女性の社会進出の現状はこれ?「夫14分妻180分”共働き家事格差”」 起業しちゃった方がいい!

一般女子

今日、こんな記事を見かけたんです。

共働き夫婦の場合、夫と妻の家事時間には13倍の差がある。
1日平均で夫14分、妻180分。同じように外で働いているのになぜこの大差がつくのか。

夫14分妻180分”共働き家事格差”の正体
https://gunosy.com/articles/RVYeM?s=s

女性の社会進出とは言え、これが現状ですよね。
わかってはいましたが、こんなにも差があるとは・・・。女性は家庭を守り、男性は仕事でお金を稼ぐ。
この文化は、まだまだ残っているんですね。

起業どころかパートさえもできない女性もいる!

起業どころか、パートさえもできない環境の女性も多いと聞きます。
子どもが小さく、祖父母もいなく、保育園も見つからない場合には、そうなってしまいますね。

「子供が大きくなるまでは一緒にいたい」という考え方の方も多いですから、それはそれで問題ありません。
ですが、働きたいのに働けないのは、残念なことですね。

女性が働きやすい社会環境、保育所のさらなる充実は、国や地方公共団体に期待するしかないのでしょうか?

私たちも何かしたいのですが、行政が後から出てきたら商売になりませんから、怖くて手が出せないんですよね。
バラマキと民業圧迫がいつものパターンですからね。

パートより働きやすいのが実は「プチ起業」

一般的に、女性には大きな成功を目指している人は少なく、自分の好きなことで、家族が食べていけるくらいのお金が稼げればよいと考えている人が大半です。
その程度でよいのなら、時間の拘束が長く時給の安いパートなんかよりも、起業してしまった方が楽なんですよ!

自立18も、女性起業をそんなに大げさに考えずに、小さなビジネスを支援しています。

今は自宅に居ながらでもプチ起業ができる環境が整っています。
そのことを知らない女性はまだまだ多くいらっしゃいます。
そのことを知ってもらうだけで、現状の強力な打破につながると感じます。

[blogcard url=”https://amzn.to/2IgkxLX”]

上でご紹介した新井さんの本にも書いてありますが、日頃やっていることをちょっと見直してみるだけで、小さな起業はすぐに始められます。
下請け仕事もでてくるでしょうが、在宅で時間の自由がきくものであれば、最初は悪くありません。

お子さんが小さい方は、在宅は重要な条件ですね。
プチ起業なら、自分で決めればいいのですから、可能ですよね^^

The following two tabs change content below.
一般参加者

一般参加者

過去の講座参加者の方を中心に、一般の方からいただいた寄稿を掲載していきます。それぞれの人の人生観、考え方など、いろいろあって、面白いでしょう? あなたはどう思いますか?
好きな仕事で輝こう! あなたの「わくわくプチ起業」の始め方【セミナー@東京】