女性が起業のときに使える補助金、助成金の種類について

一般女子

女性が起業のときに使える補助金、助成金には、多くの種類があります。
なんと、補助金、助成金は、全体では3000種類もあるんです!

このお金は、融資とは違います。

融資は返済の必要がありますが、補助金、助成金については返済の義務はありません。
ですが、そのお金は誰でももらえるわけではなく、もちろん審査があり、事業計画書を提出する必要があります。

そして審査に通ったら、計画書に沿って事業を運営し、支出をしていきます。
それらが実行されたことが確認されてから、ようやくお金を受け取ることができるのです。
つまり、「後払い」です。

お金を実際に受け取るのには、開業してから1年~1年半程度の時間がかかります。
まずは融資を受けたり、自己資金で事業をし、その後に再審査があって、最後にお金が戻ってくるのです。

最初にもらえるわけではないので、そこは知っておいてくださいね。

また、複数の補助金、助成金を同時に貰える可能性もありますので、そのような複雑な話は専門家に相談しましょう。
このような公金専門のコンサルタントはたくさんいます。

自分で調べる場合には、ミラサポを使いましょう。

女性が起業するときにもらえるお金にはどんなものがある?

女性が起業するときに受け取ることができるお金は、ざっと4種類ほどあります。
受給資格者創業支援、自立就業支援、地域創業、地方再生中小企業創業などです。

それ以外にも、受け取れるお金はたくさんありますので、ミラサポをチェックしましょう!
また、どんどん市役所に問い合わせをしてみましょう!

制度の改正により変化がありますので、起業を考えた時点でどのようなものがあるのかを調べることが必要になります。
この情報はすぐに古くなるはずです。

市役所、区役所に行けばわかることはたくさんあります。
積極的に行ってみましょう。

経産省系、厚労省系、それぞれ適用には条件がありますから、説明を受けてみましょう。

たとえば、自立就業支援助成金の適用を受けるためには、45歳以上の年齢の人が3人以上で共同で事業を創業し、高年齢者などを雇用保険被保険者として雇い入れて継続的な雇用・就業の機会の場を創設・運営する場合、などと決められています(※高年齢者の対象は45歳以上、65歳未満)。

どのような公金を獲得するかにより展開が変わる!

独立行政法人中小企業基盤整備機構の助成金「地域中小企業応援ファンド【スタート・アップ応援型】」や、厚生労働省の「雇用関係助成金」など様々な助成制度があり、また、日本政策投資銀行の「女性新ビジネスプランコンペティション」、日本政策金融公庫の「女性、若者/シニア起業家支援資金」、一般社団法人「日本起業アイディア実現プロジェクト」の資金支援策などの資金面での各種支援制度もたくさんあります。

応募書類や報告書類の内容を充実させることは大変ですが、資格を得られれば、先の展開は大きく変わってきます。

補助金、助成金の制度は常に変化していますので、最新の情報を得て、可能性があればチャレンジしてみましょう。
事業を軌道に乗せるスピードを、一気に加速できますよ!

The following two tabs change content below.
女性自立支援コーチング協会事務局

女性自立支援コーチング協会事務局

2019年7月より、従来の「自立18」は、新たに「女性自立支援コーチング協会」としてスタートすることになりました。女性の自立支援の幅をさらに広げ、コーチ、サポーターと共に、社会に貢献して参ります。
好きな仕事で輝こう! あなたの「わくわくプチ起業」の始め方【セミナー@東京】