主婦のプチ起業が急増! プチ起業を楽しく成功させるコツ 

木下琴美@自立18公式ライターです。
 

和服の女の子
 

最近、「女性起業家」「若手女社長」など、女性が活躍する声が多く聞こえてきます。

昔はそんな声を聞くたびに
「起業ってかっこいい」
「でも主婦の私にできる?」
「成功する人はきっとスキルがあるんだろうけど」

そんな気持ちを抱いていました。

しかし、自分がプチ起業してみて思うことは「本当に、自分でも出来る!」ということ。
私自身、社会経験は事務職を中心に約5年ほど。
今は経験を活かして働いてもいますが、全く違う分野への挑戦もしています。

誰もが事前準備を徹底し、応援されながら楽しくプチ起業する!

そんなあなたの未来につながる記事になれば幸いです。
 

事前準備はしっかりと! プチ起業前の準備が成功を決める

パソコンと女の子
 

今でこそ楽しく仕事が出来るようになってきましたが、始めのころは「よし、起業!」と意気込みすぎて、プチ起業以外の部分がおろそかになってしまいました。

主婦の皆さんならご存知かと思いますが、何かと生活でのトラブルも多いんですよね。
子どもの進路を考える時期になったり、急な夫の転勤や両親の病気など。

また、自分自身の迷いもあります。
いざはじめてみたけど何のためにプチ起業したんだっけ?
目標を見失ったり、これで正解なのかな?
と初めてのことだらけで不安もいっぱい。
そんな不安は少しでもプチ起業前に解消しておくことが可能です。

以下の3つをチェックしてみてくださいね。
 

あなたの具体的な目標設定は?

「自分がどこに向かっているかわからない」という起業迷子に多いのがコレ。
自分でプチ起業したなら、会社のノルマがあった頃とはもう違います。
プチ起業の目的も、目標も人それぞれ。
しっかりと自分の基準を決めておきましょう。

【目標を数値化する】
例)20☓☓年○月までに、毎月○万円の定期収入を得る。
例)1日の作業時間/労働時間は○時間。週休2日

数字を入れることで、目標の達成度が明確になります。

【モチベーションの維持】
起業を通して、どんな気持ちになれたら「成功」と言えるか。
これは先程の数値目標とは違って、気持ちにフォーカスします。

ある起業女性は、「自分に自信をつけたいから」とおっしゃっていました。
「会社ではなく、自分自身の力で誰かのために働きたい」という方も。

もちろん収入のためにという方も多いですし、その目標も良いと思います。
しかし、数値目標と合わせて「自分がどうありたいか」という心の面でも目標を持っているとベターです。
何か失敗してしまったときや、なかなか思うようにいかないときも「自分の初心」があなたのプチ起業を支えてくれるかもしれませんよ。
 

周囲の理解は得られていますか?

「自分自身」の目的や目標を考えることも大切ですが、やはり主婦は家族があるもの。

毎日全てが自分の思い通りに行動できるわけではありませんよね。
ただ、これは「自分のことは少し我慢して、みんなに合わせてプチ起業も行うべき」ということではありません。
夫も子ども、自分の親だって「自分の人生」を日々生きています。

大切な人と協力し、できることなら応援してもらいプチ起業することが、成功の秘訣です。
ここでは家族とのコミュニケーション状態を質問でチェックしていきます。

是非ゆっくりと自分に問いかけてみてくださいね。

・夫
旦那さんと日々会話ができていますか?
相手の仕事のこと・自分の話をどのくらい時間をかけて話していますか?
お互いの目標・今の悩みを知っていますか?

・子ども
子どもの将来の夢を知っていますか?
学校での様子や友達との関係を話してくれますか?
子どもの「家で過ごす時間の満足度」はどれくらいでしょうか?

・両親
最近、自分の両親と顔を合わせていますか?
遠方の場合は、手紙やメールだけでなく電話などで声を聞きましたか?

「家族なら言わなくてもわかってくれるはず」
「自分が何をしていてもきっと応援してくれる」

もちろんそうなれば嬉しいですが、近くにいるから気づけないことも意外に多いもの。
これを機に、自分のプチ起業についても家族と話してみるのはどうでしょうか。

家族の今後を把握していますか?

もし、たっぷりと時間があるなら「お金」「健康」「環境」「人間関係」などカテゴリ分けをして細かくみていきたいのですが、そんな時間もなかなかありません。

そして、いくら考えても将来が全てわかるわけではないですよね。
また考えただけで「肩の荷が重くなりそう・・・」という方もいるはず。

そこで今回は
「今後5年以内に想定される大イベントの予想」だけしておきましょう。

しかも、このテーマだと何だかワクワクしませんか?

特にプチ起業スケジュールに影響を及ぼしそうな予定や、出費が大きいものを確認。
「近々こんなことがあるかもしれない」と意識しておくだけでも気持ちが違いますよ。

例)妊娠・出産・病気/家の購入・夫の転勤 など・・・
 

準備が出来たら起業! あなたは一体、何をする?

ノートパソコンを使う女性
 

身の回りの整理が済んだら、いよいよプチ起業です。

一体、主婦が出来るプチ起業ってどんなものだろう?

と働き方を考えている方は、こちらを参考にしてみてください。
主婦のプチ起業って実は、とてもメリットが多いんです。
 

過去の経験を活かしたい!

プチ起業を検討されている主婦の方は20~50代など、年齢層も幅広いです。
中でも一度は社会人経験や学生時代にアルバイトをしていた方がほとんど。
また、一度も働いた経験がないという方も、これまで続けて来た趣味などはありませんか?

そういった「これまでの経験」を活かせるのも主婦起業のメリットのひとつです。

【参考にしたいプチ起業プラン】
事務職:資料作成・オンライン秘書
教育職:学習塾・幼児教室
語学系:英会話教室・オンライン講師 など
 

主婦だからこそ!「これからの経験」

「まだ経験してないことを活かす」ってどういうこと?
と思う方もいるかもしれません。
しかし、最近ではこれが特に成功を収めているんです。

「ママタレント」「主婦ブロガー」などの言葉を聞いたことはありませんか?

実際に自分が今、主婦として生活し、これからも家事や子育てが続いていく。
そんな未来を持つ方のリアルな思いや体験談を聞きたい女性が多いんです。

少し前までは、家事や育児は人それぞれ自宅で行っていました。
他の人があなたのやり方を見たり参考したりすることなんてなかったですよね?
それができ収入にもなり得るのが、今の時代です。

【参考にしたいプチ起業プラン】
・主婦ならではの知識を活かしたアドバイザー
(育児/家事/収納/夫婦間コミュニケーション)
・ブログ記事執筆
 

お金だけじゃない! 新しいチャレンジ!

経験を活かせる2つの仕事をご紹介しましたが、最後は全く未知の世界。
これまでの経験でもなく、今の自分の状況から予想できるお仕事でもない。
新しい世界に挑戦する、という選択肢です。

こちらはすぐに収入を得たい、という方よりはライフワークとして小さくプチ起業したいという方にオススメの分野かもしれません。しかし、楽しく自分が挑戦することが後々大きく成長するかも・・・!そんな期待を持って取り組んでみるのも良いですね。

例として全く英語初心者の方が英語を習う姿を投稿し、同じ境遇の人に応援されながら収入を得ているケースがありました。元々少し英語が話せる方の投稿より、この方の投稿に人気が出た理由はおそらく「応援したい」という人の心に響いたからでしょう。

「完璧じゃないことが反対に、人の応援や価値を生み出す」
そんなこともあるのかもしれませんね。

【参考にしたいプチ起業プラン】
これまで経験したことがないことなら何でもOK!
 

まとめ

キャリア女性
 

いかがでしたか?
この記事を読む前に抱いていた悩みや不安が少し解消されたでしょうか。

あなたの新しい挑戦を前に、家族や友人が反対することもあるかもしれません。
そして、それはあなたを考えるからこそ厳しい現実を見なよ!
という意見でしょう。

それを聞いたあなたはどんな気持ちになりますか?

やっぱり自分には無理かも。
そう思った方は無理せず、プチ起業しない方がいいでしょう。

「みんなはそう言うけど、やっぱり自分はやってみたい」
そう思った方には、いつかきっと応援してくれる方が現れるはずです。

せっかくプチ起業するなら、周りに応援されながら自分の挑戦を自分が一番ワクワク楽しみたいものですよね。

そして思いっきり楽しむためには、事前準備と周りの理解が必要。

是非、参考にしてみてくださいね。
 

The following two tabs change content below.
木下 琴美

木下 琴美

事務職5年、海外暮らしも経験し、現在はフリーランスとしてさまざまな教育現場で活動している。趣味は、旅行、グルメ。