人間ですから、放っておけば良いのです。
ですが生活のために演じなければならないのであれば、あなたにぜひ知っていただきたいことを、いかにまとめてみました。

一緒に頑張りましょう。

1.あなたに問題があるわけではないので安心する

あなたの存在が否定されているわけではありません。
あなた自身が嫌われてる訳でもありません。

上司の目的や野心の達成に、あなたの存在が何か働きかけているのです。
上司にとって、部下を成功させることが野心の達成につながるのであれば、手のひらを返してくるかもしれません。

2.上司の価値観を知る

例えば、ガンガン残業して出世したいと思っている人の価値観と、いち早く会社を出て家に帰りたい人の価値観は全く異なっています。
あなたの上司は何を優先的に考える人なのか、思い出してみてください。
その行動を先取りできるようになると、上司の態度が変わってきます。

3.仕事上の報告は必ずする

そんな上司の顔を見るのは嫌でしょう。
会話すると思うだけで気持ちが重くなるでしょう。

できれば避けて通りたいでしょう。

ですが、会社に残る選択をしているうちは、報告だけは入れておきましょう。
いちいち嫌味を言われたり、怪訝な顔をされるのは腹が立ちますが、心の中で「ばーか」と言っておきましょう。

4.あなたの弱みを知っておく

あなた自身にも矢印を向けてみませんか?どうしてそんな対応をされてしまうのか?もう一度考えてみましょう。
その愚かな上司が教えてくれた唯一の宝物です。

あなたはきっと優秀な人のはずですから、バカな上司と違ってあなた自身を微調整することができるはずです。

5.愚かな上司を愛する

上司がいかに愚かであっても、話が通じない人であっても、性格が悪くても、そのキャラクターを受け入れてあげましょう。
その人はそうやっていることでしか、自分の立ち位置を守れないのです。
そのようにしていないといけない理由があるのです。

反発するだけ無駄です。
そういう人だから、とりあえずそれで良いではありませんか!

6.とりあえず謝る

おかしな言いがかりをつけてくる時もあるでしょう。
そういう上司はたいていは「理不尽の塊」ですよね。

謝ったら謝ったでまた何か言われるでしょうが、とりあえず頭は下げておきましょう。
頭は低くても目は高く生きていけば、それは素晴らしいことです。

7.一生懸命仕事をする

どうして上司があなたを悩ませるのか?それはともかくとして与えられた仕事は一生懸命やることです。
それは人間関係がどうであれ、社会人として最低限のルールだからです。

また仕事を一生懸命やっていれば、仕事であれこれと文句を言われる筋合いもないでしょう。
ここで手を抜いてしまうと、「だから怒られるんじゃない?」と周りから誤解を受けてしまうこともあります。

8.上司との共通点を探す

一般的に人間は趣味やライフスタイルが似ている人と仲良くなる傾向があります。
ただ会社では、能力が似ている人とは反発しあう傾向もありますので、会社で探すべき共通点は上司のプライベートの部分です。

嫌いな上司のプライベートなんてどうでもいい話ですが、会社に残るのならひとつくらいは探っておいても良いでしょう。

9.上司の重要な日を知る

上司にとって重要な日というものがあります。
重要な会議だったり、奥様の誕生日だったり、お子様の入学式だったり、人それぞれです。

それを知っておくだけでも、上司のコントロール法が多少なりともわかってきます。

パワハラをしてくる人間なんて、思考回路は極めて単純なものです。
プライドを満たしてあげて、大事な日をさりげなく気にしてあげるだけで、少しずつ状況は変わってくるでしょう。

10.前向きに行動する

そんな気持ちになれないのも分かります。
気持ちが沈んでしまうこともよくわかります。

私も経験者だからです。

それでも前に進むしかないのです。
人生は日々過ぎていくだけです。

あなたの時間を、あなたの人生を大切にしてください。
そして、いつか見返しなら見返す、会社を辞めるなら辞める、その日に備えて準備をしておきましょう。

パワハラ、本当に嫌なものですね。
人にやられて嫌な事はしない、そんなことをたくさん学べる良い機会と捉えて、あなたの人生を無駄にしないようにしていきましょう。
いつか会社を辞める時のために、しっかりと準備を進めておくことが今できる最善のことだと思います。

今日もあなたらしく、笑顔で。

The following two tabs change content below.
新井ー
「会社で働きながら6ヵ月で起業する」一緒に考える起業支援キャリアカウンセラー。サラリーマン時代、23歳で会社員のまま起業。2007年、起業支援をスタート。全国で1000回を超えるセミナー・講演、10000件以上の起業相談に応じてきた実績がある。
好きな仕事で輝こう! あなたの「わくわくプチ起業」の始め方【セミナー@東京】